2013/06/23 (Sun)

bluetoothヘッドセット セレクションガイド

先ほどエントリーしたこれ↓の続きで、bluetoothヘッドホンを探してみました。

PCからXperiaへの楽曲転送をWiFiで行う
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-260.html


ヘッドフォンというか通話にも使えるマイクも付いたbluetoothヘッドセットなんですけどね。
いわゆるチラ裏ブログエントリーです。


■型番 定価(amazon価格)2013/04/14現在
商品リンク
メーカーURL
仕様
発売日

といった感じで洗い出してみました。

わたくし的には、カナルタイプで通話より音楽試聴メイン、充電があまり面倒で無いやつ(つまり連続音楽再生時間の長い)かつあまり重くないやつといった観点をベースラインに仕様を並べてみました。




●カナルタイプ

■DRC-BTN40K 7,980円(¥5,827)
SONY ワイヤレスステレオヘッドセット ブラック DRC-BTN40K/B
by カエレバ

http://www.sony.jp/headphone/products/DRC-BTN40K/
連続通話時間 約8時間
待受時間 最大340時間
質量 約3g(ヘッドホン部)/約20g (レシーバー部、充電池を含む)
充電時間 約2.5時間
約3g(ヘッドホン部)/約20g (レシーバー部、充電池を含む)
発売日: 2012/10/10



■DR-BT150NC 8,980円(¥ 6,448)
SONY ワイヤレスステレオヘッドセット BT150NC ブラック DR-BT150NC/B
by カエレバ

http://www.sony.jp/headphone/products/DR-BT150NC/
電池持続時間 :ノイズキャンセリング機能 オン時:約 3時間 / オフ時:約 3.5時間
連続待ち受け:最大60時間
充電時間 約2.5時間
約26g
発売日: 2012/7/19



■MDR-NWBT10N 6,980円(¥5,300)
SONY ウォークマン用 Bluetoothヘッドホン ブラック MDR-NWBT10N/B
by カエレバ

http://www.sony.jp/walkman/products/MDR-NWBT10N/
電池持続時間 :ノイズキャンセリング機能 オン時:約 3時間 / オフ時:約 3.5時間
充電時間 :パソコンのUSBコネクターからの充電の場合 約 2.5時間
約27g
発売日:2011年10月 8日


■MW1 10,800 円(¥ 7,853)
SONY ソニーモバイル スマートワイヤレスステレオヘッドセット MW1
by カエレバ

http://www.sonymobile.co.jp/product/accessories/mw1/index.html
通話:最大約11時間
音楽:最大約8.5時間
FMラジオ/MP3プレーヤー:最大約11時間/最大約12時間
好きなヘッドホンが利用できる3.5mmステレオミニジャック
最大2台までの機器が使用できるマルチポイント機能
通話時:ノイズリダクション機能、エコーキャンセル機能
発売日: 2012/7/18
※メールやSNSの表示など、クリップディスプレイの匂いがプンプンする。つまり地雷っぽいなと思うけど使わなければいいだけの話ともいえますね。
microSDカードリーダーライターなど付属品がスゴイ



■ MW600 7,980 円(¥5,750)
SONY ソニーエリクソン Bluetoothワイヤレスヘッドセットマイク付き ブラック MW600/B
by カエレバ

http://store.sonymobile.jp/epf05/EPF0502Init.do?shohin_cd=MW600
通話/ラジオ:約11時間、連続待ち受け:約500時間、音楽:約8.5時間*1
単独でも楽しめるFMチューナー内蔵
着信電話番号、電池残量、FMラジオ周波数や日本語楽曲タイトル*2などを表示する有機ELディスプレイ付き
3台までの機器が登録可能なマルチペアリング対応
通話/FM選局/曲送り戻し、音量調節、機器選択などシンプルな操作性
通話時:ノイズリダクション機能、エコーキャンセル機能
密閉型インナーイヤーヘッドホン付属
好きなヘッドホンが利用できる3.5mmステレオミニジャック*3
microUSB充電端子
発売日: 2010/5/21


■ Plantronics BackBeat GO ¥8,980(¥6,081)
【送料無料】プラントロニクス Bluetoothヘッドセット BackBeat GO ブラック BACKBEATGO [BACKBEATGO]
by カエレバ

http://www.plantronics.com/jp/product/backbeat-go
連続通話最大約4.5時間 | 再生最大約4時間 | 連続待受最大約10日間
13g
デジタル信号処理(DSP)と全二重方式エコーキャンセル
発売日: 2012/9/6
※ほとんどケーブルしか独特の形状。連続再生時間が残念!


■LBT-AVHP06SEBK ¥12,800(¥8,208)
Logitec Bluetooth ステレオヘッドホン カナルタイプ 高音質aptX/AAC対応 SpecialEdition ブラック LBT-AVHP06SEBK
by カエレバ

http://www.logitec.co.jp/products/bluetooth/lbtavhp06sebk/
音楽再生約6時間、連続通話6時間、待ち受け時間最大100時間
約13.5g
発売日: 2012/11/5


■ATH-CKS99BT
audio-technica SOLID BASS ヘッドホンアンプ内蔵 ワイヤレスステレオヘッドセット ATH-CKS99BT
by カエレバ

http://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=2271
連続通信時間 最大約6時間(音楽再生含む:SBC接続時) 待ち受け時間最大200時間
充電時間約3時間
約30g
発売日: 2012/12/14






●片耳タイプ(通話重視タイプ)


■ Plantronics M55 Bluetoothヘッドセット \5000程度?(¥3,660)
PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット M55
by カエレバ

http://www.plantronics.com/jp/product/m55
連続通話時間最大11時間 | 連続待受時間最大16日間 | スタンバイモード最大150日間
11 g
片耳のみのヘッドセット
発売日: 2012/6/21


■ Voyager Legend \10000程度?(¥6,608)
【国内正規品】 PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット Voyager Legend VOYAGERLEGEND
by カエレバ

http://www.plantronics.com/jp/product/voyager-legend
最大7時間/11日間
18g
発売日: 2012/11/15
※充電台があるのはいいなぁ





