2012/03/28 (Wed)

Goodreaderの同期機能-iPad

さてさてiPadの業務利用についてのネタ整理です。

iPadがクラウドデバイスとはいえ、必要なときにいちいちサーバーからファイルを開いてたら遅いし電波がないときに困ってしまう。
だから必要なファイルはiPadに保存しておきたいわけです。
iPodに音楽ファイルを置くように。

iTunesを使って、パソコンとのファイル同期は出来ますが、そういう個人的な使い方ではなく業務用に組織共有のファイルサーバーとファイルの同期をしたい。

プレゼンテーション資料とかマニュアルとかをiPadに入れて持ち歩くと仕事に使えそうじゃないですか。
ちょっと脱線しますけど、iPadでどんな活用が出来るか、いまいろいろ考えているんですが、資料をみたり、画面を人に見せてプレゼンテーションするのは画面も大きいし直感的に操作できるのでぴったりなんですが、キー入力で作業記録を残すようなことを考えるとスマホよりは入力しやすいですがキーボードを表示させただけで画面の半分くらい隠れてしまうのであまりよろしくないと感じます。
外付けでBluetoothキーボードまで持ち歩くならモバイルPCのほうがマシな感じだし、結局、膨大な資料が持ち歩けるくらいしか思いつきません。
iPad紛失を考えると膨大な資料流出に繋がるんですけどね。カタログなど公開されている資料なら問題にはならないかな。


話を戻すと、これらの資料は追加・改訂・削除されていくので、常にサーバーと同じ状態を保ちたい。

そこで世間で神アプリと言われているGoodreaderですよ。



以下、イントラネットにiPadが接続出来る前提で書いてます。
Goodreaderは閲覧できるファイルをローカルに保存する機能がありますが、ほかにサーバーとの同期機能があります。
接続先サーバーとしてGoogle Docs,Dropbox,SugerSync,WebDAV Server,FTP Server,SFTP,AFPなどがありますが、外部インターネットサーバーに社外秘情報を置くわけにもいかないので除外するとWebDAVとFTPが残る。

わざわざ遅いhttpプロトコルで繋ぐ必要性もないので、より早くファイル交換できるFTPを使います。


GoodreaderでiPadとFTPサーバーでファイル交換すると、単なるコピーでは無く、同期設定が可能です。
さらに、ファイルのほかにフォルダーを同期指定できる。
つまりFTPサーバーのフォルダで、ファイルを追加したり更新するとその差分のみiPadで取り込み出来るのです。


では、実際の使い方

その前に、iPadから接続出来るネットワーク上にFTPサーバーが必要です。

うちではイントラネット上でWindowsServerをファイルサーバーにしていますので、中に入ってるIISというWebサービスのオプションのFTPサーバーを有効にしてあげてると使えるようになります。UNIX系サーバーではFTPは標準でサポートしているんじゃないでしょうか?
ここらへんはサーバー管理者なら設定できると思います。
指定することはFTPのホームディレクトリ(FTP公開する場所。ファイルサーバーの一部を指定すると良いと思います。そうするとパソコンからはファイルサーバーとして読み書きできるので。)
FTPアクセスで匿名認証にするか認証付きにするか
FTPアクセスで書き込み権限を与えるか(iPad側のファイルをFTPサーバーにアップできるようにするか)



FTPサーバーの接続
FTPサーバーが準備できたら、そのアドレス(および認証付きなら認証情報)を準備しておき、iPadのGoodreaderで接続設定を行います。

※以下、画像をクリックすると拡大表示します。

写真 12-03-26 11 33 07
右のConnect to Serversのaddボタンを押して

写真 12-03-25 15 17 06
サーバーの種類の中からFTP Serverを選び

写真 12-03-25 15 17 16
FTPサーバーの接続情報を入力します。
・Readable Title:iPad表示上のサーバーの名前(好きに書いて良いです)
・URL-address:サーバーのアドレス ftp://(IPアドレスもしくはマシン名)
・User:FTPログインID(匿名認証なら空欄でOK)
・Password:FTPログインパスワード(匿名認証なら空欄でOK)
・Encoding:文字コード

