2013/05/12 (Sun)

『Llama - Location Profiles』

GPSを使わないスマホWiFi自動切り替えアプリ『Smart WiFi Toggler』をオススメしてきたわけですが、もっと良い物を見つけちゃったので、いまはもうSmart WiFi Togglerは使ってません。
いや最近Smart WiFi Togglerでのアクセスが結構多くて自分が使ってないのに放置じゃ申し訳ないかなと。

参考エントリーGPSを使わないスマホWiFi自動切り替えアプリ
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-227.html


今使っているのは、こちら。
『Llama - Location Profiles』
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kebab.Llama

シンプルにWiFiを使った場所を自動的に記憶してWiFi機能のON-OFFをすべて任せちゃうならSmart WiFi Togglerも悪くないんですが、おなじ動作原理でWiFi機能のON-OFFできるだけでなく、ロジカルな思考が出来る人ならもっといろいろ出来ちゃいます。
逆に言うといろいろできるので設定が複雑で難しいです。単純にWiFi機能のON-OFFを自動化したいだけならSmart WiFi Togglerのほうが簡単で使いやすいと思います。

イベントドリブンなプログラムしたことがある人ならわかると思いますが、トリガーと処理、つまりどういうきっかけ(イベントトリガー)に対して、どういう処理をさせるかがプログラムできるアプリです。

とりあえず、Smart WiFi Togglerと同様の動き「家ではWiFiを有効にし、家を出たらWiFiを無効にする」が出来るように設定しつつ、説明します。


■場所
トリガー条件に場所という概念があり、場所の特定にはSmart WiFi Togglerと同様にGPSは使わずに携帯基地局情報を使います。(設定でGPSなど他の位置情報を使うことも可能)

20130510 215124


デフォルトで家と職場という場所がありますが、これらの場所情報を条件として使うのなら、それぞれの場所で学習させる必要があります。
例えば家に居るときに、家を長押しして「場所の学習を始める」を選ぶと今からどれくらいそこに居るのかきかれるので適当な時間を指定するとその間の基地局情報を学習してくれます。

携帯基地局情報についてはSmart WiFi Togglerの紹介の時に推測でいろいろ書いてますのでそちらを参照下さい。
Smart WiFi Togglerのもうちょい詳細な話
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-228.html

職場で8セルと表示されているのは職場の敷地内の建物をまたがり長時間学習させたのでその間に携帯につながった基地局が8個あったということです。
また職場でもオフィスと工場で全く別の場所だとしても同じ職場として扱いたいのなら、それぞれの場所で職場として学習させれば、オフィスでも工場でも職場として認識させることが出来ます。
逆に別の場所として処理を変えたいのなら、画面下の+ボタンで新たに工場という名前の場所を登録することも出来ます。

同様に他の場所を学習させ、それを条件にすることも出来ます。


■イベント
20130510 215109


ここにもデフォルトでイベントが設定されています。
「職場では静かに」「夜は静かに」「職場を出た-普通に」などです。
静かとか普通とかは次のモードの項で説明します。

イベント編集画面
20130510 215255


「家ではWiFiを有効にする」を設定してみます。
イベントの画面の下の方にある「+」ボタンを押して新規イベント編集画面を出します。
イベント名とグループをタップし「家WiFi有効」とか後で自分がわかるような名前を付けます。
条件追加ボタンを押して、数ある条件の中から「場所に入る/居る」を選びます。そうするとどこ場所か聞かれるので「家」を選びます。
次に動作追加ボタンを押し、数ある条件が整ったときの動作の中から「WiFi」を選び、さらに「WiFi使用」を選びます。

これで家に居る間はWiFiが有効になりました。

「家を出たらWiFiを無効にする」
今度は家を出たらWiFiを無効にします。
やり方は上の手順と同様です。

一つのイベントで条件や動作は複数設定できます。


■モード
20130510 215137


デフォルトで大声、普通、静粛、黙止の4つのモードがあります。
それぞれ着信音や通知音、音量など細かく指定することが出来ます。なにもいじらなくても良い感じで動作してるので特に設定していません。
特に就寝時の通知音とか便利です。職場では着信音を変えるなんてのもここら辺を設定すれば簡単ですね。
またイベント条件に依らず今は黙止モードにしたい!なんてことも可能なようです。


■近況
20130510 215236


最近の位置情報をどう認識しているか確認できる画面です。
ここで例えば、場所の学習が不十分で家に居るのに家と認識していないならその行を長押しして学習させることも可能です。
この画面はそれ以外いじることがない唯一シンプルな画面です。


ほんとにいろんな事が自動化できます。
例えば最近買ったBluetoothヘッドセットMW600で音楽を聴くときスマホ側の音量を上げておかないと音量バランスが悪いなら、「BluetoothでMW600が接続されたとき音楽/メディアの音量をいくつに設定する」なんてことも出来ちゃいます。



最後にイベント条件と動作でどんなことが指定出来るのか列挙しますね。
■イベント条件
20130426 150951

20130426 151000

20130426 151008

20130426 151015

20130426 151023


■動作
20130426 151034

20130426 151047

20130426 151053

20130426 151106

20130426 151115

20130426 151126

20130426 151137



なんというか、いろいろありすぎて困っちゃいますね。
スポンサーサイト




ブログ内検索


テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : WiFi SH-02E Android スマートフォン アプリ Bluetooth

2013/05/11 (Sat)

期間限定で楽天ポイントをEdyに交換できるぞ

今回も前書きがむだにだらだらと長いです。
楽天ポイントをEdyに交換ネタにスパッと行きたいかたはこちらをクリック!


最近、SEO対策※で始めたGoogle+(以下G+)が結構気に入ってる。

※G+でのブログエントリーのシェアとそのクリック、+1などが、Google検索結果にプラスに働くというもの。


Xperia Tablet z関係の情報が良い感じで入手出来るし、ぐぐればすぐわかるような低レベルな会話が少ない。
一時隆盛を極めた○ixiの斜陽は招待制をやめてしまったことに起因すると思うが、最近のあそこのユーザーレベルの低さにはウンザリしていてほとんど近寄らなくなった。

G+にも、AKB48という強烈な存在があって、G+を覗いてみるとAKBオタしかおらんのやないかと思っていましたが、SEO対策のためにも使ってみるかと始めてみたわけです。

AKB好きならそのまま使えば良いと思いますが、最初のうちはフォローする人も少ないだろうからG+のオススメ(ほとんどAKB)がストリームにあふれてて、はなについて仕方が無い。
わたしはコレ↓G+のAKB地獄から解放されました。

別にAKBが嫌いでもなんでもないけどG+で見たくない
https://plus.google.com/u/0/101528610025342809011/posts/U6JA9DiAoqs