●オーバーヘッドタイプ


■ MDR-1RBT ¥41,000(¥ 24,552)
SONY ワイヤレスステレオヘッドセット 1RBT MDR-1RBT
by カエレバ

http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-1RBT/
連続音楽再生時間:約30時間/連続通話時間:約30時間/待受時間:最大200時間
約297g(内蔵充電池含む)
発売日: 2012/10/27

■ DR-BTN200 8,980円(¥6,308)
ソニー ワイヤレスステレオヘッドセット BTN200 ブラック DR-BTN200/B
by カエレバ

http://www.sony.jp/headphone/products/DR-BTN200/
連続通話時間 最大30時間 待受時間最大800時間
質量 約157g
発売日: 2013/2/10







オーバーヘッドタイプの連続音楽再生時間はかなり魅力的なんですが、耳を覆われると真冬ならともかく蒸れるし、音漏れするし、両サイドから押さえられて耳が痛くなるし、そもそも恥ずかしい。
音がいいのは重々承知ですが外で使う前提では除外せざるを得ない。

片耳タイプは電話オペレータみたいだし、ちょっと目立ちますよねー。
そもそも片耳なので音楽を楽しむには不向き。


そうなるとやはりカナルタイプしかないですねぇ。
バリエーション的には一番豊富なので選ぶのに悩ましい。

かなり発売日が古いんですが、今のところソニーモバイルコミュニケーションズ(旧ソニエリ)『MW600』が一番いいかなと。次点で『DRC-BTN40K』『MW1』あたりと思ってますが、もう少し考えてみたいと思います。




2013/06/23追記

ソニーモバイル、ワイヤレスヘッドセット3モデル『SBH50』『SBH20』『MBH10』を7月中旬より発売予定
http://www.sonymobile.co.jp/company/press/20130619_sbh50_sbh20_mbh10.html


ここは伸びると踏んでソニモバが3ラインアップで新機種投入してきましたね。
MW1→SBH50、MW600→SBH20という感じかと思います。
下記SBH20は並行輸入品のAmazon価格なので国内正規販売ルートでは5千円切るくらいだと思います。もし自分が買うならSBH20ですね。

これまでも個人輸入的な扱いはありましたが、国内正規品は7月中旬以降の販売です。輸入品は国内品と仕様が異なるかもしれません。リスクを取って早く買うかどうかですね。

■SBH50-B 定価?(\7,980)2013/06/23現在
ソニー ワイヤレスステレオヘッドセット SBH50-B
by カエレバ

http://www.sonymobile.co.jp/product/accessories/sbh50/
連続通話時間 最大7.4時間
待受時間 最大460時間
充電時間 約2時間
質量 約16.9g (ヘッドホンは含まず)
発売日: 2013/07/19

■SBH20 定価?(\6,600)2013/06/23現在
SONY ソニーモバイル Stereo Bluetooth Headset SBH20 ステレオワイヤレスヘッドセット ブラック 並行輸入品
by カエレバ

http://www.sonymobile.co.jp/product/accessories/sbh20/
連続通話時間 最大約6時間
待受時間 最大約200時間
充電時間 約2時間
質量 約12.5g (ヘッドホンは含まず)
発売日: 2013/07/M

■ワイヤレスモノラルヘッドセット『MBH10』 定価?(Amazon扱未定)2013/06/23現在
【送料無料】SONY ワイヤレスモノラルヘッドセット ホワイト [MBH10/W]【在庫目安:予約受付中】
by カエレバ

http://www.sonymobile.co.jp/product/accessories/mbh10/
連続通話時間 最大9時間
待受時間 最大360時間
質量 約 9.4g(イヤーフックは含まず)
発売日: 2013/07/M
スポンサーサイト




ブログ内検索


テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : Android XperiaTabletZ Bluetooth

2013/05/12 (Sun)

『Llama - Location Profiles』

GPSを使わないスマホWiFi自動切り替えアプリ『Smart WiFi Toggler』をオススメしてきたわけですが、もっと良い物を見つけちゃったので、いまはもうSmart WiFi Togglerは使ってません。
いや最近Smart WiFi Togglerでのアクセスが結構多くて自分が使ってないのに放置じゃ申し訳ないかなと。

参考エントリーGPSを使わないスマホWiFi自動切り替えアプリ
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-227.html


今使っているのは、こちら。
『Llama - Location Profiles』
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kebab.Llama

シンプルにWiFiを使った場所を自動的に記憶してWiFi機能のON-OFFをすべて任せちゃうならSmart WiFi Togglerも悪くないんですが、おなじ動作原理でWiFi機能のON-OFFできるだけでなく、ロジカルな思考が出来る人ならもっといろいろ出来ちゃいます。
逆に言うといろいろできるので設定が複雑で難しいです。単純にWiFi機能のON-OFFを自動化したいだけならSmart WiFi Togglerのほうが簡単で使いやすいと思います。

イベントドリブンなプログラムしたことがある人ならわかると思いますが、トリガーと処理、つまりどういうきっかけ(イベントトリガー)に対して、どういう処理をさせるかがプログラムできるアプリです。

とりあえず、Smart WiFi Togglerと同様の動き「家ではWiFiを有効にし、家を出たらWiFiを無効にする」が出来るように設定しつつ、説明します。


■場所
トリガー条件に場所という概念があり、場所の特定にはSmart WiFi Togglerと同様にGPSは使わずに携帯基地局情報を使います。(設定でGPSなど他の位置情報を使うことも可能)

20130510 215124


デフォルトで家と職場という場所がありますが、これらの場所情報を条件として使うのなら、それぞれの場所で学習させる必要があります。
例えば家に居るときに、家を長押しして「場所の学習を始める」を選ぶと今からどれくらいそこに居るのかきかれるので適当な時間を指定するとその間の基地局情報を学習してくれます。

携帯基地局情報についてはSmart WiFi Togglerの紹介の時に推測でいろいろ書いてますのでそちらを参照下さい。
Smart WiFi Togglerのもうちょい詳細な話
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-228.html