文字コードは正しく指定しないと日本語のファイル名フォルダ名が文字化けして使い物になりません。デフォルトはUTF-8になってると思いますが、繋いで文字化けしてたら設定を変えれば良いです。ShiftJISかEUC_JPあたりで多分正解になると思います。

これらを設定してaddボタンを押すと、設定が正しければサーバー名が下に追加されるはずです。


早速、開いてみましょう。Connect to Serversに追加されたサーバーをタップしてみて下さい。

写真 12-03-26 11 28 54

これは文字コード設定失敗例です。こんな感じで日本語ファイル名が化けていたら先ほどの文字コード設定を変えてみて下さい。


サーバーの設定を変更するにはサーバー名の右端の(>)マークをタップします。

ShiftJISに変えたら、日本語ファイル名も正しく表示されました。

写真 12-03-26 11 29 40

FTPサーバーのホームディレクトリが表示されれば成功です。FTPサーバーに接続出来ました。


単一ファイルの同期
では、まずは単一ファイルを同期設定してみますか。

一覧の中からファイルを選んでsyncボタンを押してください。
写真 12-03-26 11 32 05

選んだファイルは背景色が薄緑になる。この状態で下のsyncボタンを押す。

写真 12-03-26 11 32 13
このようなメッセージが出るのでProceedを押すと

写真 12-03-26 11 32 26
これはiPad側のGoodreaderフォルダ画面です。
保存場所を聞いてくるのでとりあえずGoodreaderトップフォルダのMy Documentsを選び、下のDownload here & Synchronizeボタンを押すと同期設定画面が出てきます。

写真 12-03-26 11 32 33

Syncボタンを押すとFTPサーバーにあったファイルがiPadにコピーされてきます。

写真 12-03-26 11 33 07

テキストファイル同期test.txtというファイル名の左側に緑のくるくるマークが付いていますね。
これは同期設定されていることを示します。


じゃあ、同期とはどういうことなのか、FTPサーバーにある対象のファイルをパソコンで更新し上書き保存してみましょう。

この状態でiPadのファイルを開いてもまだ古いファイルのままです。

その後に、Web Downloadsの脇にあるSyncボタンか、Remote Syncにある対象ファイルの緑の更新ボタンを押してみましょう。
Web Downloadsの脇にあるSyncボタンは同期設定されている全てを同期します。Remote Syncにある対象ファイルもしくはフォルダの緑の更新ボタンを押すとそこの部分のみを同期します。

もう一度iPadのファイルを開いてみると、更新されたファイルになっている事が確認できますね。


Goodreaderで同期設定されているiPad側のファイルを削除してみてください。

写真 12-03-26 11 34 27
怒られてしまい削除できませんね。


まずは同期設定を削除しないとファイルの削除が出来ないようになっています。
同期設定の削除は、Remote Syncにある対象ファイルの場所で指を左右にスライドして下さい。Deleteボタンが出てきます。
写真 12-03-26 11 35 01
これを押すと同期設定が削除出来ます。

写真 12-03-26 11 35 10
確認画面が出るのでDeleteを押して下さい。


写真 12-03-26 11 35 19
テキストファイル同期test.txtというファイル名の左側にあった緑のくるくるマークが消えました。
その後でファイルの削除が出来るようになります。

ちなみにRemote Syncにある対象ファイルの右にある>ボタンで同期設定の変更が出来ますよ。



フォルダ丸ごとの同期

一般にはこっちのほうが使われるんじゃないかと思います。
指定したフォルダ以下のファイルやサブフォルダまとめて同期できます。

これも上記の手順とほぼ同じです。Connect to ServersのFTPサーバーをタップして

写真 12-03-26 11 38 51
表示されるFTPサーバーの中から、今度はファイルでは無くフォルダを選んでSyncボタンを押して、iPad側の保存先を指定しDownload here & Synchronizeボタンを押すと同期設定画面が出てきます。


写真 12-03-26 11 39 54

先ほどのファイルの同期よりちょっと設定項目が増えて、フォルダの同期設定では、同期のポリシーを設定できます。

Type of sync "Download only" syncを有効にするとiPad側のローカルファイルの更新は無視して、FTPサーバーから取り込む方向のみの同期となります。

