2009/04/05 (Sun)

ようやく満開?

前回、開きにしてブルーハンガーに託したアイナメとカサゴは二日間にわたり夕食のおかずに
なりましたが、アイナメは思ったほど旨味はなくスカスカした感じでした。産卵後?
カサゴの方はあぶらも乗っててうまかったです。


サクラも開花から10日以上経ってようやく満開近くになりましたね。
ここ数日は、会社の喫煙コーナーから見えるサクラがたばこを吸うたびに花が開いていく様は
春の足音を実感できます。


春の足音以上にタモの必要性を実感していたので釣具屋さんをうろついていましたが、
タモって高いんですね。棒だけで5万円とかあり得ないお値段。安いものは数千円から
ありますが、継ぎ手が少なくて長い・重い・ダサイと三拍子揃ちゃって微妙すぎ。

同時に釣り竿もなんとなくこれが良いかなってのをネットで調べて釣具屋で実際に
見てみたかったんだけど、狙ってる竿が見あたらない。というかメーカーも多いし
メーカーの中での種類も多すぎて・・・

探すのも面倒なんで、ネットでネットを買っちゃいました。(さぶっww)
http://www.naturum.co.jp/item/item.asp?item=840204
4.2mあるので海面まで届くと思う。。。ほんとは5mが欲しかったけど在庫切れだったよ。
ついでに5gスプーンをいくつか購入。これは宮古島用(次いつ行く気なんだ?おれはw)

竿は九州から購入。
http://shop.marukin-net.co.jp/catalog/product_info.php/products_id/5654
なんで九州か?ネットでもあまり売ってるところが見つからず、数少ない中から一番安い
のを選んだら佐賀伊万里でした。

そんなわけで定額給付金以上の無駄遣いをして日本の経済立て直しに一役かって出た?w
景気が悪いときほど無駄遣いしないとね。



竿はもうじき届きそうだけど、タモの方は1週間くらいは掛かるみたい。
まぁこういうものは届くまでが楽しいんですけど、楽しいだけでヒマなので
4/3(金)の夜に釣りに行ってみた。ww


微妙に南風で(向かい風3m/sくらい?)、そんくらいの弱い風でもルアーが軽いので投げても
戻ってくる感じで糸ふけがひどい。
釣りにならないほどじゃないが、投げた後は竿を岸壁の下の方に下げて風の影響を避けて
あげないと風にたわんだ糸ふけで沈むはずのルアーが手前に引かれていく感じになる。

潮回りも小潮で潮の動きが鈍く、風の影響で多少波があるけどちゃぷちゃぷ程度。
これは苦戦しそうです。

アタリなし。いまだボウズ経験はないので続ければいつか釣れるという意味不明の
自信に助けられ、釣り始めて20分経過。
カウント7でようやくアタリ。ほぼ底だけどこの小気味良い引きはメバルに間違いない。

上げてみたら意外にサイズは良い方で21cm。



20cmオーバーの割りには引きがおとなしかった。
活性が低いと引きも弱くなるとかあるんかな?

その後も30分に1匹ペースでほとんどアタリもなく、たまにあるアタリもほとんど「コツっ」って
触るだけのショートバイトで、これにあわせてもスカばかりでフッキングに持ち込めない。

釣れてるときはゆっくりただ巻きのみだけど釣れないと変化を付けたくなる。
トィッチ入れたり、ストップさせたり、早巻きしたり、リフト&フォールしたりといろいろやってみた。
結果が出たのは、ストップと、ストップ後の引き始めくらい。
ストップに反応するということは、ルアーを後ろから見ている(ゆっくり追いかけてる)魚が
止まったときにリアクション的にバイトするってことだと思う。
食い気があればルアーを見つけた段階で食いつく魚が、食べようか、どうしよっかな~と
思いつつルアーの後を追いかけている。

いま書きながら思い起こせば、こういう状態ならば早巻きなどで食いたいけど食えない状態を
作って活性を上げることも出来たのかもしれないな今度試してみようとふと思ったりして、
その場ですぐに発想できるのが天才なんでしょうけど、天才じゃない一般人は地道に
ブログを書きながらアイディアを膨らまして行くんですね。(笑)





最後にミニマムサイズのメバルを釣って23:00には引き上げました。

土曜日も朝から仕事だったのでね。代わりに月曜日が休みなのでどこか遠征してみたい
気もするけど、平日のアクアラインって安くはないのかな?とすると伊豆方面?