職場で8セルと表示されているのは職場の敷地内の建物をまたがり長時間学習させたのでその間に携帯につながった基地局が8個あったということです。
また職場でもオフィスと工場で全く別の場所だとしても同じ職場として扱いたいのなら、それぞれの場所で職場として学習させれば、オフィスでも工場でも職場として認識させることが出来ます。
逆に別の場所として処理を変えたいのなら、画面下の+ボタンで新たに工場という名前の場所を登録することも出来ます。

同様に他の場所を学習させ、それを条件にすることも出来ます。


■イベント
20130510 215109


ここにもデフォルトでイベントが設定されています。
「職場では静かに」「夜は静かに」「職場を出た-普通に」などです。
静かとか普通とかは次のモードの項で説明します。

イベント編集画面
20130510 215255


「家ではWiFiを有効にする」を設定してみます。
イベントの画面の下の方にある「+」ボタンを押して新規イベント編集画面を出します。
イベント名とグループをタップし「家WiFi有効」とか後で自分がわかるような名前を付けます。
条件追加ボタンを押して、数ある条件の中から「場所に入る/居る」を選びます。そうするとどこ場所か聞かれるので「家」を選びます。
次に動作追加ボタンを押し、数ある条件が整ったときの動作の中から「WiFi」を選び、さらに「WiFi使用」を選びます。

これで家に居る間はWiFiが有効になりました。

「家を出たらWiFiを無効にする」
今度は家を出たらWiFiを無効にします。
やり方は上の手順と同様です。

一つのイベントで条件や動作は複数設定できます。


■モード
20130510 215137


デフォルトで大声、普通、静粛、黙止の4つのモードがあります。
それぞれ着信音や通知音、音量など細かく指定することが出来ます。なにもいじらなくても良い感じで動作してるので特に設定していません。
特に就寝時の通知音とか便利です。職場では着信音を変えるなんてのもここら辺を設定すれば簡単ですね。
またイベント条件に依らず今は黙止モードにしたい!なんてことも可能なようです。


■近況
20130510 215236


最近の位置情報をどう認識しているか確認できる画面です。
ここで例えば、場所の学習が不十分で家に居るのに家と認識していないならその行を長押しして学習させることも可能です。
この画面はそれ以外いじることがない唯一シンプルな画面です。


ほんとにいろんな事が自動化できます。
例えば最近買ったBluetoothヘッドセットMW600で音楽を聴くときスマホ側の音量を上げておかないと音量バランスが悪いなら、「BluetoothでMW600が接続されたとき音楽/メディアの音量をいくつに設定する」なんてことも出来ちゃいます。



最後にイベント条件と動作でどんなことが指定出来るのか列挙しますね。
■イベント条件
20130426 150951

20130426 151000

20130426 151008

20130426 151015

20130426 151023


■動作
20130426 151034

20130426 151047

20130426 151053

20130426 151106

20130426 151115

20130426 151126

20130426 151137



なんというか、いろいろありすぎて困っちゃいますね。

ブログ内検索


テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : WiFi SH-02E Android スマートフォン アプリ Bluetooth

2013/04/26 (Fri)

bluetoothヘッドセットMW600買ってみた

SONY ソニーエリクソン Bluetoothワイヤレスヘッドセットマイク付き ブラック MW600/B
by カエレバ




最近ここ半年くらい、無線なデバイスを買うことが多くなってきました。

WiFi
タブレット:Xperia Tablet Z(WiFi版)
スマホ:シャープアクオスフォンゼータSH-02E
デジカメ:Canon デジタルカメラ PowerShot S110
アクセスポイント:NEC Aterm WR8750N

bluetooth
タッチパッド付きキーボード:Riitek Rii mini Bluetooth keybord

2.4GHz RF電波方式
マウス:リングマウスプラス 指マウス 400-MA040
マウス:LOGICOOL ワイヤレスマウス マラソンマウス Unifying対応レシーバー採用 M705r
マウス:LOGICOOL エニウェアマウス M905r
キーボード:LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270


ちょっと前まで周囲でワイヤレスマウス使ってる人見ても、電池が必要だし別に線があっても邪魔じゃ無いんだからね。とか思っていたんですが。
なぜツンデレ風なのか小一時間自問したい。orz


確かに無線デバイスは電源が必要なので必ず充電もしくは電池交換が必要だったりする点が短所です。
一方で有線の呪縛から解放されることが一番の長所ですね。

携帯電話も固定電話という有線の呪縛からの解放と言えるんじゃないでしょうか。


一度有線の呪縛から解放されるとなかなか有線には戻れません。一昔前なら無線は有線に比べて速度が遅いとかデメリットが大きかったと思うのですが、最近はかなり早くなってあまり気にならなくなってきました。


そんな中、最近買ったXperia Tablet Z(WiFi版)、スマホには無い画面の大きさを何に使うのか?買ってから考えてみたんですが(笑)、外でSNS系の情報を見たり投稿したりWebブラウジングしたり、あとは音楽を聴いたり動画をみるくらいかなと。

で、一応Tablet zにはステレオ内蔵スピーカーがあってそれなりにいい音なんだけど、外では回りに迷惑だから基本イヤホンでの運用となる。

ただTablet zのイヤホンジャックは防水カバーが付いてる。頻繁に開け閉めすると防水性能が劣化するので使いたくない。

じゃあイヤフォンも無線でというわけで、bluetoothヘッドセット買ってみた。

ようやくタイトルに繋がった。(相変わらず前書きが長すぎ。サーセン)

買う前にネットリサーチしてみた。

bluetoothヘッドセット セレクションガイド
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-261.html



で、結局ここらへん↓を決め手に、ソニエリMW600を買いました。
発売日:2010年 5月21日でいまだに価格.com売れ筋3位、amazon4位
連続再生時間:8.5時間
曲名日本語表示、着信電話番号、電池残量などを表示する有機ELディスプレイ
3台までの機器が登録可能なマルチペアリング対応