Policy on file/folder deletion
Delete local files:サーバーでファイルが削除されたら、iPad側もファイル削除する。
Delete remote files:iPad側でファイル削除されたら、サーバー側もファイル削除する。このオプションは上の"Download only" syncを有効にすると指定出来なくなります。

Sync Conflictsでは同期が競合した場合のポリシーが指定出来るようです。


設定を終えると同期が始まります。同期中はこんな画面です。
写真 12-03-26 11 40 21

同期が完了すると
写真 12-03-26 11 40 52
同期マークのついたフォルダ「同期フォルダ」が出来ていますね。
そこをタップし中を見るとFTPサーバーの指定フォルダ以下のファイルやフォルダがiPadにコピーされているのがわかります。
写真 12-03-26 11 40 56

まとめて、フォルダごとごっそりコピーできました。
当然、同期設定したFTPサーバーフォルダの一部のファイルを更新し、iPad側で同期処理を行うと更新されたファイルだけ上書きされ、FTPサーバーと同じ状態が維持できます。


iPad側の同期フォルダ配下のファイルの削除は上記単一同期ファイルの削除と違い、削除出来ます。
削除しても、同期処理させると多分FTPサーバーからコピーされるだけですが
ただ、同期フォルダまるごと削除しようとすると上記単一同期ファイルの削除と同様にまずは同期設定を削除する必要があります。

なかなか魅力的な機能ではないでしょうか。

あ、ちなみにFTPサーバーのフォルダ名を変えてしまうと、同期処理時に変えたフォルダ名以下のファイルすべて取り直しになるので、要注意です。本番運用のフォルダ構造は一度決めたら変えないように慎重に考えてから同期しましょう。



iPad→サーバーへのデータ同期
まだ、iPadローカルでファイルを作成更新するアプリとしてはGoodreaderくらいしかないのですが、テキストファイル更新やPDFへのアノテーション追加をiPadで行い、syncによりサーバーのファイルが更新されることは確認できました。
FTPサーバー側の書き込み権限を適切に設定して下さい。

Goodreader以外のアプリでGoodreaderのデータフォルダのファイルが更新できるのかわからないので、その点は今後の検証課題です。なんか無理っぽい感じがします。



Goodreaderの同期機能でした



iPad (Retinaディスプレイモデル 第3世代) 64GB Wi-Fiモデル ブラック MC707J/A
by カエレバ
スポンサーサイト




ブログ内検索


テーマ : iPhone/iPad
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : iPad

2012/03/24 (Sat)

HSC Slim PU レザーケース for iPad 2

久しぶりにブログエントリーしてみます。
iPadネタです。いま、仕事の関係でiPadを業務に活用できないかトライアルしています。


「新しい」iPadが発売されまして世間的にも耳目を集めていますね。
会社からあてがわれたのは「新しい」が発売される直前の2月末なのでiPad2なんですけどね。

ちょっと使ってみた印象としては、メールやWeb閲覧だけならiPadで十分でパソコンいらねえんじゃね?というものでした。
パソコンと言うよりはアイポンなので、起動とか終了とか面倒ごとがない。
アイポンやスマホのような画面の小ささ、キー入力のチマチマさから解放される。
ポケットには入らないがカバンがあれば気にならない微妙な大きさと重さwww

ちょっと個人的に買ってしまおうかと思うくらいです。

FLASHを使ったWebは標準ブラウザでは閲覧出来ない。技術的な流れとしてはFLASHは無くしてHTML5で行こうとしていたようですが、Androidはいつの間にかFLASHサポートしちゃいましたね。アップルはどうするんでしょうか?
とりあえず、ニコニコ生放送がみれませんです。

素人の推測ですが、AndroidやiOSは過去を引きずっていないのでHTML5とか新しいスタンダードに速やかに乗っかれた(というかそういったデバイスも最初から考慮されたスタンダード)わけですが、パソコンのWebブラウザは過去のしがらみもありなかなか対応出来ないということかと。
デバイス側とコンテンツ側の我慢比べのような???

