2013/07/21 (Sun)

TEAC A-H01+ DALI ZENSOR 1でPCオーディオ始めました

PCオーディオ始めました

20130719 222222


オーディオなんて高校生くらいのときにステレオシステムを揃えて以来です。
昔のステレオって、プリメインアンプ(サンスイとかw)、レコードプレイヤ(今じゃDJでもIHコンロみたいなやつで生レコード使わないって)、FM/AMチューナー、カセットデッキ(ナカミチとかw)、スピーカーあたりを組み合わせて、結構部屋の中でどーんと存在感あるものでした。
あの頃のオーディオはアナログ回路万歳でデジタル音源はなかった。
テレビの音声をマイクで拾ったり、カセットテープをダビングしたりして、今思えば音質的にマジか!?ってくらい酷い音でもさほど気にしなかった。

音源がCDやMDになったあたりから部屋のオーディオがMDラジカセに替わり、一人一台テレビになりプレステが来てパソコンが来た。

パソコンで音楽やブルーレイ、nasne経由でテレビとかいわゆるオーディオビジュアル楽しむときもロジクールPCスピーカー Z120BWを使っていたんですね。

ロジクールスピーカー Z120BW買ってみた
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-221.html

(自分が買ったときは千円以下だったけど今見たらちょっと高いですねえ、手軽で良いんですけど千円以上ならオススメしません。)


その前はSonyウォークマンのクレードルスピーカー
SONY ドッキングスピーカー SRS-NWGM30
by カエレバ


5年前に8千円くらいで買いましたけどスピーカーの音としてはZ120BWのほうが上です。ウォークマンと組み合わせて使えるところに価値があるんですが、PCスピーカとしても使えるので便利でした。

その前はなにでPCの音を鳴らしていたのか記憶にないですが、オモチャのようなスピーカーを使っていたんでしょう。



もうちょっといい音でパソコンを楽しみたいと思うようになりまして、ムック本を買いました。


これ1冊で完全理解 PCオーディオ (日経BPパソコンベストムック)
by カエレバ



これ読んで勉強したんですが、一応初級コースから上級コースまであり様々なバリエーションが紹介されていて結構参考になると思います。


とりあえずパソコン音源をスピーカーで鳴らすには、大きく分けてアクティブスピーカーとパッシブスピーカーの二種類があるんです。

アクティブスピーカーはアンプが内蔵されてるので、スピーカーに電源が必要なタイプです。いわゆるPCスピーカーといえばコレです。比較的安価の上、パソコンとコレがあれば音が出ます。
これまで使っていたZ120BWなどはアクティブスピーカーです。

FOSTEX アクティブスピーカー PM0.3
FOSTEX パーソナル・アクティブスピーカー・システム PM0.3(B)
by カエレバ


アクティブスピーカーならこれにしようと思いました。
ただパソコンのステレオミニジャックの音声出力端子ではノイズだらけのPCの中でアナログ音声信号を生成するため音質が期待できないそうなので、USB DACを追加するとまともな音が楽しめるとのこと。

FOSTEX 32bitDAC ヘッドホンアンプ HP-A3
FOSTEX 32bitDAC ヘッドホンアンプ HP-A3
by カエレバ


PCの中はノイズが多いのでデジタル信号のままPCの外に出して、その先でアナログ信号にすることがキモなのだそうだ。

これだとスピーカーが8000円弱、DACが25000円で、どうにもバランスが悪い。



一方のパッシブスピーカーはアンプに繋げるのでスピーカーには電源が必要ありません。いわゆる従来のオーディオ機器のスピーカーです。価格はピンキリ、パソコンとコレの間に最低限アンプが必要です。


最近のアンプではUSB DACが内蔵されているモデルも少なくないです。
そんな中でこれが良さそうだなと。

TEAC USB DAC/ステレオプリメインアンプ シルバー A-H01
TEAC USB DAC/ステレオプリメインアンプ シルバー A-H01-S
by カエレバ