あとは趣味の合うコミュニティに参加していき、気になるユーザーを自分のサークルに追加していけば、ストリームも充実してくると思います。自分もまだまだですけどね。


G+での書き込みは、ツールを使ってTwitterやFacebook、LinkedInに連動させることが出来ます。英語サイトですがまあ難しい設定も無いのでなんとかなると思います。
Friends+Me
http://www.friendsplus.me/


ちなみにTwitterからG+への連携はちょっと探したけどなさそうです。



で、G+がSEO的に効果があるのかというと、よくわかりません。
まあ少なくてもReferrer補足ではmixiなんぞの倍のアクセスがあり、よりユーザーが流入してくれるSNSであることに間違いありません。当然自分のエントリーと対象SNSユーザーとの相性もあるでしょう。
G+からの流入が増えるとGoogle検索エンジンに良質なコンテンツと判断されて検索上位にランクされるのではないかということらしい。

20130511 121201


いずれにしても検索トラフィックは参照トラフィックの6倍あり、検索からの流入に力を入れるのが王道ですからGoogle検索エンジンに高い評価を得ることが重要。その要素にG+がある。


自分の場合、趣味でブログをエントリーしてるわけですが、書いたからにはなんらかのレスポンスが欲しいわけですよ。いわゆるマズローの承認欲求ですね。
ブログエントリーにはコメント欄がありますがコメントを書いてくれる人は少ない。自分も人のブログを見てコメントを書く事なんてまず無いですからそんなもんです。
それよりはアクセス解析です。先ほどのスクリーンショットはGoogle Analyticsという強力なアクセス解析ツールですがアクセス数や滞在時間でエントリーの評価を得ることは出来ます。

あとはアフィリエイト(アフリエイトなのかよくわかりませんが)。近年はamazonアソシエイトに注力しています。アフィリエイトはユーザーが商品リンクをクリックして商品を購入した場合売上の数パーセントをリンク元に還元する広告システムです。ブログなどで商品を紹介して売上があったらその広告費として報奨するものです。報奨の対象はリンクしている商品だけでなくリンクで入った先で別の買い物をしても適用されます。
amazonの場合3.5%から始まり売上数に応じて4.5%くらいまで還元されます。楽天の場合はわずかに1%のみ。
ただし楽天はリンクをクリックしてから1ヶ月間の売上が報奨対象。amazonは24時間のみ。といった違いがあります。

自分の場合、アフィリエイトによる収益は多い月で1万円程度。小遣いには十分ですね。これ以上増えちゃうと確定申告とか面倒なことになるので注意が必要です。



アフィリエイトの収益があるということは自分の書いたエントリーが評価されていると考えて、楽しんでる。



ちなみにamazonの場合、いつ何が売れたか把握出来るんですよ。もちろん自分がリンクした商品やその関連商品が多いですが、全く関係の無いものを買ってくれる人も結構居ます。誰が買ったまでは当然わからないのでご安心を。

最近ではnasneかな?多分それまでnasneの存在を知らなかったか気にも止めてなかったんですが、自分の所から購入されたものという事で興味が湧き、最終的に自分のnasne購入に繋がってます。
そういう意味ではアフィリエイトする人も、実はアフィリエイトの仕組みの中では顧客・カモなんです。
あまり必要の無い商品でもブログで紹介するために買ったりしますからね。ああこの商品はネタになると思うと買ってしまう。そこら辺も含めてアフィリエイトを楽しめれば良いと思います。


気になる商品を検索すると、買っても無いのに内容の薄いほとんどアフィリエイトリンクのみのエントリーを見かけますがアレって儲かるんですかね?あんなつまらないエントリーを書き続けるのは苦痛じゃ無いのかなと心配してしまいます。






というわけでだいぶ話が脱線しましたが、G+から拾ったネタ

「楽天スーパーポイント」を電子マネー「楽天Edy」に交換可能、期間限定で
https://point.rakuten.co.jp/exchange/edy/



先日、Tablet zを買ったじゃないですか?予約購入時一番安かったのがビックカメラ楽天市場 定価販売ですが楽天ポイント5690ポイントが付いてた。

【送料無料】ソニーSony Xperia Tablet Zシリーズ [Androidタブレット] SGP312JPB (2013年春モデル・ブラック) [SGP312JPB]【RCP】
by カエレバ



今見ると1707ポイントしか付かないようですね。今の最安値は、価格.comででも調べて下さい。



ほとんど楽天の通販を使わない自分には楽天スーパーポイントをどうするか悩みどころ。
仕事の出張でホテルを予約するとき、楽天トラベルはよく使うんですが、会社で精算するものにポイント使うのもなんだかな。と思ってたら、Edyに交換出来る!

というありがたい情報を得たので、早速やってみた。
自分の場合は、スマホのおサイフケータイでEdyを使ってるので、とても簡単でした。カードのEdyだとファミマかサークルKの端末で交換出来るらしいです。

「楽天スーパーポイント」を電子マネー「楽天Edy」に交換可能、期間限定で
https://point.rakuten.co.jp/exchange/edy/


まずはここのURLを開く。ログインしてなかったらログインして下さい。
で、今すぐ交換をクリックするとこういう画面が出てくる。
20130511 110802


すでに連携登録されているスマホのEdy番号が表示される。(自分の場合は前のスマホのおサイフケータイと2つ)
スマホのEdyの画面を開くと番号が確認できるよ。

注意事項:30日以内に受け取り完了
20130511 110801


もとの画面に戻り、交換ポイント数を設定して、内容を確認すると押す
20130511 110803

ここで確定するを押せば、こっち側の手続きは完了。
20130511 110804




あとはEdy側での処理。


スマホだったら、Edyの画面を開く。
20130511 111244

Edyを受け取る
20130511 111312

金額のあたりをタップする
20130511 111330

Edyを受け取るをタップすれば、すべて完了です。
ただのEdyカードだったら、コンビニにいって、ここのスマホの処理と同じような手続きで出来るんだと思います。


楽天スーパーポイントをEdyに交換出来るのは、8/9までの期間限定です。
この機能はぜひ常設してほしいなあ。



最近の日常生活では現金を使う機会が激減してます。
口座の取引明細を見ても現金出金はほとんどない。世の中かわったなぁ。
首都圏では、SuicaとEdyさえあればだいたい生きていけます。それぞれオートチャージを付けるとポイントが付くしチャージの手間が省けるのでとても捗ります。

SuicaのオートチャージはVIEWカードが必須ですが、出張の多い自分の場合はJAL/VIEWカードを持ってます。
Edyのオートチャージはほとんどのクレカが使えるはず。