ソフトウエアキーボードはスマホやアイポンと違ってキーピッチが十分確保されているので打ちやすいですが画面が半分くらい見えなくなるのはちょっと嫌です。ただ推測変換っていうのかな、携帯では当たり前ですけど途中までキーを叩くと入力したいフレーズを推測してくれるのは便利。

パソコンとのデータ交換が基本的にiTunes経由がデフォなのは、iTunes嫌いの私には嫌嫌嫌www

パソコン・スマートフォン・iPadという感じでデバイスが増えてくると、これはもうクラウドですよ。
このデータはスマホの中、あれはPCの中、こっちはiPadなんていうんじゃ使い物にならないので、全てのデバイスからアクセスできる場所にデータを保管しておくことになる。EvernoteとかDropboxとかですね。無料でつかえますけど本格的に使い始めると容量が足りなくなり有料となる。

クラウドと言えば、Googleカレンダーも良いです。いまはスマホ・iPadともにGoogleカレンダーに連動して使ってます。
スマホのGoogleカレンダー連動はバグ?があって、一手間掛ける必要がありますがそのネタは後日気が向いたら書きますね。



という感じでiPadのファーストインプレッションをだらだらと書きましたが、ここからはアフリエイトネタです。iPad関連のお買い物。

やっぱ、まずはケースと保護フィルムかわないかんでしょう?



というわけで、ケースです。

HSC Slim PU レザーケース for iPad 2(2WAY スタンド機能付・オリジナルモデル)



1380円で買いましたが、いまアマゾンで見たら300円上がってますね。

せっかくのiPadを周りに見せつけたいという方は裸のままがいいかもしれません。
逆に言うとさりげなくiPadを持ち歩くには良いと思います。大きめの黒革手帳のような外観になります。
カバンなどに無造作に突っ込み、液晶面を保護したいなら安いし良いと思いますよ


人工皮革で包むような構造なので、あまりカチッとしたケースではありません。
一方で、前面背面カメラや各種スイッチが操作出来るように穴が開いているんですが、カチッと位置決めしているわけではないので、特に前面カメラは微妙に穴がずれた状態が気になる人は気になるかもしれません。

スタンド機能はフォトフレーム的な使い方には良いかもしれないけど、操作するには角度がありすぎて使えないです。

普通に使うには蓋部分を折り返して使うとちょうど良い角度になります。
裸のiPadを机などに置くと完全に水平になり天井の照明の映り込みとキーの打ちづらさが気になりますが、蓋部分を折り返したちょっとの角度で使いやすさが倍増します。

iPadカバーによるロック/ロック解除をこのケースもサポートしています。
蓋の開け閉めで電源スイッチと同じような動きになる。この蓋の開け閉めってどうやって感知しているのかしばらく疑問だったんですが、iPadには縦置き状態で右上角から7cmほど下にマグネットセンサーが内蔵してあり、ここにマグネットが近づくと蓋が閉まったと認識するようです。
このケースにはその位置にマグネットが埋め込まれてます。(ケースにクリップなど鉄を近づけてみるとマグネット位置がわかります。)

ただ個体差なのか、わたしのケースでは蓋を折り返して使っていると、パスワード入力時に多いのですが時折誤動作して蓋を開けているのに画面が真っ暗になることがあります。蓋を折り返すと裏表逆の位置ですがマグネットセンサーに近寄った状態になるのでそのせいかと。





次は、保護フィルムです。

Apple iPad2用反射防止保護フィルム(レイアウト製)




アンチグレアタイプなので、iPadのキラキラ感はなくなります。上の黒革カバーとセットで渋すぎるかも。
指紋は目立ちません。

携帯のフィルムのつもりで貼ると失敗します。なんせ画面がデカイので貼るのが難しいです。
一か所気泡というかホコリが残ってしまいました。
ちょっと高いけど気泡が入らないタイプを買った方が良かったかなと。

保護フィルムははがしてしまうか、現在悩み中。
別にカバーがあるのでなくても良いかなと。

ブログ内検索


テーマ : iPhone/iPad
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : iPad

プロフィール

skierbasser

Author:skierbasser
神奈川県横浜市
FITに乗ってます。
最近は近所でメバリングばかりです
AQUOS PhoneSH-02Eユーザーになりました

メバリング行ってみる?は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

最新記事
全記事
最新コメント
counter
Calender
カテゴリ
tag cloud
Pictlayer
Google+
つぶやいてみる?
amazonレビュー
ブログでレビューしたアマゾン商品 マウスを合わせるとその商品を紹介してるブログのURLが表示されますよ。