2013/05/12 (Sun)

『Llama - Location Profiles』

GPSを使わないスマホWiFi自動切り替えアプリ『Smart WiFi Toggler』をオススメしてきたわけですが、もっと良い物を見つけちゃったので、いまはもうSmart WiFi Togglerは使ってません。
いや最近Smart WiFi Togglerでのアクセスが結構多くて自分が使ってないのに放置じゃ申し訳ないかなと。

参考エントリーGPSを使わないスマホWiFi自動切り替えアプリ
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-227.html


今使っているのは、こちら。
『Llama - Location Profiles』
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kebab.Llama

シンプルにWiFiを使った場所を自動的に記憶してWiFi機能のON-OFFをすべて任せちゃうならSmart WiFi Togglerも悪くないんですが、おなじ動作原理でWiFi機能のON-OFFできるだけでなく、ロジカルな思考が出来る人ならもっといろいろ出来ちゃいます。
逆に言うといろいろできるので設定が複雑で難しいです。単純にWiFi機能のON-OFFを自動化したいだけならSmart WiFi Togglerのほうが簡単で使いやすいと思います。

イベントドリブンなプログラムしたことがある人ならわかると思いますが、トリガーと処理、つまりどういうきっかけ(イベントトリガー)に対して、どういう処理をさせるかがプログラムできるアプリです。

とりあえず、Smart WiFi Togglerと同様の動き「家ではWiFiを有効にし、家を出たらWiFiを無効にする」が出来るように設定しつつ、説明します。


■場所
トリガー条件に場所という概念があり、場所の特定にはSmart WiFi Togglerと同様にGPSは使わずに携帯基地局情報を使います。(設定でGPSなど他の位置情報を使うことも可能)

20130510 215124


デフォルトで家と職場という場所がありますが、これらの場所情報を条件として使うのなら、それぞれの場所で学習させる必要があります。
例えば家に居るときに、家を長押しして「場所の学習を始める」を選ぶと今からどれくらいそこに居るのかきかれるので適当な時間を指定するとその間の基地局情報を学習してくれます。

携帯基地局情報についてはSmart WiFi Togglerの紹介の時に推測でいろいろ書いてますのでそちらを参照下さい。
Smart WiFi Togglerのもうちょい詳細な話
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-228.html

職場で8セルと表示されているのは職場の敷地内の建物をまたがり長時間学習させたのでその間に携帯につながった基地局が8個あったということです。
また職場でもオフィスと工場で全く別の場所だとしても同じ職場として扱いたいのなら、それぞれの場所で職場として学習させれば、オフィスでも工場でも職場として認識させることが出来ます。
逆に別の場所として処理を変えたいのなら、画面下の+ボタンで新たに工場という名前の場所を登録することも出来ます。

同様に他の場所を学習させ、それを条件にすることも出来ます。


■イベント
20130510 215109


ここにもデフォルトでイベントが設定されています。
「職場では静かに」「夜は静かに」「職場を出た-普通に」などです。
静かとか普通とかは次のモードの項で説明します。

イベント編集画面
20130510 215255


「家ではWiFiを有効にする」を設定してみます。
イベントの画面の下の方にある「+」ボタンを押して新規イベント編集画面を出します。
イベント名とグループをタップし「家WiFi有効」とか後で自分がわかるような名前を付けます。
条件追加ボタンを押して、数ある条件の中から「場所に入る/居る」を選びます。そうするとどこ場所か聞かれるので「家」を選びます。
次に動作追加ボタンを押し、数ある条件が整ったときの動作の中から「WiFi」を選び、さらに「WiFi使用」を選びます。

これで家に居る間はWiFiが有効になりました。

「家を出たらWiFiを無効にする」
今度は家を出たらWiFiを無効にします。
やり方は上の手順と同様です。

一つのイベントで条件や動作は複数設定できます。


■モード
20130510 215137


デフォルトで大声、普通、静粛、黙止の4つのモードがあります。
それぞれ着信音や通知音、音量など細かく指定することが出来ます。なにもいじらなくても良い感じで動作してるので特に設定していません。
特に就寝時の通知音とか便利です。職場では着信音を変えるなんてのもここら辺を設定すれば簡単ですね。
またイベント条件に依らず今は黙止モードにしたい!なんてことも可能なようです。