これらのITネットワークがとまると恐ろしいことになりそうですね。




ちょうど面白いネタを見つけた。

2001年、人類はスイカネットに支配された(ただし日本限定)
http://anond.hatelabo.jp/20130511133555

ブログ内検索


テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ

tag : amazon XperiaTabletZ nasne Google+ Twitter

2013/05/03 (Fri)

PCでnasneテレビ視聴するために色々買い込んだ話

前書き
今回のエントリーは、PCでのnasneテレビ視聴とnasneのHDD増設の話です。

nasneについては、なかなか説明が難しいのですがネットワーク型テレビチューナーHDDレコーダみたいなものです。ますます意味不明。。。
そのままNASとして家庭内ファイルサーバーにもなる。

ウィキペディアによると
nasne(ナスネ、CECH-ZNR1J)は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)より2012年8月30日に発売された、ハードディスク・レコーダー機能搭載ネットワークストレージ(NAS)。SCEでは「ネットワークレコーダー&メディアストレージ」と称している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Nasne

nasne (ナスネ) (CECH-ZNR1J)
by カエレバ




Xperia Tablet zのお供にnasneを買って、Tablet zとnasneの組み合わせでは何の問題も無く快調に使えています。そこらへんの話はすでにエントリーしていますので、そちらを参照下さい。

Xperia Tablet zのお供にnasne(ナスネ)がきた
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-265.html





PC視聴にトライ

自宅にいるときはPCメインで使っているので、nasneのテレビコンテンツをPCでも視聴できると良いなぁと思ってしまったわけです。

ここから結構長い。PCでも環境がマッチしていれば簡単にnasneが使えると思いますが自分の場合は結構はまりました。

ちなみに、PCでもVAIOがあれば比較的簡単にXperia Tablet zと同様のこと(+ブルーレイやDVDに焼ける)が出来るらしいです。ここらへんはデジタル家電メーカー各社ユーザーの囲い込みへの意気込みが感じられますが、囲い込まれたくない自分の場合は自作PCなので自分で環境を整える必要がありまして。

ここから難しい単語が並びますがこれらのキーワードに対応した環境が必須。

nasneはDTCP-IP(DLNA)に対応しているので地デジなど著作権ががっちがちのテレビ放送でも使える。
PCでnasneコンテンツを視聴するには、DTCP-IP(DLNA)に対応しているソフトウエアが必要ということです。
そのほかにPCがデスクトップなどでディスプレイが別の場合には、その接続方法がHDCP対応であることが条件に加わります。

HDCP対応はPCのグラフィック機能、液晶との接続方法(ケーブル)、液晶ディスプレイの3点で対応出来ているか確認します。

最近のものなら、問題無いはずですが、アナログVGAでの接続ではダメです。HDCP対応DVIか、DisplayPort、HDMIなどのデジタル接続が条件です。

うちのPCの場合は条件を満たしていました。


つぎにDTCP-IP(DLNA)に対応しているソフトウエア
こちらがまとまってていい。
nasneで出来ること-パソコン


いずれも有償ソフトウエアもしくはH/Wバンドルで、フリーソフトは無いようです。
DTCP-IPという規格は日本だけのものなので典型的なガラパゴス規格。日本の誇るアニメ文化の保護のために総務省が頑張ったんだと思いますが、おかげでソフトウエアの選択肢が非常に少ないんですね。


純粋に視聴ソフトウエアということだと以下の二つになるみたい。
・DigiOn DiXiM Digital TV plus
・CyberLink SoftDMA 2

いずれも体験版がありますが、SoftDMA体験版は「DTCP-IPを利用した地デジ録画番組のストリーム再生はサポートしておりません。」とのことで全然体験できない。
体験版入れてみてから気付いたんですが、このメッセージが腹たつわー。
20130429 115201


他にもDTCP-IP対応かテストできるソフトウエアは各社から出てます。とりあえず簡単に調べるならBUFFALOのやつが良いと思います。
BUFFALOストリームテスト for 地デジ
http://buffalo.jp/products/catalog/multimedia/chideji/streamtest.html
CyberLink DTCP-IP Advisor(β)
http://jp.cyberlink.com/stat/dtcp-ip-advisor/jpn/index.jsp



nasneで使えそうで、体験版もしっかりしてるのはDiXiMのみでした。

DigiOn DiXiM Digital TV plus(下の方のリンクから体験版入手可能)
http://www.digion.com/pro/dxtvplus/index.htm

早速体験版インストールしてみた。
音声は出るが、映像がちらつくというかほとんど黒でたまにチラッと表示されるだけでとても使い物にならない。
DR(高画質)でもAVC(3倍速)でも同じ。
どうやら、ビデオカードがAMD/ATI Radeon HD 5770なのがダメらしい。
Catalyst バージョン13.1→13.4にあげてもダメ。
12.8がダメで12.6なら良かったという話もあるが古すぎ。

レジストリーを編集すると映るという話もあって。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\DigiOn\DiXiM Digital TV plus
HWAccelaletion
H264HWAccelaletion
を1から0にしたところちゃんと写るようになりました。とか書かれてるのを見つけた。
→なりません!

こうなってくるとどうしても視聴できるようにしたくなってくる。

「DiXiM Digital TV plus Radeon」で検索するとひどい。。。

どうやら、RadeonとDiXiMの相性が最悪という結論。
ここで一旦、PCでのnasne視聴は断念。



次のセクションはRadeonからGeforceに買い換えた話なので興味ない人はここをクリックすると次のセクションをジャンプ出来ます。


ビデオカード購入

断念してたんですが、最近うちの自作PCがうるさいんですよ。
結構デカイPCケースに入ってて、ケースファンが前後に2個、電源、CPU、GPUにファンが付いてるのでどれがうるさくなったのかよくわからない。
怪しいファンを指で止めてみたwww。
そもそもケースのフタを開けた状態だと音が変わるので、実際よくわからなかった。
けど、「GPUファンがうるさくなった」という結論に誘導されたwww。



う~んビデオカード買い換えるか?うんしょうがないね。。。



NVIDIA GeForceのグラフィックカード下さい!