こんなパッケージでした。
20130426 145014


裏面
20130426 144623


なぜこのメガネ男性の写真なのか?昔のFANTAVISION [PlayStation2]のステージクリアの映像を彷彿させる(と言って分かる人おらんやろぉw)。

本体:まあちっさいです。
IMG_0090.jpg


充電器:ACパワーアダプターから直接MicroUSBコネクター
IMG_0089.jpg


ACパワーアダプターにUSBコネクターがあって、それとUSB-MicroUSBコネクターのケーブルが付くのが普通だと思うので、ちょっと珍しいです。
ちょっとかさばるので持ち運びには向かない感じ。スマホなどと同じ充電接続なので困ることは無さそうです。

その他付属品一式
IMG_0088.jpg


イヤホン、サイズの異なるイヤーパッド、保証書など

イヤホンのケーブルは左が短く右が長いです。
IMG_0098.jpg


ちょっと使ってみましたが、音がこもり気味な感じがしたので、手持ちのaudio-technica ATH-CKM77を使ってます。

ステレオミニジャックで本体と接続なのでイヤホンは好きなものに交換出来ます。
IMG_0095.jpg


電源スイッチと充電用MicroUSB
IMG_0094.jpg


操作スイッチ:[|<<] [>||] [>>|]
IMG_0091.jpg


音量スイッチ
IMG_0093.jpg


音量操作がちょっと特殊です。一度全体にすーっと撫でてから、左右にスライドすると音量調整ができます。慣れるまで違和感あるはず。

通話口と通話ボタン(右端部分)
20130426 175731


裏面はクリップ
20130426 180823


イヤホンジャックを右側に持つ(多分これが正しい向き)と手前の側面に[|<<] [>||] [>>|]、奥の側面に音量スイッチ、正面右側に通話スイッチ、右側面にイヤホンジャック、左側面には電源スイッチという配置になります。
実際に持ってみないと伝わらないと思いますが、スイッチだらけでどこを持って良いのかよくわからないです。

操作を禁止するロックスイッチがあれば良いんですが、ワイシャツの胸ポケットにクリップして上着を着たりすると擦れて誤操作することがまれにあります。
まあ、それより操作しようと持ったときに意図しないボタンを押してしまうことのほうが多いと思います。
たぶん左右の端っこ側面を挟んで持つのが正解なのだろうと数日使って分かってきました。




bluetoothのペアリングはさほど難しいことはありません。
 MW600の電源を長押ししてペアリングモードにする
 スマホなどでbluetoothを有効にする
 スマホなどのbluetooth設定画面に表示されたMW600をタップする
これでペアリング完了です。

MW600を使い終わったら、電源スイッチを押し続ければOFFになります。ピポ音とMW600にソニエリ表示が流れてOFFになったことがわかります。

電源ON-OFFで出てくるソニエリ表示
20130426 190825


次回以降は、スマホなどのbluetoothを有効にした状態で、MW600の電源をしばらく押すと電源OFF同様に音とMW600にソニエリ表示が流れ、そのまま使えるはずです。


音楽再生で使うと、楽曲名が表示されます。
アルファベットはもちろん
20130426 190707


日本語も表示されます
20130426 190714



便利ですが、MW600は胸ポケットやTシャツの首のとこあたりにクリップして使うと思うので人様に見せられないような曲名を再生するなら気をつけましょう。






マルチペアリング
最大3台のデバイスとの接続情報を保持出来ます。いちいちペアリングしなくても良いということです。同時に繋がるわけではないです。
自分はスマホSH-02EとXperia Tablet zをペアリングしました。

MW600の電源を入れると基本的に最後にペアリングしたデバイスに接続されます。
試しにSH-02Eに接続しておき、一旦MW600をOFFにしてスマホのbluetoothを無効にしてからMW600をONにするとTablet zに繋がるのかと思ったら繋がりませんでした。

接続するデバイスを切り替えるには、再生ボタン[>||]を長押しすると接続機器選択表示になります。
20130426 190558


左から、FMラジオ・タブレット・スマホのアイコンです。タブレットアイコンはホントはPCアイコンのようですがスマホとタブレットでアイコンが異なるのでむしろ良いです。
ここで音量調整をスライドすると選べるようになってます。
20130426 190605


タブレットを選択してみた
20130426 190623




ちなみにここでFMラジオを選択するとFMラジオが聴けます。
20130426 190620


FMラジオ画面
20130426 192050


アンテナはイヤホンケーブルだと思いますがあまり強力では無いので電波の強いラジオ局でないと使い物になりません。

選局は早送り・巻き戻しボタン
20130426 192217





で、実際に外で使ってみての感想ですが、ノイズもなく音質も特に有線と比べて悪い印象はありません。タブレットやスマホを鞄に入れて電車の網棚においてても普通に使えます。なにかの拍子に一瞬音が途切れることが稀にありますが、頻繁に途切れるわけでも無いので気になりません。
気になるのは、持った時や服や満員電車などで何かに接触した時に意図しないスイッチ操作をしてしまうことですね。
あと基本操作は、再生・巻き戻し・早送りだけなので、本体側で選んでおけば済む話ですがアルバムとかアーチストとかの選択などの操作はできません。

当たり前ですが、スマホに繋いで音楽聞いてても、着信があれば音楽は止まるので便利。ディスプレイに相手の電話番号が表示されます。
電話をかけるにはスマホを操作する必要がありますが、最後にかけた番号にはスマホを操作すること無く通話ボタンを二度押しするとかけられます。


そう言えば、昨日通勤電車でMW600使ってる人見かけました。たぶんこれまでも視界には入っていたのでしょうがスティック型のMP3プレイヤーとしか見えないのでbluetoothヘッドセットとは気付きませんね。