■近況
20130510 215236


最近の位置情報をどう認識しているか確認できる画面です。
ここで例えば、場所の学習が不十分で家に居るのに家と認識していないならその行を長押しして学習させることも可能です。
この画面はそれ以外いじることがない唯一シンプルな画面です。


ほんとにいろんな事が自動化できます。
例えば最近買ったBluetoothヘッドセットMW600で音楽を聴くときスマホ側の音量を上げておかないと音量バランスが悪いなら、「BluetoothでMW600が接続されたとき音楽/メディアの音量をいくつに設定する」なんてことも出来ちゃいます。



最後にイベント条件と動作でどんなことが指定出来るのか列挙しますね。
■イベント条件
20130426 150951

20130426 151000

20130426 151008

20130426 151015

20130426 151023


■動作
20130426 151034

20130426 151047

20130426 151053

20130426 151106

20130426 151115

20130426 151126

20130426 151137



なんというか、いろいろありすぎて困っちゃいますね。
スポンサーサイト




ブログ内検索


テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : WiFi SH-02E Android スマートフォン アプリ Bluetooth

2013/05/12 (Sun)

デジカメCanon PowerShot S110

【豆】「キャノン」ではなく「キヤノン」だって知ってました?ヤが小さくないんですよ。


Canon デジタルカメラ PowerShot S110(ブラック) 約1210万画素 F2.0 光学5倍ズーム PSS110(BK)
by カエレバ



20130324 204326


20130324 204354


20130324 204607


一緒にSDHCカードも買いました。速いと定評のサンディスク

Sandisk Extreme SDHC 32GB HD Video Class10 45MB/s x300 UHS-1対応並行輸入品 パッケージ品
by カエレバ




20130324 204806


20130324 205124


Sandisk32G_C10_SDSDX-032G-X46.jpg

ベンチマークしても、もうリーダーの速度限界超えてるので正しく計れません。



ハクバ写真産業 液晶保護フィルム キヤノン PS S110 DGF-CPSS110
by カエレバ



20130330 102532


20130330 102600


20130330 102700


20130330 103244

キレイに貼れました。ちょっと青みがかってます。
このサイズの液晶ならフィルム貼るのも簡単です。
スマホ・タブレットではケースとの兼ね合いも有りアンチ保護フィルム派ですが、デジカメはがさつに出し入れするので保護フィルム貼ります。




キヤノンパワーショット S110を買ってしばらくブログエントリーせずに来ましたが、ようやくエントリーする気になってきました。


基本的に高級なデジカメは持ってなくてこれまでは釣りの記録が主目的で防水デジカメばかりでした。

歴代のデジカメ
20130330 104057


20130330 104037



ただスマホをSH-02Eに変えてから、現役デジカメRICOH PXの画像があまりにひどくスマホで撮った方が綺麗に撮れるのでもう少し良いデジカメが欲しくなり、防水縛りを捨ててコンパクトデジカメの主流:沈胴式にしてみようと数ヶ月前にCanon PowerShot S110を買ったんですが、あまり使う機会も無くそのままになってました。

つい最近ほぼ同性能で光学ズームを強化し撮像素子が小さいPowerShot SX280 HSが発売された。
ズームに多少不満な自分にはこっちの方が良かったかも。

デジカメには撮像素子ってのがあって、これのサイズが映像の出来映えに大きく影響する(らしい)。
S110は1/1.7型高感度CMOSセンサーが使われていてこのクラスとしては高級すぎるくらいの大きさ。一方SX280は1/2.3型CMOSなのでクラス相応のサイズ。
画素数なんて意味ないんすよ。画素数が大きくてもその元となるセンサーが小さかったら全くの飾り。エロいひとにはそれがわからんのですよ。(と、ニワカが申しております)