夜釣りの場合の新規開拓って、日中に下見しておかないとなかなか厳しいものが
あるから面倒なんですよね。


今回の釣果
久しぶりに外道はなく、メバルのみでした。


スポンサーサイト




ブログ内検索


テーマ : メバリング
ジャンル : 趣味・実用

tag : メバリング メバル タモ 小潮

2009/03/28 (Sat)

ぼっちゃん その2

予告通り、昨晩も行ってきましたよ。
大潮 満潮17:53 干潮23:48ということなので干潮潮止まりまでの勝負。

寒さは朝ほどではないけど、風が東から吹いたり、北から吹いたりして、結構波があり、
途中で雨も降り出し、コンディション的には微妙。
東風になると横浜エリアは基本的に風裏が無いので厳しい。
ジグヘッドを重くしたり試したみたけど、当然沈むスピードが速いので、巻くスピードも
早くしないとバランスが取れない。ボトムバンピングにも反応がない。
波っけがあるときはやはり底じゃない。
東風から北風に変わってきたようで風当たりが弱くなってきたので、ジグヘッドの重さを
いつもの重さに戻す。

波があると、垂直岸壁に当たった波しぶきが3mの高さを超えてくるので、結構濡れてしまう
のですが、これくらいの荒れたときのほうが釣果はあがる。これは自分の釣り方との相性
なのかもしれないですが。

釣りはじめの1時間は全くアタリもなく、こりゃ初のボウズ来たかな?
自虐ネタでブログを書くことを覚悟した。

しか~し、ここでアタリがコココンとキタ━━━(・∀・)━━━!!!!
今日はカウント3だったのですね?






その後も、ぽつぽつとは釣れますが、数mおきに移動しても釣れるポイントは
岸壁ぎりぎりのサラシの中でした。
しかし、岸壁ぎりぎりは釣りづらい。
 
こんな感じ↓になってるので足下直下の段差に根掛かりしちゃう。
巻いてくると段差の部分にコンと当たるんだけど、アタリが出るのは段差の直前もしくは
段差に当たったとき。
段差がなければ真横にキャストして岸壁ぎりぎりをトレースできるんだけどね。


 

(自分の書いたイラストに失笑です。www)

干潮時には段差まで潮が下がります。


最初は真横から風が吹いていたのでラインスラックをなるべく避けるため、斜めに向かって

キャストしていたが、これだと巻いてきて段差に当たる角度も斜めになり、根掛かりしやすい。

斜めだとヒットポイントの段差直前を長い時間引いてこれるメリットもあるけど、デメリットのほうが

大きい。アタリに合わせたら根がかるようなことも何度かあった。


途中から北風に変わったので、真正面に投げることができ、根掛かり激減。

岸壁に当たる波でサラシが出来てるんですが、サラシも多少沖目まで払い出してきた。

しかもヒットポイントも多少沖目に変わってきたみたい。






ぽつぽつとコンスタントに釣れ続け、14~20cmのメバル9匹。

鬼門の大潮でまぁまぁの結果か。

しかし大きいのが釣れない。ここには居ないの?



もうじき潮止まりの23時過ぎ、周りを見てもいつの間にか釣り人の姿もほとんど無く。

そろそろ帰る?って頃に、コンとアタリ?
ん?ちょっとメバルのアタリと違う?乗らないのでそのまま巻き続ける。
もう一度、コンと来たところで、ピッと合わせてみたら、乗った。

お、なんか掛かったと思ったとたんに、ドラグがあり得ない音を立てものすごい勢いで
ラインが出て行く~
ひぇえええええ。ちょ。。。
(とりあえず岸壁以外は根ズレの心配は要らないので沖のほうに走っていることに安堵)

そんなにドラグユルユルだったっけ?と思いつつ、竿を見ると根本から曲がってるし、
なんだかわからないけど、ものすごい魚キタ━━━(・∀・)━━━!!!!