20130426 204322

これまで音楽プレーヤーはウォークマンNW-S738Fってやつ使っていたんですが4年半使ってかなりバッテリーがへたってきました。
カード型?なのでイヤホンケーブル短めで胸ポケットに入れて使ってました。ケーブルは短い方が絡みづらいと思うんですよ。
スマホを音楽プレーヤーにするにはもうちょい長いケーブルが必要なので踏み切れないでいたのですが、MW600ならもうウォークマンはいらないかなと思い始めました。
世間でもそんなわけか、携帯音楽プレーヤーの売上が落ち込んできてるらしいです。



ディスプレイは、シャープのクリップディスプレイ以下の表示能力ですが、何も表示が無いより使いやすいのではないでしょうか。
参考:CLIP DISPLAY クリップディスプレイを使ってみた
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-232.html

なぜクリップディスプレイはイヤホンジャックを付けなかったのか?惜しいですね。


シャープのおまけ:クリップディスプレイ的なガジェットが欲しいなら、ソニモバのMW1が良いかもしれません。
SONY ソニーモバイル スマートワイヤレスステレオヘッドセット MW1
by カエレバ






マウス選びの時にどこかに書いてあったんですが、bluetoothは消費電力が大きいらしいので、LOGICOOLなど多くの無線マウスはbluetoothではなく独自の通信方式で接続しているようです。標準規格なので省電力の工夫ができないらしい。

省電力なbluetooth4.0という規格もあるらしいが、伝送速度が低いのとこれまでのbluetoothとは互換性が無いのでヘッドセットには向かないのかも。



自分的にはMW600買って良かったな。と思ってます。数年経つとまただいぶ進化しそうな分野です。


SONY ソニーエリクソン Bluetoothワイヤレスヘッドセットマイク付き ブラック MW600/B
by カエレバ







※2013/05/11追記
Bluetoothいいなってことで、自作PCでも使えるように、Bluetooth USBアダプターを買いました。

PLANEX Bluetooth Ver3.0+EDR Microサイズ USBアダプタ (Class1/100m) BT-Micro3E1XZ [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
by カエレバ



amazonのフラストレーションフリーパッケージ(FFP)版ということで簡素なパッケージになってます。
20130507 181852


中身はこんな感じ。
20130507 182411

極小のUSBアダプタと取説、USBドライバーです。

こいつをPCのUSBポートにぶっさしたらなんかドライバーが自動的に入ったので付属のCDは使わずにそのまま使えるかと思ったんですが、ダメでした。
どうダメかというと、PC側ではBluetoothポートが出来た感じになってる。でMW600をペアリングしてみたら、ペアリングは出来るのですが、PCのコンパネ>デバイスマネージャー上にMW600が不明なデバイスという形でうまく認識してくれない。当然音も出ない。

いろいろ試行錯誤しながら調べて行くとどうやらBluetooth USBアダプターのドライバーをちゃんと入れないとダメって事がわかった。

CD入れるのは面倒なので、ネットから最新のドライバーを入れてみた。

BT-Micro3E1X ドライバ
http://www.planex.co.jp/support/download/bluetooth/bt-micro3e1x/driver.shtml




今度はすんなり、MW600を認識してくれました。
マニュアルくらいちゃんと読んでセットアップしようよって話。
20130511 164301

こんな感じでBluetooth接続するとエクスプローラでもMW600が出てくるので、ここで普通にスピーカーで聴くか、MW600で聴くか切り替えることも出来ます。


これで何が便利かっていうと、もちろん従来からヘッドフォンを直接PCに繋いで聴くことは出来てたわけですが、ヘッドフォンで音楽聴いていてちょっと席を離れるようなときにいちいちヘッドフォンを外さなくて良いという些細なメリットなんですが、意外とこれ良いんですよ。
PC音源をヘッドフォンしたまま自由に歩き回れる。隣の部屋とかトイレとか余裕で繋がったままです。
これまでだとヘッドフォンを外して移動するか、移動せずに我慢していた当たり前の縛りから自由になれる。

で、普段MW600は外で使っているので、audio-technica ATH-CKM77というヘッドフォンを使ってるんですが、実はこのヘッドフォンあまり気に入ってない。高音が強調され低音の迫力が無いんですよ。

家でヘッドフォン使うときはこれではなく、たった1500円のヘッドフォンを使ってる。こっちのほうが音は良いからね。

1500円のヘッドフォンの話 CRESYN オーバーヘッドホン C515H
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-211.html



で、最近マイブームのJAZZを聴いてみた。




普段は格安PCスピーカーの割りに音が良いと評判のロジクールZ120です。

ロジクールスピーカー Z120BW買ってみた
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-221.html



PCスピーカー:Z120
Bluetooth+ヘッドフォン1:MW600+ ATH-CKM77
Bluetooth+ヘッドフォン2:MW600+ C515H

この3つで聞き比べて、全く違うのでビックリした。C515Hだけ、ずば抜けていい音です。
低音から高音まで、様々な楽器の音が聞き分けられるし、音場ってゆうんすかね?それぞれの位置関係がものすごくハッキリしてる。
JAZZってそこらへんの違いがものすごく出る音楽なのかも知れない。

ただ、外に持ち歩くには邪魔くさいのと、MW600との組み合わせだとケーブルが長すぎるあたりが欠点かな。
家の中で音楽を楽しむには、MW600+ C515Hの組み合わせはなかなか良いですよ。

ネットで話題になった時は入手困難でしたが、最近は普通に買えるみたいです。

CRESYN ヘッドホン C515H ホワイト C515H-WH
by カエレバ


ブログ内検索


テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : Android XperiaTabletZ Bluetooth SH-02E amazon

2013/04/21 (Sun)

Tablet z WiFi版が届いて1週間のレビュー

ソニー Xperia Tablet Z WiFi SGP312メモリ32GB ブラック
by カエレバ



いまだにTablet zと同時に別の楽天の店で注文したカバーとクレードルが届いていないので、持ち歩けてないです。さすがに丸裸でカバンに突っ込むほど漢じゃない。スマホもフラップタイプのケースを愛用していて収納するときに液晶面のカバーが自分的には必須。
そんなわけで自宅以外で実質使ってない状況でぽちぽちいろんな事を試している、そんな感じでのレビューになります。