つってもグラフィックカードは種類が多すぎて困るんです。GPUチップのバリエーションが多いのとさらにビデオカードとしてアッセンブリしてるベンダーが多数あるので。
まずはGPUチップのグレードを決めて、その後でベンダーを選定すると比較的スムーズにいった。

ここらへん泥沼なので結論だけ。
GIGABYTE WINDFORCE2X GV-N65TOC-2GIって奴にしました。

ゲームはしないので完璧にオーバースペックなんですが、今使ってるRadeon HD 5770よりも格下だとさびしい(意味がわからない)。静音で熱くならない奴。ファンが2個も付いてる。

20130502 180736


20130502 180758


20130502 180808


20130502 180839


20130502 180849


20130502 180957


20130502 181004


20130502 181043


20130502 181056


20130502 181154


20130502 181231



Radeon関係のドライバーをアンインストールしさらに掃除アプリで綺麗にしてから、Geforceのドライバーを入れました。

一応パフォーマンスが変わったかチェックしてみた。
20130502 215501


20130502 215502


7.2→7.6にスコアが伸びました。だからなんなのかさっぱりわかりません(笑)。

プライマリハードディスクのスコアがSSDのくせに、なんでこんなに低いのかよくわからないけど、気にしちゃいけないと思った。



やはりうるさかった犯人だったらしく、ビデオカード変えたら静かになりました。
でも静かになるとさらにその中でうるさいのが気になるのが自作PCの悪いところです。
いやこれ以上いじりませんよ。やり出すと止まらなくなるからね。


GIGABYTE グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX650Ti 2GB PCI-E WINDFORCE2X GV-N65TOC-2GI
by カエレバ





DiXiMが動作した

で、話を戻して、DigiOn DiXiM Digital TV plus体験版を起動してみる。
映った。完璧。マーベラス!
体験版は連続視聴5分まで。

やはりグラフィックカードがRadeonだったのがいけなかったようです。
てか、これで映らなかったら痛すぎる出費でした。


じゃあ、DigiOn DiXiM Digital TV plusを買うかってことで
5,980円(税込)ダウンロード版
7,480円(税込)パッケージ版

DiXiM Digital TV Plus [ダウンロード]
by カエレバ




amazonだとパッケージ版も結構安い。

Dixim Digital TV Plus
by カエレバ






もしくはHDDにDiXiMがバンドルされてるもの

I-O DATA DTCP-IP 対応ハイビジョンレコーディングハードディスク「RECBOX」 2.0TB HVL-AV2.0DT
by カエレバ



これだとnasne要らないじゃん。。。




DiXiMバンドル版外付けHDD購入

と思ったら、いいものがありました。

※2013/06/08追記:ロジテックさんにamazon扱いをお願いしてたんですが、いつの間にかamazonでも買えるようになってます!ロジテックさんなかなか素早いですねぇ。
ちなみに使い始めて一ヶ月以上なりますが、nasne接続で24時間連続稼働中なのですが静音でとても良いです。これまで外付けHDDといえばIOデータかバッファローだったのですが、ロジテックさん良い物作ってました。国内アッセンブリですしね。オススメです。

nasne対応外付型HDユニット【LHD-EN20U3WNS】
by カエレバ



nasneにターゲットを絞ったこの商品。13,980円(税込)
単なる2TB外付けHDDとしてはお高いですが、ソフトウエア6000円を含んで考えるとこれは安いんでないかい?

DiXiM Digital TV plus+LHD-EN2000U3WS(FAT32フォーマット済み)

LHD-EN2000U3WSは24時間稼働を前提とした静音・省電力、USB3.0対応で高速転送(nasneはUSB2.0なので意味ないですが、他への流用も考えられるかと)。
nasneとともに24時間連続稼働を想定しているので静音・省電力は重要。
最近のHDDでFAT32フォーマットは珍しいです。FAT32だと1ファイル4GB以上は扱えないので普通のHDDはNTFSフォーマットです。ところがnasneの外付けHDDはFAT32じゃないとダメなので、普通にUSB HDD買ってきたらPCを使ってFAT32でフォーマットし直さないと使えないのです。


ロジテックWEBストアのみで販売しているらしいです。早速注文して今日届きました。
楽天やamazonでは検索しても出てきません。


IMG_0199.jpg


段ボール加工職人の仕事か?どこから開ければいいのかわからん。→下の方から開けるといいみたい。
IMG_0200.jpg


保護フィルム付けたまま使おうかと思ったけど、空気穴塞いでるから剥がさないとまずいです。
IMG_0201.jpg


取説がいっぱい付いてる。
IMG_0202.jpg


付属してきた取説では「torne(トルネ)との接続は事前にPCでFAT32でフォーマットしろ」と書かれてるが、実際には何もせずにnasneにつないだらすぐ認識できたのでWebの情報の通りFAT32でフォーマット済みのようです。

ちなみにDiXiM Digital TV plus for Logitecの取説に、DiXiMインストール時のシリアル番号があるので無くさないように。

付属品。USB3.0のケーブルはHDD側のコネクターが違います。USBバスパワーで動けば完璧ですがACアダプターが必要。あとはお目当てのDiXiM Digital TV plusのCD。
IMG_0203.jpg


IMG_0205.jpg


IMG_0209.jpg


エアフローのためのスリットが開いてます。
IMG_0208.jpg


上部がびろびろしてるのは保護フィルム剥がす前の写真だからです。
IMG_0204.jpg


nasneの横に設置
IMG_0213.jpg


LEDランプは控えめで就寝時も気にならない感じ。ちなみにLEDはアクセス時点滅なのですがチカチカせずに控えめに1秒間隔で点滅します。なかなか気が利いてる。
音も聞こえない。
ただnasneもそうだけど、触ると少々ホカホカしてる。夏場がどうなるか気になるけど夏は逆に温度を感じないかもしれない。今日は寒かったので暖かく感じただけかもしれないなと。


外観チェックも終わったので、早速設置してみようと思う。
といっても、電源を繋いで、USBケーブルをnasneに接続するだけ。



接続出来たら、nasneでHDD登録を行う。
nasneと同一ネットワークにあるPCとかTablet zなどなんでもいいから、ブラウザでnasneのIPアドレスを開く。
http://192.168.1.31/ ←うちの場合は192.168.1.31に割り当てたのでこういうこと。DHCPで自動取得にしてると停電後などIPアドレスが変わるかもしれないよ。固定IPにしてブックマークしておくと便利。

ハードディスク管理で「登録」ボタンを押すと認識されます。(登録前の画面を撮るのを忘れた)
20130503 131501


ここで登録したHDDの削除操作もできますが、削除を行うと外付けハードディスクに保存されている録画コンテンツはすべて使用できなくなるそうなので要注意です。

録画したときにどっちに記録されるのかよくわかりません。torneからだと設定があるらしいがPS3がないので。
どうやら自動的に空きの多いHDDが優先される模様。
ただし外付けHDDはFAT32フォーマットなので4GBまでのファイルしか扱えないから、3倍速で2時間以上くらい?の長時間録画だと本体に録画されるんじゃないかと思います。今度試してみますね。

ファイルサーバー設定で、外付けHDD向けの共有フォルダが自動的に増えていることが確認できます。つまりファイルサーバーとしては内蔵と外付けHDDで区別されるということ。
20130503 131502