以前にシーバスぼっちゃんがありましたが、今回はトラウトロッドよりは硬いのでなんとか
取れるか?とりあえず魚の正体を見るまでは持ち込みたい。
シーバスの引きとはまるで違う感じ。トルクもあるし速い。なんだ?

ラインの走りがおさまったところで、糸を引っ張りドラグ強度を確認。リーダーが多少根ズレ
していることを考えるともう少し緩めかなとちょっと緩めたら、また走り出した。
夜釣りだと、どれだけ走られて糸が出されているか見えないのが不安であるが、まさか70mも
持って行かないよね?下糸との結束って大丈夫だっけ?とか思いつつ、もう一度ドラグを
締める。その後も寄せては走るを数回繰り返して、ようやく足元近くに来ました。

下をのぞいてみると、銀の魚体、体高のある魚。ん?チヌだ。クロダイだ~
途中からチヌかもしれないと思ってたけど、こっちのチヌってルアー食べるの?
目測45cm(まぁ3m下で波に洗われる魚なのでサイズまではわからないけどね)

前回の外道シーバスもここまでは出来た。が、やはり最後に3mの岸壁を上げられそうもない。
リールを巻いてもドラグが出るだけ。
1mくらいの高さなら、せーので一気に引き抜けると思うけど、リールで巻き上げるしかない?
釣りをやらない人にはわからないと思うけど、水の中では魚の重さは実際の数分の一しか
かからないものが空中に上げたとたんに実際の魚の重さがもろに掛かるので網が必要。
魚にとっても針だけで全体重を持ち上げられるので痛いから暴れるし。

とは言っても他に手はないのでドラグを締め上げて強引に巻き上げてみる。。。。。
半身くらい上がったところで、プチッ・・・・

まぁオチは見えてましたが。
今回はぼっちゃんと音がするまで魚は持ち上がらず、静かなリリースでした。_| ̄|○

ふーむ、やはりリーダーで切れたか?と仕掛けをチェックしてみると、
なんと針が折れてました。

メバル用のジグヘッドの針は掛かりが良く、根掛かり時には伸びてくれる細軸のものを
使っているんですけど、伸びたのではなく、折れてました。
チヌの歯でやられたのかもしれません。

しかしPE+フロロのラインシステムの強さは実証された形なので、ある意味満足です。

ダメ元で抜き上げ失敗はシーバスに続いて2回目。かといってタモ持って歩いてたら、機動性が
悪すぎる。(というか、メバル釣りにはちょっと恥ずかしい) と思っていましたが、
今後はどうするかなぁ~
10回に一回くらいの取り込めない大物の為に毎回タモを持ち歩くべきですかね?

ちなみにヒットルアーは、月下美人ビームシュリンプ+メバル弾丸1.5g。
このビームシュリンプは独特な形状で確かにチヌが好きそうです。メバルにも当然よかった。


今回の釣果
開始直後はアタリも取れず厳しかったですが、その後はぽつぽつと飽きない程度に
釣れ続けました。目標の25cmオーバーはどこにいる~?




ブログ内検索


テーマ : メバリング
ジャンル : 趣味・実用

tag : 大潮 メバリング メバル シーバス チヌ 外道 タモ

プロフィール

skierbasser

Author:skierbasser
神奈川県横浜市
FITに乗ってます。
最近は近所でメバリングばかりです
AQUOS PhoneSH-02Eユーザーになりました

メバリング行ってみる?は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

最新記事
全記事
最新コメント
counter
Calender
カテゴリ
tag cloud
Pictlayer
Google+
つぶやいてみる?
amazonレビュー
ブログでレビューしたアマゾン商品 マウスを合わせるとその商品を紹介してるブログのURLが表示されますよ。