先に1週間目の結論を言っちゃうと、そんなに悪くも無いですが、値段が他のタブレットと比べて数万円高い価値があるのかと言われると、う~ん他の人をオススメできるほどじゃないなという印象です。

おもに今使っているスマホ、シャープSH-02Eとの比較になります。

■薄さ・軽さ
これは他と比較して独走してるんじゃないでしょうか。しかも防水/防塵。
オムニバランスデザインいいんじゃないでしょうか。

■背面の手垢具合と液晶面の汚れの少なさ
ハダカで手のひらにのせてると背面はこんな感じで結構汚いです。
20130414 163155

一方で液晶面は意外と指紋が目立たない感じです。(保護フィルム無し)
20130414 163733

液晶面の汚れにはiコロコロがオススメ
参考:スマホにiコロコロが気持ちよかった話
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-222.html


■内蔵スピーカー
携帯するデバイスとしてはなかなかいい音。これはステレオってこともあるんでしょうが、後述する音質調整が効いていると思います。

■映像
ブラビアエンジンが効いているのか美しい。ような気がします。もともと入ってるデモ用の動画はそれ用にチューニングしてあるのかも知れません。

■設定切り替え画面
※写真をクリックすると拡大表示
20130421 155239


これはSH-02Eのほうが好みに合ってます。切り替えスイッチがこんなにあります。
2012-12-01 020648

自分に必要なボタンを上に配置することで通知表示枠をつぶすことなく欲しいスイッチが配置できます。
2012-12-01 002207


これに比べるとソニーの設定切り替え画面は作り込みが甘過ぎ。シャープの出来の良さが際だちます。


■キー入力
タブレットなのでソフトウエアキーボードでのQWERTYキー入力はやりやすいです。ただ数字キーが別画面なのはいただけません。手書き入力はSH-02Eと同等の書きやすさで、一文字を2文字に認識されたりその逆の時に連結して認識したり調整出来るのはSH-02Eにはない機能です。タブレットで10キー入力する奴おるんか~?って感じですが、PC使わない携帯キーに慣れてる人には良いのかもしれません。自分は使いませんけどね。

参考:Xperia Tablet Zでタッチパッド付きキーボードを使ってみた。
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-262.html


■画面サイズ
1920×1200ピクセルということで、フルHDサイズ(1920×1080)より縦に120大きい。これは縦置きでブラウジングするときに横に120広く表示できるので結構いいです。
横表示
20130416 213806

縦表示 画面に表示される情報量が全然違うでしょ。
20130416 213609


■WALKMAN
ここはさすがにソニーといった感じでタブレットの特性を生かしてビジュアル的にも楽しめるアプリになっています。
音質調整
ここもソニーのこだわりが感じられます。
20130421 162413

イコライザ
20130421 162425


Clear Audio+モードは、細かな設定不要ですべておまかせ設定になる
xLOUDを有効にするとやたら音量が上がるので要注意です。

動画再生でも同様の音質設定は、ムービーの動画再生画面の設定からできます。
20130421 171123


■機器連携
機器連携については対応する機器が無いと話にならない。思わずnasneを買おうとしたけどそもそもほとんどテレビを見ないのに必要なのか?って事で思いとどまってます。結局ネットワーク対応地デジレコーダーは買いそうな予感はあります。
ムービーアプリなどで、WiFiで繋がってる自宅LANのPCなどが出てくるんですが、まだ使いこなせていません。


■NFC Androidビーム
Androidビームは、携帯の赤外線に代わるような近接通信なんですが、大したデータは送れないし、まあ携帯の連絡先交換くらいの使い道でしょうか。
Tablet zとSH-02Eでビームしてみました。SH-02Eの連絡先をTablet zに送ってみました。
それぞれのデバイスでNFCを有効にします。

Tablet z:設定>その他の設定>NFC
20130416 213951

SH-02E:ショートカットボタンにあるNFCに有効にする
20130416 214116


双方でNFCを有効にしておき、例えばSH-02Eで送りたいアドレス帳を表示しておきます。
20130416 212953


双方のNFCマークを物理的に近づけるとピロリンと音が鳴り、送り元のSH-02E側の表示が「タップしてビーム」と表示されます。ここでタップすると送る事が出来ます。
20130416 213009


Tablet z側で受信されました。これで連絡先が保存できます。
20130416 213049


ふ~んて感じですね。
画像とかも送れるのか試してみたんですが、うまく行かずさほど使い道も無さそうなのであきらめました。


■バッテリー
バッテリーの最終評価は1ヶ月くらい使ってバッテリーが馴染まないとできませんが、速報的に言えば良くないです。
自宅に放置して、一日経過すると100%→80%くらい減ってます。各種同期などのチューニングをすると多少は改善されるかも知れません。
iPad(SB3Gモデル)も基本自宅に放置ですが、iPadは充電せずに1週間くらい余裕です(会社の緊急連絡用で普段全く使ってないwww)。同じタブレットとしてそのくらい持つかなと期待していましたが、Tablet zはスマホ同様毎日充電が基本な感じです。
一方スマホはIGZO搭載スマホSH-02E。スマホは毎日外を持ち歩いてドコモの電波つかみつづける分電気を消費しているにも関わらずSH-02Eの電池の減り方は緩い。IGZO効果がすごすぎという面がありますが。
SH-02EのLTEを無効にしてみたら、ものすごく電池が減らなくなりましてね。朝、満充電で出社してあまり触りませんが夕方の時点で93%くらい。普段の使い方なら二日は余裕で持ちます。(IGZO自慢サーセン)

WiFiモデルには、電源管理でSTAMINAモード(なぜ、「スタミナモード」でないのか?)があります。スタミナモードを有効にしたときのメッセージがなぜか英語なのも謎。
20130416 190320


