2013/06/23 (Sun)

世界初の深海生放送

20130623-00.jpg

しんかい6500 ケイマン諸島沖5000mの熱水チムニーに迫る

いやあ、今日未明の世界初の深海生放送は胸熱でした。
光ケーブルが切れてしまう3時頃まで見てました。

科学モノの好きな人には必見ですが、事前情報としてここらへんを抑えておくと良いかと思います。

しんかい6500は、しんかい2000(現在、新江ノ島水族館で展示)の後継で、6500mの深さまで潜ることができる有人潜水調査船。1989年MHI製造。

しんかい6500と母艦よこすかを光ケーブルで接続、母艦よこすかから衛星回線でインターネットに接続。
衛星回線のために途中結構途切れますが、むしろ実況感覚。

細い光ケーブルは着水・潮流・熱水等で切断されるリスクがあるが、頑丈な光ケーブルではしんかいの機構部への接触リスクがあるため、あえて細い光ケーブルを使っている。

水深5000mの水温は2℃程度。
一方、深海では水圧で水の沸点が400℃を超える。富士山では気圧が低いため90℃くらいで水が沸騰する。深海では圧力が高いため逆に沸点が上がる。

超臨界:高圧高温下で水が固体、液体、気体でもない超臨界状態となる。
ブラックスモーカー:熱水に鉛・亜鉛・銅・鉄などの硫化物が多く含まれ、海水と反応して黒色を呈するものをいう
チムニー:高温の水に金属成分が融解・含有され、深海で噴出することで析出沈殿し煙突状の構造になる。

ここらへんはウィキペディアで調べるとおもしろい。


今回調査するケイマン諸島沖の熱水噴出口は2010年イギリス調査チームが発見した世界で最も深い場所に位置する熱水噴出孔。すでに各国調査チームの残したタグなどの痕跡があります。


ちゃちゃっと見るなら7分のダイジェストが良いです。
9:36 ダイジェスト(7分間)


約12時間の生放送なので見所をショートカットで。
以下の時間のところをクリックするとそのシーンに飛びます。

1:55搭乗
20130623-01.jpg

2:15着水作業
20130623-02.jpg
20130623-03.jpg

2:40潜行開始
20130623-04.jpg

1:55水深5000m到達
20130623-05.jpg

4:50熱水噴出口到着
20130623-06.jpg

4:57サンプル採取
20130623-07.jpg

5:225:22イギリス様のISCS(現場培養器)回収
20130623-08.jpg

5:35回収したISCSから謎のキラキラ発光
20130623-09.jpg

5:41お弁当タイムw
20130623-10.jpg

5:56超臨界調査、チムニー破壊(というかラリアットw)
20130623-11.jpg

20130623-12.jpg

5:58エビの逆襲でケーブル切断(多分、熱水で溶解)
20130623-13.jpg



7:16しんかいの窓(40000mの水圧で圧壊)
20130623-14.jpg

7:30母艦よこすか司令室
20130623-16.jpg

9:15水圧の解説
20130623-17.jpg


9:36ダイジェスト(7分)
20130623-18.jpg


10:48しんかい回収
20130623-19.jpg

11:13回収完了
20130623-20.jpg


ちょっと最近ブログネタが無いのでニコニコでお茶を濁しときました。
関連記事

ブログ内検索


テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

プロフィール

skierbasser

Author:skierbasser
神奈川県横浜市
FITに乗ってます。
最近は近所でメバリングばかりです
AQUOS PhoneSH-02Eユーザーになりました

メバリング行ってみる?は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

最新記事
全記事
最新コメント
counter
Calender
カテゴリ
tag cloud
Pictlayer
Google+
つぶやいてみる?
amazonレビュー
ブログでレビューしたアマゾン商品 マウスを合わせるとその商品を紹介してるブログのURLが表示されますよ。