歴代のデジカメのスペックを比較してみた。
20130511 192301



買った頃に手持ちのデジカメ・スマホで撮り比べてみた画像があったので並べてみる。いずれもオート撮影。

天気が悪かったけど屋外撮影
PowerShot S110
20130330yPSS110.jpg


RICOH PX
20130330yPX.jpg


PENTAX OptioWPi
20130330yWPi.jpg


スマホSH-02E
20130330ySH02e.jpg


スマホT-01C
20130330yT01c.jpg


屋内撮影
PowerShot S110
20130330zPSS110.jpg


RICOH PX
20130330zPX.jpg


PENTAX OptioWPi
20130330zWPi.jpg


スマホSH-02E
20130330zSH02e.jpg


スマホT-01C
20130330zT01c.jpg

タブレットXperiaTablet z(これだけ最近撮影)
20130330zXperiaZ.jpg


並べてみるとそれぞれ違いはあるんですが、その違いは好みの問題のような・・・屋外撮影では雲の感じとか、ジッポだと質感や色合いが結構違う。
でも圧倒的にどれが良いと言うほど違いがわからない。特に縮小しているので細部まで見えてこないせいもありますが実用上はこれくらいの画面サイズだと思うんですよね。



という感じでして、オートで撮影してるだけではさほど明確にCanon PowerShot S110買って良かったって印象でも無いんですよ。パッと撮るだけならスマホSH-02Eが一番手軽で良いです。

ただし、シャッター速度とかフォーカスとか露出とかISO感度とか色々いじれるので、そこらへんを駆使するとものすごくいい写真が撮れるのだと思う。
それほど駆使できていませんが。。。
先日月が綺麗だったのでコレで撮影したのですが、月が綺麗に撮れてうれしかった。ズームがもうちょっとあれば完璧なんですが。
光学ズーム+デジタルズームでなんとかこのサイズ。フルズームなのでかなりぶれてるはずです。一応ベランダの手すりにカメラを押し当ててはいますが、手ぶれ補正がかなり高性能なんでしょうね。
IMG_0113.jpg


いろいろいじれる部分は勉強中。
LUMIX(ルミックス) デジタルカメラ講座
http://panasonic.jp/support/dsc/knowhow/
Canonじゃなくてなぜかルミックスのページがとても親切です。

ISO感度とF値、シャッター速度の関係とか、ああなるほど勉強になります。って感じです。
デジカメやスマホのカメラで、スポット測光とかEV値とかなんとなく選んでたけど当然意味はあるわけで、それぞれどんな表現になるのか理論上は理解が進むと思います。





で最近になって、そろそろデジカメ使い倒してみたくなってきたのでデジカメのアクセサリをいろいろ買い込みました。



サンワサプライ 衝撃吸収デジカメソフトケース DG-BG33BK
by カエレバ




20130507 181700

ポケットは予備バッテリー入れるのにちょうど良いです。
20130507 182636

奥行き的にはS110にはかなり余裕があります。縦幅はあまり余裕ありません。
20130507 182712

背面はベルトが通せるようになってて、おもちゃのカラビナが付いてます。
20130507 182743

総評としてはまあまあといったところです。




キヤノン NB-5L 互換バッテリー 2個セット IXY 920 IS, PowerShot S110, S100, SX230 HSほか
by カエレバ



つぎに予備のバッテリー。まだバッテリーが馴染んでないせいもあると思いますが、バッテリーが結構な勢いで消費されます。一日撮りまくったら一個じゃ保たないです。
ただ純正は高いのであくまで予備用ということで安い互換品を買いました。

結構な危険物扱いですが、実際にリチウムイオン電池は機内持ち込みでも制限されるくらい危険なものです。まだ運行停止しているB787のバッテリーもリチウムイオンですからね。
20130507 181926


20130507 182052

プラスチック製の保護キャップは捨てないで普段も付けておいた方が良いです。ショートすると大変危険なのでね。






ケンコー・トキナー JOBY ゴリラポッド マグネティック 086844
by カエレバ



で、最後が真打ち。
デジカメで夜景を撮るには、ISO感度を上げるか、シャッター速度を遅くすることで露出を上げるとどこかで読んだけど、シャッター速度を遅くするということは手持ちじゃダメということで三脚を買ったんですよ。