スピーカーもTEAC繋がりでこれにしようかと。

TEAC コアキシャル2ウェイスピーカーシステム S-300NEO
TEAC コアキシャル2ウェイスピーカーシステム チェリー S-300NEO-CH
by カエレバ



口コミでも悪い話はなく良さそうなんですけど、カッチリした感じで聴き疲れるかもしれないというところが気になり、同クラスで一番の定番商品といわれてるこっちを選びました。

DALI スピーカーシステム ZENSOR 1
DALI スピーカーシステム ZENSOR 1 ライトウォールナット ZENSOR1
by カエレバ




実は半月前くらいには、TEAC USB DAC/プリメインアンプ A-H01+ DALI スピーカー ZENSOR 1の組み合わせで心に決めたのですが、ボーナス時期で買い物する人が多いみたいで値上がりしてたので、ほしい物リストに入れてじっと値下がりを待っていてようやく届いたというわけです。



合わせて購入したものは、スピーカーケーブルとUSBケーブル。

BELDEN スピーカーケーブル 8460-5m
BELDEN スピーカーケーブル 8460-5m
by カエレバ



ONKYO MONSTER CABLE USBケーブル (0.9m) DLUSBAS-3F
ONKYO MONSTER CABLE USBケーブル (0.9m) DLUSBAS-3F
by カエレバ




後ほど出てきますが、USB代わりに光ケーブルのほうが使い勝手が良かった。




余談ですが、自分のPCはデスクトップタイプ(いわゆる自作PC)で、PCデスクに24インチの液晶ディスプレイと20インチテレビを無理矢理置いてるんですが、そのPCデスクが75cm幅だったんですね。

IMG_0582.jpg


我ながら汚すぎる。。。
それはおいといて、最近ほぼ使わなくなった液晶テレビに退役頂けば、スピーカー余裕で置けるだろと思ってたですよ。


ふと気になって測ってみた。
24インチ液晶55cm+スピーカー16cm×2=PCデスク75cm?

うん。計算合わないねwww
てか全く足りなかった。もともと写真の通り机が手狭だったので思い切って同じメーカーで100cmタイプを慌てて注文。

サンワサプライ PCデスク ハイタイプ 100-DESK088
サンワダイレクト パソコンデスク 幅100㎝ 収納棚つき キャスター付 PCラック 木製天板 PCデスク ハイタイプ 100-DESK088
by カエレバ


この予期せぬ出費は痛い。

昨日朝から今あるPCデスクデスクを撤去して、部屋の大掃除して、新しいデスクを組み立てて、古いデスクを分解して、液晶テレビ・HDDレコーダも撤去して、比較的涼しかったんですが汗だくになりました。こういうことは冬場にやるものですね。

ちなみに幅が25cm広がった以外、形状的にはほぼ同じなのですが、キーボード置く引き出し部分が前より15cm位引き出し量が増えて使いやすくなりました。色合いもシックになり落ち着いた感じです。

IMG_0585.jpg



ちなみに椅子はオカムラ バロンのメッシュです。
バロン (Baron) チェア 【エクストラハイバック】 可動ヘッドレスト シルバ-フレーム 可動肘 座メッシュ ダークブル- CP81CR FDH4
by カエレバ



引きこもり気味なので椅子くらいは贅沢しようと思いまして。メッシュは夏でも蒸れにくく良いですよ。座面・背面の裏側に埃が溜まりやすいのが欠点。




そんなわけで(時間軸をちょっと戻して)、頼んでた物が続々入荷。

BELDEN スピーカーケーブル 8460-5m
20130719 201918

ONKYO MONSTER CABLE USBケーブル (0.9m) DLUSBAS-3F
20130719 211414


PCデスクを組み立てる前に、オーディオの方だけ仮組みして音を鳴らしてみた。

20130719 222222


PCとUSBケーブルでTEAC USB DAC/アンプ A-H01を接続する前に、TEACのサイトからUSBドライバーをダウンロードしてインストールしておきます。
http://teac.jp/product/a-h01/downloads/