スタミナモードの効果などの評価はまだできていません。バッテリーが馴染んでからいろいろ試してみたいと思います。


■タッチパネル
世間ではタッチパネルの挙動がおかしいという話が上がっているようです。ノートアプリで線を引くと途切れるらしい。自分の場合は問題無いです。
スタイラス(タッチペン)はソニーが使えませんと断言しちゃってるし、保護フィルムが悪さしたり、ケースに入れるなど本体が周囲から絶縁されるとダメという話もあります。自分の場合ケースがまだ届かないのでハダカ持ち、保護フィルムも貼らないので問題が起きてないだけかも知れません。
あ、あとタブレットの持ち方によっては誤タッチが起きる。手のひらに乗せるように持つというか置く感じでは問題無いが、端っこの方を親指を液晶側に添えていわゆる持つ感じにすると微妙にたわむせいか誤タッチする。
なぜか突然Google Nowが起動して、なぜかと思ったら、ホームボタン長押しの挙動だと判明。いまのところGoogle Nowいらないかも。もう少し日本人のライフスタイルというか、人それぞれのライフスタイルに合わせて、これはいいなと思えるようなサービスになって欲しい。
参考:Google Now のオン/オフを切り替える
http://support.google.com/websearch/answer/2824784?hl=ja&ref_topic=2847924


■Bright Keep
シャープのスマホSH-02Eの機能なのですが、Bright Keepといって持ってる間は勝手に消灯しない素晴らしい機能がありそれに比べると、無操作設定時間をすぎると勝手に消灯されるところが当然なのかもしれないが残念。

■カメラ
カメラについてはまだほとんど使ってないので、別途まとめたいと思います。カメラには少々期待してる。撮影した画像を10インチ液晶で確認できるのは大きいですよね。デジカメで撮った画像をWiFi接続したTablet zで確認するなんて使い方もありますし。






全般にTablet zを使うことによってSH-02Eの良さを再確認するような状態になってる。


買う前から不安だった「使い道がイマイチ定まっていないんだけど、どうしよう。」が現実味を帯びてきた今日この頃です。
通勤電車で使うにはちょっと大きすぎかな。出張の移動中に使うには良い感じ。
そうなると動画鑑賞メインで、動画を入れるmicroSDとBluetoothイヤフォンがあった方が快適だなと昨日amazonで頼んでおきました。


Transcend microSDHCカード 32GB UHS-I対応 変換アダプタ無し 永久保証 TS32GUSDCU1
by カエレバ



SONY ソニーエリクソン Bluetoothワイヤレスヘッドセットマイク付き ブラック MW600/B
by カエレバ




関連エントリー
Xperia Tablet Zでタッチパッド付きキーボードを使ってみた。
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-262.html

bluetoothヘッドセット セレクションガイド
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-261.html

PCからXperiaへの楽曲転送をWiFiで行う
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-260.html

Sony Xperia Tablet Z WiFi版が届いたよ
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-259.html

ブログ内検索


テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : Android XperiaTabletZ Bluetooth amazon

2013/04/20 (Sat)

Xperia Tablet Zでタッチパッド付きキーボードを使ってみた。

Xperia Tablet ZでRiitek Rii mini Bluetooth keyboard RT-MWK02というBluetoothタッチパッド付きキーボードを使ってみました。
2013-01-21 210032



Bluetoothってブルートゥース、ブルーツース、青歯とか呼ばれたりしてますが、日本語だとどれもピンとこないです。

Bluetooth名称の由来 ~出典wikipedia.org~
名称はスウェーデンのエリクソン社の技術者がつけたものである。初めてノルウェーとデンマークを交渉により無血統合したデンマーク王、ハーラル・ブロタン・ゴームソン (Harald Blåtand Gormsen / Haraldr blátǫnn Gormsson) に由来している。Blåtandを英語の音に写したものがBluetoothである。「乱立する無線通信規格を統合したい」という願いが込められている。
Bluetooth のロゴは、北欧の長枝ルーン文字(イェリング墳墓群の石碑に見られる)でハーラル・ブロタンの頭文字の H と B を組み合わせたものに由来する。

ブロタンの英語読み?なるほど、わからん。むしろ、「ブロたん」もしくは「ブロタソ」でよかったんじゃ・・・


最近はいろんなBluetoothデバイスが出てきていますね。

実は今日Bluetoothヘッドフォン(ヘッドセット)を買いました。
bluetoothヘッドセット セレクションガイド
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-261.html

先週いろいろピックアップしてどれも決め手に欠ける感じで悩んだんですが、結局MW600をamazonで購入。
それが届くのはしばらく待つとして、手元にあったタッチパッド付きキーボードをXperia Tablet Zで使ってみたのでエントリーしますよ。



Riitek Rii mini Bluetooth keybord
by カエレバ



こいつのいいところは、キーボードだけじゃ無くて、タッチパッドが付いているのでマウス操作もできちゃうことです。BluetoothキーボードとBluetoothマウスがこれ一台でいけちゃう優れものです。

両手で持って使うタイプの、カバンにこそっと入れておけるコンパクトなキーボードですから、普通のバリバリ打てるキーボードを探しているのならココじゃ無いです。他を当たってください。

このキーボードについては以前にエントリーしてまして、付属品や外観などのほか、スマホ AQUOS PHONE ZETA SH-02E、REGZA PhoneT-01C、iPad、タブレットPC LuvPad WN701(Windows7)などと繋いでみた結果を書いてます。

タッチパッド付きミニブルートゥースキーボードを買ってみた。
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-239.html


実際に試してみると接続する機器によってキーボードが効かないとかタッチパッドが効かないとか色々あるんですが、詳しいことはそっちのエントリーを見てください。
あ、Xperia Tablet Z ではRiitek Rii mini Bluetooth keyboardはキーボードもタッチパッドも問題無く使えましたよ。


じゃあ、まずはBluetoothデバイスのペアリング手順から紹介しますね。
※写真をクリックすると拡大表示

Tablet zで、Bluetoothを有効にする。
20130417 213407


接続可能なBluetoothデバイスを探しています。
20130417 213419


キーボードの電源を入れ、Bluetoothキーボードの左上Bluetooth接続ボタンを押す。

使用可能な機器にBluetooth3.0Macro Keyboardが表示される。
20130417 213706


出てきたBluetooth3.0Macro Keyboardをタッチ。
ペア設定するには「(4桁の数字)」を入力してから、Return・Enterキーを押せ!と言われる。
20130417 213722