結構見たことある人も多いかと思いますが、ゴリラポッドというおもちゃの三脚です。
ただの三脚の他、自由自在に木の枝などに括りつけられたりできるものですが、こいつはさらに足の先端部が強力なマグネットになっているので鉄の壁などに横向きに付けることも出来ちゃいます。
三脚としては全然高さはないので近所の構造物の高さを活用する使い方になるのでマグネットのほうが使いやすいかなと思いまして。

20130507 181721


20130507 181727


20130507 183039


そんなに大きなものではありません。
20130507 183146

自重もわずか74g。最大搭載加重は325g。コンパクトデジカメなら余裕です。一眼レフにはちょっと厳しいですね。
20130507 183156


クイックシューってのが付いてます。
20130507 183021


あらかじめ、カメラに台座となるプラスチック板を取り付けておけば、ワンタッチでゴリラポッドと着脱できる仕組みです。
20130507 183400


実際にいろんなところで使ってみましたが、地べたに置くとマグネットに砂鉄がつきます。ウエットティッシュで拭き取るときれいに取れましたけど、ちょっとマイナスポイントですね。





三脚が手に入ったら夜景を撮ってみたいと思っていたので早速、横浜みなとみらいまで行ってみました。
IMG_0249.jpg


こういうのが被写界深度が深いってことなんすかね?なんか綺麗に撮れてうれしいです。
IMG_0252.jpg


最近流行の工場夜景。ただ入り江の対岸から撮ったので距離がありすぎてあまりうまく撮れない。
結構風が強かったのでゴリラポッドが揺れてしまった。
IMG_0257.jpg


さらに足を伸ばして八景島
完全に露出不足なんですが、22:00過ぎは、ほぼ真っ暗なのでこれで良いんです。こういう絵は今までのデジカメじゃあ絶対に撮れなかったものです。
IMG_0293.jpg


夜の雲とかドッククレーンとか、自分的には結構気に入ってる写真です。縮小しちゃうと見えないんですがオリジナルの画像には星もちゃんと写ってる。
IMG_0291.jpg


東の空に一際輝く星があったのでなんだかわからないまま撮ってみて、PCで拡大したのがコレ。UFOじゃないです。
IMG_0272_1.jpg


土星なんですけど、土星に見えます?言われてみると土星に見えてくるでしょ?
コンパクトデジカメでここまで撮れたら満足ですね。


ちなみに土星を探すにはGoogleSkyMap(というか今見えてる星がなんなのかわかる素晴らしいアプリ
スカイマップ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.stardroid

あれ?いつの間にかGoogleの名前が消えてる?ま、いいか。
星座とか星の名前とか知らない人(自分もそうです)には超オススメアプリです。
夜空を見上げるときにこのアプリを思い出して起動してみて下さい。
そして自分の向いてる方向にスマホも向けるとその方向の星と星座がわかるアプリです。とてもシンプルな機能。
夏の大三角(デネブ・アルタイル・ベガ)なんて超余裕で見つけられます。太陽系の惑星や月も表示されます。





こんな感じでCanon PowerShot S110は初心者に優しい感じのデジカメではないのですが、いろいろ設定を変えて撮影してみると実力が発揮できるカメラなのかなあって印象です。



WiFi機能


いろいろ設定を変えて撮影するのは良いんですが、撮影した結果をデジカメ本体で確認しようにも3インチの液晶(46.1万ドット)では精細さに欠けるんですよ。


実際には撮ってみてそれを確認して初めて使いこなすことになるわけですが現場でデジカメの画面じゃあなかなか細かいところまで確認できない。帰宅してPCの大きな画面でみるとようやくわかる。

最近買ったTablet zを持ってくとCanon PowerShot S110のWiFi機能を使って、撮影したその場でTablet zの大きな画面で撮影した画像を見ることも出来るのでとても便利です。

WiFi機能詳しくはキヤノンのサイトで確認して下さい。
http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/s110/feature-wifi.html

ちなみにタブレットは動作保証外だそうです。

PowerShot S110のWiFi機能は主に、撮影してSDカードに保存されている画像ファイルをWiFi経由でやりとりできることです。

自宅のWiFiアクセスポイントを経由してPCやスマホなどで画像を取り込むことが出来るのですが、アクセスポイントなど無い撮影した現場でもPowerShot S110がアクセスポイントとなってスマホなどと接続することが出来ます。