ついでに気がついたんですが、メディアサーバー設定で、nasneのアイコンが変更出来るんですが、
20130503 181001


いつの間にか本物のナスのアイコンに増えてます。
20130503 181002


「リアル茄子出現システム」とかいって、nasneの接続機器を増やしていくとアイコンが増えるらしいです。
なかなか芸が細かい。
PCブラウザ画面でマウスカーソルをアイコンに合わせるとアイコン名が表示されます。
クロナスネ、シロネスネ(以下ナスネ省略)、モモ、アカ、チャ、ダイダイ、キ、ミドリ、ミズ、アオ、ムラサキ、ニジ
他にリアルナスとして、ベイナス3、マルナスジョウブ、アサヅケが出ています。
まだ隠れてるアイコンがいっぱいありますねえ。



Tablet zのRECOPLAで見ると左上のアイコンがリアルナスに変わってますね。
20130503 181502


そのアイコンをタップするとHDD情報にUSB HDDが追加されてます。
20130503 181522


それぞれのHDDに入ってるタイトル数が表示されます。
HDD追加してから一回だけ録画したのでUSB HDDに1タイトル入っており、やはり空きの多いUSB HDDに保存されたようです。


テレビ王国CHAN-TORUの「設定>レコーダーの設定」でもUSBHDDとして追加されています。
20130503 181003



ということでnasneのハードディスク増設完了です。




続いてDiXiM Digital TV plus for Logitecのインストール

製品に添付されているDiXiM Digital TV plus for Logitecのセットアップガイドに従って進めれば簡単に終わります。

セットアップガイド【DiXiM Digital TV Plus for Logitec】はロジテックのLHD-EN20U3WNSサポートページからも入手出来ます。(シリアル番号表記無し)
LHD-EN20U3WNSサポートページ
http://dl.logitec.co.jp/index.php?pn=LHD-EN20U3WNS


20130503 131503


シリアル番号の入力のところで製品に付属されたDiXiM Digital TV plus for Logitecの取説に記載されているシリアル番号を入れればOKです。
20130503 131504


20130503 131505


インストールが終わりました。


早速起動してみた。
20130503 131506


「for Logitec」まで入ったロゴなんですね。
スクリーンショットが撮れるのはここまで。ここから先は例の著作権ガチガチのためか撮ることができません。

ソフトウエアバージョンは
DiXiM Digital TV plus for Logitec バージョン: 2.2.1.1 2013-04-23
となってました。




やはりDiXiM Digital TV plusを動かしているとPCのCPU負荷が高くなります。体験版より高くないような感じもしますが、普段はCPUクロック最低をキープしていますが、CPU負荷がこんな感じになります。
20130503 131507


時折落ち着いたりしますが20~30%負荷くらいになります。動画をエンコードしている時ほどじゃないのでCPUファンがうなり始めることはありませんでした。

というわけで、nasneのテレビコンテンツがなんとかPCでも視聴できるようになりました。

Tablet zからの視聴ですとWiFi経由になるので、多分ネットワーク速度の影響でたまにライブ映像が乱れることがありますが、PCからの視聴だと有線LAN接続の効果か映像が乱れることはありませんでした。
Tablet zではおもに、おでかけ転送でSDに保存して視聴するので問題ありませんけどね。





nasneの設定などについては本家のオンラインマニュアルが一番詳しく書かれていると思いますのでそちらを参照されると幸せになれるかも。
nasne(ナスネ)オンラインマニュアル
http://manuals.playstation.net/document/jp/nasne/



関連エントリー
Xperia Tablet zのお供にnasne(ナスネ)がきた
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-265.html



今回のエントリーは未曾有の長編となりました。最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。
ついでに商品リンクから購入して頂けると喜びます。
あ、amazon・楽天以外はアフィ無しなのでどうでもいいです(笑)。



nasne (ナスネ) (CECH-ZNR1J)
by カエレバ






ちなみにわたしは使っていないのでアレですが、PCのDVDやBDドライブに焼くことも出来るらしいです。
Thanks:Keita Yahagiさん
~DTCP-IPムーブ機能対応のレコーダーや録画機能付きテレビなどで録画した番組を、ホームネットワーク越しにダビング感覚でブルーレイディスクやDVDに書き込めます。~

DiXiM BD Burner 2013 接続確認済み機器リスト
http://www.digion.com/pro/bd2013/list.htm

DiXiM BD Burner 2013 [ダウンロード]
by カエレバ




※2014/05/18追記

PowerDVD 14 Ultraでもnasneコンテンツが視聴出来ます。ソフトウエア的には一長一短なので、どちらを選んでもよろしいかと。

PowerDVD 14 Ultraはnasneで使えるというタナボタ
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-280.html

ブログ内検索


テーマ : PC周辺機器
ジャンル : コンピュータ

tag : Android XperiaTabletZ nasne amazon WiFi

2013/04/29 (Mon)

Xperia Tablet z用クレードルとカバーが届きましたよ

いやあ、Tablet z本体じゃなくてオプション品が届くまでこんなに苦労するとは思いませんでしたよ。

WiFi版Tablet zでもドコモ版SO-03Eのアクセサリーがそのまま使えるのでソニー謹製にこだわる必要なかったという話です。




クレードル
そもそもXperia Tablet z(WiFi版)SGP312は、クレードルがオプションというのがおかしいのだけれども。

Tablet zって防水なのでコネクタ類はすべてカバーがついてる。あのフタは防水パッキンになってるはずなので頻繁に開け閉めすると良くないからクレードルで充電できるようになっているわけです。
スマホでも最近は防水が主流なんですが、防水タイプは一般にクレードル充電が基本なのでドコモの防水スマホはクレードルが付属です。昨年末に買ったIGZOスマホSH-02Eもクレードル付属でした。
防水カバーが無くても充電の度にあのmicroUSBコネクタを抜き差しするのは破損しそうで怖いです。メスのmicroUSBコネクタって四角のAタイプと台形のBタイプがあってTablet zやSH-02Eは四角いAタイプのほうなんですね。アレって台形じゃないからどの向きに差し込むのかとってもわかりづらい。そのうち逆向きで無理矢理入れようとして壊すんじゃないかといつも不安になるのです。

ソニーとドコモ版付属のクレードルは実は別物で、ソニーの奴は角度を3段階くらい調整出来るようになってるらしいです。



カバー
スマホでもフラップタイプのケースを愛用してまして、液晶面がフラップ式でカバーできるタイプが安心して使えます。というかタブレットの場合ほとんどフラップタイプしかないですね。カバンとかに無造作につっこむにはあの大きい液晶面を保護することは重要。
で、カバーもどれが良いか探していたんですが、純正キャリングカバーだと付けたままクレードルで充電できるという情報を仕入れて、高いけど純正を買ってみるかと。