Bluetoothキーボード側で4桁の数字と最後にEnterキーを押すとペアリング完了。
Bluetooth3.0Macro Keyboardの下に「接続」と表示されればOKです。
20130417 213744


これで接続完了です。

初めての接続の時だけこのペアリング操作が必要です。

次回以降は、Tablet zでBluetoothを有効にし、Bluetoothキーボードの電源をONにするだけで接続出来ます。
※再接続の時にBluetoothキーボードのBluetooth接続ボタンを押してしまうとまたペアリングのやり直しになるので押さないように。





では、実際に使ってみます。

■パッチパッド(マウス)操作

2013-01-21 210223


このキーボードのタッチパッドを触ると画面上にマウスポインターが出てくるんですが、スクリーンショットでは撮影できないのでスマホで撮影してみた。
20130417 214751


Tablet z画面の時計表示の左にマウスポインターがあるのがわかりますかね。
タッチパッドを指でなぞるとこのポインターが移動します。タッチパッドをタップすれば本体をタップしたのと同じように操作ができます。
タブレットは画面が広いのに比べてタッチパッドが小さいのでポインターを画面の端から端まで長距離移動させるには2~3回なぞる必要があります。



■キーボード操作

2013-01-21 210231


メモ帳でキーボード入力すると、ソフトウエアキーボードが表示されないので広い画面がそのまま使える。
推測候補の表示だけは出てきます。
20130417 215506


普通のキー入力だと画面の半分はソフトウエアキーボードで見えなくなってしまいますがBluetoothキーボードなら画面がそのまま見えるのでとても使いやすいです。
20130420 191013


日本語入力・英字入力切換はこのBluetoothキーボードの場合、チルダキー(右上バックスペースキーの下)です。



■上下左右キー

十字(上下左右)キーが結構便利です。
テキスト入力時のカーソルが自由自在に操作出来ます。タッチだと微妙な調整にイライラしがちですよね。Android4.0からだいぶマシにはなりましたが。
20130417 221044
こんな風に範囲選択するのも、十字キー始点にカーソルもっていき、Shiftキーを押したまま終点まで十字キーでカーソルを移動すればOK。

さらにショートカットで、Ctrl+Cでコピーし、カーソルを貼り付けたい場所にもっていって、Ctrl+Vでペーストできる。(Ctrl+xでカットもできますよ)
20130417 221431

コピペ大好きな人、歓喜でしょ。これは。




■その他

ちなみにメモ帳などではEscキーを押すとホームボタンをタップと同じでした。アプリによって異なるようです。


Chromeブラウザでは十字キーで画面スクロールできます。
Fn+十字キーの上下でページスクロール(画面半分くらい一気にスクロール)です。
ChromeブラウザではEscキーではホーム画面に戻れず。タッチパッドで画面下のホームボタンをタップすればもちろん戻れます。


さすがにピンチイン・アウトは出来ないようです。

左クリックボタンを押しつつタッチパッドを操作するとスワイプのようだが、少々コツがいる。というかこのキーボードでスワイプ操作はあまり使い物にならない。

ホーム画面のスワイプは少々厳しいが、十字キーで左右に移動出来る。

20130417 223706

ホーム画面で十字キーを押すとこの画面左上Google部分のように水色で枠が付く。これはアイコンが選択されている状態。
十字キーで選択が移動する。今の状態で十字キーの左を押すと左のホーム画面に移動する。

Alt+Tabは、Windowsと同じようにウインドウの切り替えです。Androidのタスクボタン?ホームボタンの右にある最近使ったアプリ呼び出せる機能に近いけど、ちょっと違う。
20130420 201001

タスクボタンの無かった以前のAndroidではホームボタン長押しでこの画面が呼び出せたようです。
Tablet zでホームボタン長押しはGoogle Nowへのショートカットですね。これはAndroid4.1の機能なのかも。

2011.07.12のライフハッカーの記事
ホームボタンの長押しで最近使ったAndroidアプリ一覧を表示
http://www.lifehacker.jp/2011/07/110704recentapps.html




とりあえず気がついたことはこんなところです。
いろいろキーを押してみるとまだ発見があると思います。



Riitek Rii mini Bluetooth keybord
by カエレバ







ソニー Xperia Tablet Z WiFi SGP312メモリ32GB ブラック
by カエレバ



そういえば、ソニー純正のTablet z用キャリングカバーとクレードル、楽天でオーダーしたのですが納期未定ということでまだ届きません。
ソニーストアでカバーを見ると、※ 現在キャリングカバーはご購入いただけません。とか書かれてますね。
amazonであれ?売ってるじゃんと思ってよく見てみたらTablet s用だったりするので気をつけてくださいね。

とりあえずクレードルだけでも欲しいんですが、amazonじゃないから分納できないらしい。融通聞かせて欲しいところです。クレードルも品薄気味で売ってても注文した額よりもかなり高いので我慢するしかない。




ということでTablet z購入を検討されている方は、本体よりも周辺機器の納期を心配した方がいいです。


ソニー Zシリーズ用キャリングカバー(ブラック) SGPCV5/B
by カエレバ



ソニー Zシリーズ用クレードル SGPDS5
by カエレバ


ブログ内検索


テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : Android XperiaTabletZ Bluetooth amazon

プロフィール

skierbasser

Author:skierbasser
神奈川県横浜市
FITに乗ってます。
最近は近所でメバリングばかりです
AQUOS PhoneSH-02Eユーザーになりました

メバリング行ってみる?は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

最新記事
全記事
最新コメント
counter
Calender
カテゴリ
tag cloud
Pictlayer
Google+
つぶやいてみる?
amazonレビュー
ブログでレビューしたアマゾン商品 マウスを合わせるとその商品を紹介してるブログのURLが表示されますよ。