初期設定などが出来ている(マニュアルで調べてください)なら、S110を、撮影した画像を見れる再生ボタンを押してからカーソルボタン?の上方向を押すとWiFiメニューが出てくる。
20130511 204318

ここでスマホアイコンを選ぶと
20130511 204403

すでに設定されてるSGP312:Tablet zが出てくるのでそれを選ぶ
20130511 204416

ここまで出来たら、Tablet zのほうで、WiFiのアクセスポイントとしてS110が出てるのでWiFi接続する。
20130511 183204

ここから先はAndroidアプリ、Canon CameraWindowでの操作となるので、あらかじめインストールしておく。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.canon.ic.camcomapp.cw.ui.activity


20130511 183228


Canon CameraWindowを起動するとこんな画面が出るので「カメラ内の画像を見る」を選ぶ。
20130511 183403

ちっちゃいアイコンから一つ選ぶと
20130511 150622

いちおう大きな画面で見える。ですが、ピンぼけなんですよ。これが。ハッキリ言ってこれじゃあ使い物にならないくらいピンぼけです。ピンチインとかで拡大も出来ない。
※たぶんこういうわけで、タブレットは動作保証外なのかと。

ただ撮影した画像ファイルを保存も出来るんですよ。
さっきの画像がちっちゃいアイコンでいっぱい表示されてる画面でメニューキーを押して「保存」を選ぶと保存する画像を複数選べる。
20130511 183601

ほんで、保存ボタンを押せば、Tablet zに保存される。
あとはTablet z単体の機能でアルバムを起動すれば保存した画像が出てくるのでそれを開けばバッチリ画像を確認できる。もちろんピンぼけでもないです。
20130511 184127

こっちなら当然拡大もできちゃいます。
20130511 184248


保存はせずに、このような事が出来ると、とても便利なのですが。
少々面倒ではありますが一応やりたいことは出来ます。


このAndroidアプリ、Canon CameraWindowはGPSレコーダー機能も付いてます。
GPS付きのスマホでこのアプリを起動して、位置情報のログ開始を選ぶと時刻とGPS位置情報を記録していきます。
平行してデジカメで普通に撮影をしていって、このままでは撮影した画像にはまだ位置情報は付かないのですが、終わった後でスマホとデジカメをWiFi接続して、アプリCanon CameraWindow「カメラ内の画像に位置情報を追加する」ボタンを押すと位置情報が付けられる仕組みです。

欠点はGPSログを取ってるとスマホがホカホカになる=バッテリーをかなり消費する事です。
デジカメ撮影するときだけログを取るようにすれば良いわけですがそれはそれで面倒なので結局あまり使わなそうな感じですね。



ちなみにPCへの取り込みもWiFi機能を使うとSDカードリーダーライター不要です。
それ用にPCソフトウエアをインストールする必要がありますが、デジカメでWiFi接続先にPCを指定するとPC側で自動的に認識して取り込みアプリが起動するのでとても便利ですよ。






ということで、Canon PowerShot S110のエントリーはなかなか書き出せないまま、ブログ用に画像は貯まりまくったため、異常に長いエントリーとなってしまいました。

使いこなすにはまだまだ修行が足りない感じですが、なかなか写真撮影楽しいです。

ブログ内検索


テーマ : インテリア・雑貨
ジャンル : 趣味・実用

tag : PowerShot XperiaTabletZ WiFi amazon Android SH-02E T-01C アプリ

2013/01/14 (Mon)

#SH02E プリインストールアプリ

スマホも2台目になるとあんまり余計なアプリとか入れなくなるし、むしろプリインストールされたアプリをどれだけ削除・無効にできるのかみたいな方向に挑戦したくなるわけです。

スマホ使い始めるとやたらとアプリ入れたがる人が多いようですが、やたらと入れるのはやめた方が良いですよ。
まぁ言われても入れると思いますけど、そのうちわかると思います。
ほとんど入れたのを忘れちゃってるでしょ?www ヘタするとバックグラウンドで動いていたりして電池食ったりするものもあるかも知れないし、入れてるとアップデートがうるさいしね。
もともと入ってるアプリってのは削除出来なかったりするので、同じような機能だったらまずは入ってるものを使いこなしてから考えれば?って話です。