ドライバーインストール後に、PCとアンプをUSBケーブルで繋ぎ、アンプの電源を入れアンプのソースをUSBにしてから、PCのコントロールパネル>サウンドの画面で再生デバイスSPDIF OUT:TEAC USB HS ASYNC AUDIO DEVICEってのを規定のデバイスにするとPCの音がアンプに繋がります。

このTEACのアンプA-H01の操作が驚くほどシンプルです。いじるところは、電源、ソース選択(USB/同軸/光/LINE1/2)、ボリュームの3つしかありません。トーンコントロールも左右のバランスもありません。PCオーディオアンプとしてはPC側で設定できるので必要ないわけですがかなり思い切ったアンプですね。



そのSPDIF OUTのプロパティを表示させるとこういう画面です。
20130720 151701


サポートされている形式:マニュアルにも書いてありますがエンコード形式はすべてチェックを外します。サンプルレートは192kHzまでOKです。
20130720 151702


詳細タブ。
20130720 151703


2チャンネル、24ビット、48000Hzにしてみたけど、あまり違いがわからない。あとで書いてるけどハイレゾ音源でないと違いは出ません。
20130720 151704




JAZZを鳴らしてみましたが、第一印象は期待通りのサウンドで「おお!いい音。エロ過ぎるぜ」って感じでした。

千円足らずのZ120BWと比べてもしょうが無いけど、やっぱ全然違うね。
翌朝PCデスクを組み立ててから、オーディオのセットアップ。

20130720 115355


RとLがあるんですね。シリアルNoの脇に書いてあるので一応その通りに配置しました。

IMG_0595.jpg

とりあえずPCオーディオデスク周りだけは格好が付きました。
脇には液晶テレビとかHDDレコーダとかその他もろもろ使わなくなった機材が山盛りで整理に半日かかった。


アンプはPCデスクの下の棚に。
IMG_0618.jpg



で、こんなのを見たりして。
IMG_0598.jpg


アニメの音声聞くにはちょっともったいない。というかスピーカーの特性と合わない感じがします。
ただ、CM(サントリー角ハイボールだったか?)の音質の良さには驚いた。



音楽聴くにはFoobar2000というフリーソフトが良いと本に書いてあったので入れてみた。
20130720 151801


いま楽曲管理にはMedia GoというSONYのソフト使ってんだけど、MP3の音源ファイル再生する分には違いはわからない。
ただFLACとかハイレゾ音源の再生ではこれが良いのだそうだ。
ただポータブルオーディオデバイスではMP3使ってるのでそれと別に音源を管理するのは面倒そうだからどうするか考え中です。


それはそうと、このUSBドライバー経由で音を鳴らすと音声処理ごときにPCのCPU負荷が微妙に上がるんですよ。
20130720 151705


ほかにもPCスリープからの復帰時の動作も音が出ないなど不安定ということもあり、たまたま自分の自作デスクトップPCにはマザーボードに光出力があり光ケーブルもあるので、試しに光ケーブルで接続してみて、鳴らしてみた時にCPU負荷はこちら。CPUクロックが変わっているところに注目。
20130720 151605


光だと問題無いのでどうやらTEACのUSBドライバーが悪さしてるらしい。
USBケーブルの方が微妙に音の深みがあるような気もするけどほんとに微妙な違いなので使い勝手を優先して光で接続することにしました。


audio-technica GOLDLINK Fine 光デジタルケーブル1.0m AT591D/1.0
by カエレバ




サウンドの光出力のプロパティ。
20130720 151601


USBと同様にサポートされている形式のエンコード形式はすべてチェックを外します。サンプルレートは192kHzまでOKです。
20130720 151602


詳細タブ。
20130720 151603


2チャンネル、24ビット、192000Hzにしてみたけど、あまり違いがわからない。
20130720 151604


多分、音源のほうが追いついてない。

予習に買っておいたムック本にはハイレゾ音源の無料サンプルの入手方法が書かれていて、24bit/192kHz、24bit/96kHzのWAVファイルがWebからダウンロード出来る。
24bit/192kHzのWAVファイルを再生して、24ビット、192000Hzと16ビット、44100Hzを聴き比べてみると音の粒とか深みの違いが何となくわかる。その違いは自分の耳ではなんとなくだ。スピーカーを変えたような劇的な違いではない。