そんなわけでクレードルとカバーは必須と言うことであらかじめ注文してました。

Xperia Tablet Z本体を注文した4/6に、ソニー純正のクレードルとキャリングカバーも注文していたのです。発売日はすべてWiFi版発売の4/13です。


一番安かったところを選んだので、本体はビックカメラ楽天市場店、ほかはアイオープラザ 楽天市場店でした。

Xperia Tablet Z用クレードル ソニー SGPDS5 価格:\3,520
Xperia Tablet Z用キャリングカバー(ブラック) ソニー SGPCV5/B 価格:\7,050


発売日にきっちり届いたのは本体だけでした。クレードルとカバーは入荷待ち納期未定のまま。
その後も1週間おきにアイオープラザ 楽天市場店からは「納期未定なのでキャンセルしてもいいよ」ってメールが届いていましたが、世間的にも入手困難な状況なのでおとなしく待っていたのですが、ここにamazonにはない送料という落とし穴がありまして、なんと分納は出来ないのだった。
ソニーストアでカバーが取り扱い中止だったのが販売再開され、ようやく届くかなと思ってたら、クレードルの納期が5月末(ソニーストア)になってました。
てことはカバーが出荷できても分納不可なので5月末までお預けじゃねーか。


一方でカバーを入手された方のネット情報を見ると、カバーがデカイ、値段を考えるといまいち、カバーへの固定方法が傷つきそう、などネガティブな情報ばかり目に付きました。

納期とカバーの口コミで、さすがにこれは無いでしょ。とよく考えたら、↓この組み合わせでいいんじゃね?と考えを改めました。即納だったので。
・カバーはソニー純正をやめてスマホで愛用してるレイアウト製
・クレードルはソニー純正をやめてドコモ純正

いずれもドコモ版Xperia Tablet z SO-03E向けのものですが、そのまま使えます。
Sony純正じゃないカバーはクレードル差し込む際には外す必要があるが着脱しやすいのでOKかと。

それで二日前に注文したら、すぐに届いた。
この2週間くらい悶々としていたのはなんだったのか。。。


というわけで、安定の前書きの長さですが、それぞれのレビューを書きたいと思います。



ドコモSO-03E用 卓上ホルダ SO16 3,570 円(ヨドバシドットコム)

さすがドコモ!この質素なパッケージ(保守用部品の位置付けですからね)
IMG_0135.jpg


開封
IMG_0136.jpg


背面にmicroUSBコネクタ
IMG_0137.jpg


つっかえ棒を差し込む
IMG_0141.jpg


ちなみにUSBケーブル挿してから、つっかえ棒が正解のようです
IMG_0145.jpg


完成
IMG_0142.jpg


底面に穴が開いててスピーカーの音が出るようになってるのと、穴の横にレバーがあって本体が差し込まれて着底する直前にレバーにあたって側面の充電用端子が飛び出る仕組みになってます。
IMG_0192.jpg


実際に本体を装着してみた。シルバーのヘアライン加工が良い感じ。
IMG_0143.jpg


すっきりしてて違和感ないですね。
IMG_0144.jpg


もちろん充電できています。
IMG_0146.jpg



ドコモの卓上ホルダだと角度調整はありませんが、充電出来ればいい人にはドコモでもいいんじゃないでしょうか。

ヨドバシドットコムかドコモショップへどうぞ。

ドコモの卓上ホルダはamazonや楽天にないみたいなので、ソニー純正SGPDS5の商品リンクを貼っておきます。

ソニー Zシリーズ用クレードル SGPDS5
by カエレバ





レイ・アウト RT-SO03ELC1/B 3,618円(amazon)

レイ・アウトはこれまで歴代のスマホ(といっても2台ですが)で使ってるケースメーカーです。

パッケージ
IMG_0152.jpg


一応スタンドにもなります。カバーの開け閉めでスリープON/OFFは便利でした。
IMG_0153.jpg


裏面の説明書き1
IMG_0159.jpg


裏面の説明書き2 カバー装着方法が書かれてます。
IMG_0160.jpg


前面 ゴムバンドでフラップを止めるようになってます。
IMG_0161.jpg


背面 コの字部分にフラップを差し込むとスタンド状になります。
IMG_0162.jpg


内側のオレンジがまぶしい
IMG_0164.jpg

レイアウトはこのカラーリングが好きみたいです。初代スマホT-01Cのフラップタイプのケースが同じカラーリングでした。
ちなみに中にスポンジとシリカゲルが入ってるんですが、スポンジがどう見てもフリーハンドで切ってる。まぁ人海戦術の国で作ってるんでしょうね。

背面はカメラの穴以外すべてプラスチックの板
IMG_0165.jpg


左上のカメラ穴部分
IMG_0166.jpg


右上はなにもない
IMG_0167.jpg


左下部分 microUSBカバー部分が開いてるんですが、装着した状態でmicroUSBカバーを開けるところまで出来ますが、そこから180度カバーを回さないとUSBケーブルが挿せる状態にならないわけで。。。ええ、回せないので結局カバー装着したままではmicroUSBは使えません。
IMG_0168.jpg


右下部分 SD/UIMスロットのほうはカバー装着したまま問題無く使えました。
IMG_0169.jpg


で、実際にこのカバーの装着方法ですが、まず本体下側をカバーに合わせてから、本体上側(SONYロゴのあるほう)の右か左の角を押し込みます。反対の角も押し込んだら、残りの長辺部分を押し込み装着完了です。
自分の場合、スマホで同じタイプの装着をやってるのですが、慣れると簡単です。


装着後の右上
IMG_0174.jpg


左上
IMG_0173.jpg


右下
IMG_0170.jpg


左下
IMG_0171.jpg
四隅がプラスチックカバーでガードされてる安心感がGoodです。


下の長辺
IMG_0172.jpg


背面カメラ部分
IMG_0175.jpg


ゴムバンドがカメラにかかりそうですが、バンドが掛かるのはふたを閉めた状態なのでカメラを使うことも無いでしょう。

背面全体
IMG_0176.jpg


左側面 電源スイッチ部分
IMG_0177.jpg


カバー開閉でスリープ連動するので電源スイッチは押さなくても使えます。
ボリュームスイッチは問題無く使えます。
イヤホン端子カバーはカバー装着したまま開きますが、フタをした場合イヤホンを使うと多分イヤホンジャックにゴムバンドが多少掛かります。ゴムなのでまあイヤホン使えると思います。

Bluetoothヘッドセットあればイヤホン端子も使わずに済みます。
参考:bluetoothヘッドセットMW600買ってみた
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-264.html