■SHツール
SHツール>読み取り>名刺の読み取り・バーコードリーダーも内蔵

名刺の読み取りやバーコードリーダーは難しくないので特に取り上げませんが、結構使えます。特に名刺読み取りのOCR認識率は大したものです。

そこに一緒に「文字読み取り」ってのがあるんですが、最初使い方が分からなかった。
わからないというか、やっても全くまともに文字認識しない。
アプリ:SHツールを立ち上げて
2013-01-14 171143


読み取りを選ぶ
2013-01-14 171152


文字を読み取るを選ぶとカメラが起動
2013-01-14 172016


読み取りたい部分で「撮影」ボタンを押す

これで撮影できますが、ここで赤丸部分に注目(写真クリックで拡大)
2013-01-14 171427


赤丸はスナップショットに自分で追記したものですが、水色の四角い枠がありますよね?
これに気付かないと、まともに読み取りできません。
水色の枠が文字認識の対象の枠なんです。なぜか文字じゃ無いところを選んでる事が多いんですよ。この状態で「読取」してもただの封筒のシワなのでまともに読み取れるわけないのです。
ここで△▽ボタンを押して水色の枠を移動させ、読み取りたい場所を選んでから「読取」ボタンを押します。
2013-01-14 171444


そうすると、ちゃんと読み取れてます。ビルがピルになってるのは愛嬌(笑)。
2013-01-14 171449


これで決定ボタンを押せば
2013-01-14 171503

これで全コピーでクリップボードにコピーされました。

最初、水色の枠に気がつかずに何度やっても文字化けのような認識しかしなかったので使いもんにならんと思ってました。
まぁ最初から文字っぽいところを選んでくれればいいのと、水色の枠が非常に見づらいので枠線を太くするなり色を変えるなり工夫の余地はありそうですよ>シャープさん。


それとは別にドコモICタグ・バーコードリーダーってのも入ってる。バーコードリーダーとしてはかぶりまくりなわけだけど、NFCが使えるようになるとICタグ読み取りで使えるそうなので、削除はせずに放置してます。



■音楽再生
「Playミュージック」では、Dolby Mobileのサウンド効果を設定できます。
※メディアプレイヤーはDolby Mobile非対応です。
たしかに聞き比べてみると「Playミュージック」のほうがいいような気もする。
その前にMP3の音量がことごとく小さく聞こえる。ボリューム最大くらいでちょうどいいくらい。



SH-02Eプリインストールアプリ
Android4.0標準アプリでは無く、SH-02Eプリインストールアプリ一覧はここに掲載されてます。
http://3sh.jp/?p=22400

Gガイド番組表とか、アプリはインストールされていることになってるけど、ホーム画面のアプリ一覧に出てこない。ワンセグからは使えるんだけど、アプリ一覧に出したいときは、再インストールすると出てきますよ。

「駅探★乗換案内」も同じ状態で、設定>アプリ では入ってることになってるけど、ホーム画面アプリ一覧に出てこない。こっちはウィジェットなら追加出来るけど、いまだにわけがわからないよ。



■ドコモ電話帳
Google連絡先にするとPCで編集可能。
PCブラウザでgmailの画面を出して、左上の「gmail▼」をクリックして、連絡先にする。
そうすればPCで編集でき、PCで編集すればドコモ電話帳のデータも更新される。



■ファイル管理
そういえば、ショートカットの追加で「ファイル管理」ってのがあるんですね。
これはアプリ一覧にも出てこない隠れ機能?
ファイルの移動やコピーならこれだけでできるので、わざわざアストロファイルマネージャーとか入れなくてもできることが判明。これはAndroid4.0標準なのかな?
2013-01-14 185404