無料サンプル「チャイコフスキー:フィレンツェの思い出」11分、24bit/192kHzのWAVファイルサイズは740MB!これ一曲でCD一枚分だ。このファイルを自宅ネットワークのNASにおいて再生すると、NASかネットワークかわからないけどどこか処理が遅いらしく時々音がふん詰まり状態になった。多分無線LAN経由だとさらに酷い状況に陥るかと。
ハイレゾ音源の処理にはそれなりの環境が必要なようです。
ちなみにCDからFLAC形式で取り込んでNASに置いた場合はスムーズに再生できるので、うちの環境ではファイルサイズがネックになるようです。

ここらへんの微妙な違いを追い求めていくのが正しいマニアの姿なのでしょう。



そんなマニアックに走らなくてもポータブルオーディオデバイス用にこれまでPCに貯め込んだMP3音源でもスピーカーを変えるとかなり劇的にいい音が楽しめます。
前述のムック本ではFLAC形式推しです。FLAC形式はポータブルオーディオではほとんどサポートしていないしファイルサイズも大きくなるので、外で聴く用には従来通りMP3として家で聴くのをFLAC形式とすると、PCの中ではMP3とFLACの2種類音源ファイルを抱えることになります。
もちろんFLACのほうが音が良いのですが、CDからの取り込みを2回やるのかというと微妙です。
とりあえずいい音で聴きたいCDだけFLAC形式でリッピングしてNASに保存するようにしてみます。

CDからFLAC形式でPCに取り込むのはFoobar2000というフリーソフトで可能です。例のムック本にやり方が書かれているので基本的にそれに従ってリッピングすれば良いです。

ただ、そのままだとドライブの最高速度でリッピングするのでちょっと設定をいじったほうが良さそうです。
CDドライブにリッピングしたいCDを入れてFoobar2000のメニューFile>Open audio CD...
20130721 145101


ここでRipボタンを押す前に、Drive Settingボタンを押す
20130721 145102


Read offset correction脇のautoボタンを押す。すると自動的にオフセット値が入ります。
それから、Limit drive speed while readingにチェックを入れる。
これでOKです。





DALI ZENSOR 1スピーカーにはインシュレータというかゴム足が付属してきます。
IMG_0596.jpg


取説に付けろと書いてあったから付けてみた。音の違いがわかりませんでした。まあそんなもんでしょう。


ちなみにネットを外すとウーハーの色がWebなどの写真で見るより赤黒い感じです。
怖いのでネットは付けておきます。
IMG_0589.jpg


アンプとスピーカーで6万円ほど出費しましたが、自分にはお値段なりの価値がありましたよ。
関連記事

ブログ内検索


テーマ : PC周辺機器
ジャンル : コンピュータ

tag : amazon A-H01 ZENSOR1 PCオーディオ

コメント

非公開コメント

プロフィール

skierbasser

Author:skierbasser
神奈川県横浜市
FITに乗ってます。
最近は近所でメバリングばかりです
AQUOS PhoneSH-02Eユーザーになりました

メバリング行ってみる?は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

最新記事
全記事
最新コメント
counter
Calender
カテゴリ
tag cloud
Pictlayer
Google+
つぶやいてみる?
amazonレビュー
ブログでレビューしたアマゾン商品 マウスを合わせるとその商品を紹介してるブログのURLが表示されますよ。