ふたを開けた状態での左側面
IMG_0186.jpg


左側面下 スピーカーの口を塞がないようになってます。
IMG_0178.jpg


左下 見えづらいですが、使えないmicroUSB部分
IMG_0179.jpg


右下 microSDは写真の通り開けられます。
IMG_0180.jpg


右側面 スピーカー以外こっちは何も無い
IMG_0181.jpg


上部のマイク・赤外線ポート
IMG_0183.jpg


スタンド状態背面
IMG_0184.jpg


スタンド状態1
IMG_0185.jpg


スタンド状態2
IMG_0198.jpg


これはSONYロゴを見てもらえばわかりますが、スタンド状態1を上下逆さまにした状態です。

フタに連動してスリープ解除されるのは便利です。カバー四隅がプラスチックになってるのも万が一の落下時に安心感があります。


レイ・アウト Xperia Tablet Z SO-03Eフラップタイプレザー 合皮/ブラック RT-SO03ELC1/B
by カエレバ



ストライプタイプは3種類のカラバリがあります。
ストライプは内側がオレンジじゃ無くて落ち着いたグレーのようです。

レイ・アウト Xperia Tablet Z SO-03Eフラップタイプレザー(合皮)/ホワイト RT-SO03ELC4/W
by カエレバ



レイ・アウト Xperia Tablet Z SO-03Eフラップタイプレザー(合皮)/ネイビー RT-SO03ELC4/N
by カエレバ



レイ・アウト Xperia Tablet Z SO-03Eフラップタイプレザー(合皮)/レッド RT-SO03ELC4/R
by カエレバ



ちょっとお高いですがミッキーキャラも悪くないね。
レイ・アウト Xperia Tablet Z SO-03Eフラップタイプレザー(合皮)/ミッキー RT-DSO03EA/MK
by カエレバ





ちなみに、液晶保護フィルムは使いません。
フラップカバーがあれば要らないと思うし、そもそも保護フィルムが本当に必要なのかはなはだ疑問なので。
代わりといっちゃなんですが、指紋でベタベタになった液晶を綺麗にしてくれるiコロコロは愛用しています。
スマホもタブレットも液晶がめっちゃ綺麗になります。(保護フィルム貼ってると効果薄いです)

スマホにiコロコロが気持ちよかった話
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-222.html

ブログ内検索


テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : Android XperiaTabletZ amazon iコロコロ

2013/04/28 (Sun)

Xperia Tablet zのお供にnasne(ナスネ)がきた

Xperia Tablet zのお供にnasne(ナスネ)を買ってみました。


nasne (ナスネ) (CECH-ZNR1J)
by カエレバ



ネットワークレコーダ&メディアストレージという新ジャンル商品です。
nasneはPlayStationのSCE(Sony Computer Entertainment)のプロダクトでPlayStationで使うのが本来の姿かと思いますが、プレステが無くても使える。
このレコーダの一番変わってるところはテレビに直結しない点です。ネットワーク経由で使います。そのためnasneの接続口は電源、アンテナ、LAN、USB(外付けHDD用)しかありません。
逆に言えばネットワーク接続出来る機器で視聴できる。

テレビ番組を生でもしくは録画でTablet zを使って視聴しようという作戦です。

普通、テレビを録画するにはBD(ブルーレイ)/DVDレコーダ(HDD内蔵)もしくはテレビそのものにHDDが付けられたりするようですが、ここらへんの家電には全く疎いんですよ。
最近のテレビやレコーダはLAN接続出来てnasneと同様にネットワーク経由でも視聴可能なようですが高い。
nasneamazonで15000円以下で買えます。

一方でセットアップが難しいという世間の声もあり、1万円のセットアップサポート付きで買えたりします。

セットアップが難しいんならゴールデンウィークの暇つぶしにちょうど良いなと先日注文して、今日届きました。
Tablet zで使えるようになるまで、写真やスクリーンショットを撮りながら3時間くらいでセットアップできたので大して難しいこと無いです。

今回はXperia Tablet zとnasneでセットアップしたあたりをエントリーします。
※画像をクリックすると拡大します

外観チェック
外箱
IMG_0149.jpg

裏側
IMG_0151.jpg

付属品
IMG_0147.jpg

開けてみた
IMG_0120.jpg

これで一式
IMG_0121.jpg

プレステ3用のtorneが付属してきますが使いません。というかPS3ないですから。

プレステ!?
IMG_0125.jpg

LEDが点くらしい
IMG_0124.jpg

裏側には電源スイッチ:基本いれっぱなので使うことは無さそう
IMG_0126.jpg

接続ポート
IMG_0127.jpg

底にはMACアドレスとファイルサーバー名(まあ隠す必要も無さそうですが)
IMG_0128.jpg

側面にはBCASカードスロット
IMG_0130.jpg

差し込むと赤いカードが目立つ(設置したら気にならないと思うけど)
IMG_0134.jpg


外観は以上です。



アンテナ線とLANを繋ぎ、最後に電源を接続すると起動します。電源ランプが1分くらい緑点滅し、緑点灯になれば起動完了。

ここからは、Xperia Tablet zを使ってセットアップします。
正しい手順がよくわかってませんが、何となく出来ちゃった手順です。

nasneは自宅の有線LANに接続。Tablet zは、有線LANに接続されたWiFiアクセスポイントに接続。もちろん自宅のLANはインターネットに接続されています。

ムービーを起動してみた
20130428 121232



ここでDevicesをタップすると、そこにnasneがいるのでタップ。
nasneがまだセットアップされてないから、まずセットアップしろと「nasne HOME」に誘導されました。
「nasne HOME」はブラウザベースのインターフェースなのでChromeで「nasne HOME」画面が出てきます。
20130428 121317


※この画面はnasne設定の時に使うので、ブックマークしておきます。


基本設定
20130428 121624


IPアドレス、日付と時刻などが設定できます。IPアドレスはDHCPで自動取得されたアドレスでも構わないと思いますが、自分は手動で固定IPアドレスを指定しました。固定アドレスにするにはDHCPで割り当てられる範囲以外を指定します。ここらへんはルータ設定で決まります。その他PCのIPv4アドレス設定と全く同じ項目です。デフォルトのままで問題ないです。

日付と時刻が全然あってないので設定した。その後何度か電源切ったが時刻が消えることは無かった。電池じゃ無くてスーパーキャパシタあたりで短時間だけ保持できるのかも。
メディアサーバー設定
20130428 121734

ここは特に設定をいじる必要なさそう。自宅のネットワークで接続出来る機器を制限したい場合はクライアント登録を手動にする。
クライアント接続機器に4台の謎なデバイスが履歴に残ってた。工場検査の機器かな。

ファイルサーバー設定
20130428 121749

ここもいじる必要なし。
項目の背景が青色だけセットアップが必要のようだ。

レコーダー設定
20130428 121804


ようやく設定が必要な項目が出てきた。まずはチャンネル設定。テレビをセットアップした人ならわかる項目。

地域を選んでチャンネルスキャンする。
20130428 121922


アンテナレベル(電波の強さ)も確認できる。
20130428 122115


リモート録画設定は後回しにしてまずはテレビが映ることを優先。
うちはBSもCSも無いのでそこらへんのセットアップは無し。

ハードディスク管理
20130428 122334


外付けを追加する際にはここの画面で何かするようです。

ソフトウエアアップデート
20130428 122641


基本設定のところで今のバージョンがVer1.51と表記されていたが、最新版はVer1.71らしい。アップデートしろとのことなので長い使用許諾を読んで同意してアップデートする。
20130428 122657


1分くらいで完了します。
20130428 122712


オンラインマニュアルもあるので、ここを見ると詳しいことがわかるんだと思う。(見てない)
20130428 122506



とりあえず、こんな感じでセットアップ終了。




ムービーに戻り、デバイスからnasneを選ぶ。
20130428 123321


今度は先に進める。
20130428 123333


まだ録画は無いので、ライブチューナーを選んでみる。
20130428 123346


地デジの番組が一覧表示されるので、見たいチャンネルを選べば、今放送されてる番組が視聴できました。
ただしスクリーンショットが撮れないようになってるので画像は無し。(ほんとに著作権でガチガチなんだな・・・)


生視聴は出来たので、次にAndroidアプリ レコプラを入れてみる。
(nasne一台しか無いのに入れる必要があったのか、よくわかりません)

GooglePlayでレコプラを検索してインストール
20130428 130300


20130428 130336


機器追加を選ぶ
20130428 130352


20130428 130408


20130428 130421


20130428 130428



レコプラでnasneが登録できるとこういう画面が出てくる。
20130428 132759


画面上部の録画予約をタップすると、ブラウザでテレビ王国CHAN-TORUが表示される。
20130428 130830


ログインフォームにすすむ
20130428 130841


ここで、Xperia Tablet zの最初のセットアップで登録したSony Entertainment Networkアカウントを使う。ほかのアカウントでもログイン出来るので別にSonyのアカウントが必須というわけでもなさそう。

ログイン後
20130428 131157


なんだかわからないがまずは設定だろう?
20130428 131203


レコーダーを登録する
20130428 131222


nasneを登録する場合
20130428 131244


「nasne HOME」(Webブラウザ)から登録する場合のところの登録パスワードをコピーする。

ブラウザの別タブに「nasne HOME」があればそっちに移動。無ければ新規タブでブックマークしておいた「nasne HOME」を開く。

レコーダー設定>リモート録画予約設定
20130428 131336


機器登録>登録用パスワードをお持ちの方は「こちらから登録してください。」をタップ。
20130428 131310


先ほどコピーした登録パスワードを貼り付け。


テレビ王国CHAN-TORUのほうでCECH-ZNR1J(nasne)が登録される。
20130428 131346


機器登録が完了するとテレビ王国CHAN-TORUのホーム画面に予約リスト・録画リストメニューが追加される。
20130428 205349


番組表とか番組検索で録画したい番組を選ぶとこういう画面が出てくる。
20130428 131519


画質(標準/高画質)、毎回録画有無を指定し、予約録画するをタップすれば予約完了。

予約したものは、予約リストで確認できる。


実際に録画予約してみたら、ちゃんと録画できたようです。

録画完了後にレコプラを起動すると録画した番組が表示されてます。
20130428 143921


そのまま視聴することはもちろん出来ます。普通にその番組をタップしお手元で再生を選べばおk。

家の中でTablet zでテレビを見るなら、ここまでで終わりですが、外に持ち出して録画を見るには、おでかけ転送でTablet zのSDに録画をダウンロードする必要があります。

おでかけ転送するには、番組タイトルを長押しする。
20130428 143935


上にメニューが出てくるので、ダウンロード(おでかけ転送)を選ぶ。
20130428 143946


ん?保存先:本体(内蔵メモリー)しか出てこない。
せっかく動画の保存先用にmicroSD買ったのに。。。

ちなみに購入したmicroSDはTranscend microSDHC 32GBです。

microSDXC 64GBという選択肢もあったが安定性に欠けるようなのでSDHC 32GBにしました。
速度もまあまあ。というかPCのカードリーダーの限界超えてる。
Transcend32G_U1_TS32GUSDCU1.jpg


Transcend microSDHCカード 32GB UHS-I対応 変換アダプタ無し 永久保証 TS32GUSDCU1
by カエレバ





話を戻すと、レコプラでは外部SDに保存できないっぽいです。やり方分かる人いたら教えて下さいな。
でも、アプリ:ムービーでnasneの録画一覧を表示させた画面で右上の設定ボタンを押すと保存先が指定出来ました。
20130428 144044


ここをSDカードに指定してから、ダウンロードしたい録画番組を長押しすると
20130428 144112


ここでダウンロードを選ぶと無事、外部SDへのダウンロード(保存)ができました。

ダウンロードした録画を見るには、ムービーのワイヤレスおでかけ転送を選びます。
20130428 144243


これで外出してnasneに繋がっていない状態でも視聴が出来るようになりました。
20130428 144249


ちなみに外部SDには、「ODEKAKE」「DTCP_MOVE」という二つのフォルダが出来てて、ODEKAKEが動画ファイル本体、DTCP_MOVEが著作権管理のデータフォルダのようです。



PCでもWebベースの「nasne HOME」「テレビ王国CHAN-TORU」での設定や録画予約は問題なく出来ます。
テレビ王国CHAN-TORUの画面表示はTablet zとPCでちょっと異なります。PC版Webはフレーム構成になってて左側にメニューが常に表示されるので扱いやすいです。TabletでもPC用の画面になってくれると助かるんですけどね。

PCでの番組視聴についてはちょっと話が長くなりそうなので別エントリーにします。いまのところ視聴は出来ていません。
あと、HDD増設についても後日まとめたいと思います。



とりあえずXperia Tablet zとnasneの組み合わせはバッチリ最高でした。
ようやくTablet zの使い道が見えてきた。

nasneいいですよ。


nasne (ナスネ) (CECH-ZNR1J)
by カエレバ



関連エントリー(続編:PCでの視聴とHDD増設)
PCでnasneテレビ視聴するために色々買い込んだ話
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-268.html

ブログ内検索


テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : Android XperiaTabletZ nasne amazon

プロフィール

skierbasser

Author:skierbasser
神奈川県横浜市
FITに乗ってます。
最近は近所でメバリングばかりです
AQUOS PhoneSH-02Eユーザーになりました

メバリング行ってみる?は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

最新記事
全記事
最新コメント
counter
Calender
カテゴリ
tag cloud
Pictlayer
Google+
つぶやいてみる?
amazonレビュー
ブログでレビューしたアマゾン商品 マウスを合わせるとその商品を紹介してるブログのURLが表示されますよ。