自分は3ラインホームのFeel UXを使ってるので
ショートカットの画面のアイコン無い場所を長押しして
2013-01-14 185439

その他を選び
2013-01-14 185500

「ファイル管理」を選べば、ショートカットが出来上がります。

docomo Palette UIだとここらへんの操作がちょっと違って
ホーム画面のアイコン無い場所を長押しして
2013-01-14 191555

ファイル管理を選ぶ感じ。

ショートカットから「ファイル管理」を起動すると
2013-01-14 185404


SDの中身が確認でき、ファイルのコピーや移動ができます。複数ファイルの操作も可能。
2013-01-14 191628


ちなみに取り外しできるSDカードは、external_sd フォルダですよ。



■PCパソコンとのファイル交換
MediaJetメディアジェット:PCとのファイル同期 WiFi接続可能
最初の一回はUSBで接続しないといけません。
一度接続出来たら、あとはWiFiでも接続可能。
/sdcard/SharpSync/に保存される
画像、音楽、動画以外のやりとりは基本的に考えていないようなのでその他のファイルをやりとりするならAndroid Sync Manager WiFiのほうがいい。
MediaJetは使わないので無効にしました。無効にしたアプリは最後にまとめます。

REGZA Phone T-01CワイヤレスWiFiでPCとファイル交換
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-168.html

とつい先日まで思っていましたが、WiFi経由でのPCとのファイル交換なら『AirDroid』のほうが断然素晴らしいです。
パソコン側にソフトウエアを入れる必要が無く、スマホがWebサーバーとなりPCのブラウザでアクセスする形です。
基本的にPC側でスマホのファイルを操作したりするんですがブラウザだけでこんなことまでできちゃうとは驚きました。

ファイル交換だけでなく、クリップボード連携やURLをスマホブラウザで表示させる機能など、なかなかかゆいところに手が届く出来映えです。しかも画面が美しい。さらに無料!

オクトバの紹介記事が良くまとまってるのでそちらを参照してください。

AirDroid : オクトバで火が付いた神アプリ!Wi-Fi経由のスマホ⇔PC連携ツールが待望の日本語化!無料Androidアプリ
http://octoba.net/archives/20120512-android-app-6.html

ま、いずれにしても、自宅にWiFi環境があるなら、USBケーブルでPCを繋いでなんたらなんてのはもう考えられません。このためにWiFiアクセスポイントを買っても損は無いでしょう。

※2013/01/15追記
もしかして!と思ってテザリングを有効にして、スマホとPCをテザリングでWiFi接続してみたところ、テザリング接続でも『AirDroid』が使えることが分かりました。
自宅にWiFi環境が無くても試せますよ。
ポケットWiFiは持っていませんが、ポケットWiFiでも同様に使えるのでは?



■その他もろもろ
遠隔サポート:有料
NOTTV:有料
iコンシェル:有料
しゃべってコンシェル
(しゃべってキャラが有料なのもどうなの?)

災害用キット:エリアメールの設定、災害掲示板へのショートカット
フォトコレクション:5GBまで、DropBoxやGoogle+と似たようなものか。WiFi接続時のみアップロードにしておけばいいか。写真だけ超多重クラウドバックアップ状態。
スケジュール&メモ:無効に出来ない 表示させないようにはした
ICタグ・バーコードリーダー:二次元バーコードはこっちの方が認識率いい
メーカーアプリ:シャープWebサイトへのショートカット
書ノート:画面メモなど
SHツール:名刺リーダーやボイスレコーダー、バーコードリーダー
メッセージ:SMS
トーク:Googleトーク
ブラウザ:Android標準ブラウザ
ダウンロード:サイトからダウンロードしたデータの管理
メッセンジャー:Google+用グループチャット



■フラッシュ
逆にAndroid4.0から使えなくなったのがFlash Player。
「Android4.0用Flash Player」でググれば自己責任で導入できます。実際に入れてますがAndroid標準ブラウザならフラッシュが動くようになりました。Chromeはダメだった。



■アプリのアンインストールと無効化 1/27追加
設定>アプリ>対象のアプリ
で出てくる画面でアンインストールできるアプリは「アンインストール」ボタンが出るのでそれを押すとアプリが削除される。アンインストールしたアプリはGooglePlayから改めてインストールしないと元には戻せない。

アンインストールできないアプリでも無効にできるアプリは「無効にする」で無効にできる。無効とは削除はできないけど一切機能させない設定です。無効にするとホーム画面などからもそのアプリは消えます。
設定>アプリ一覧で下の方に無効にしたアプリが出てくるのでそこから選んで「有効にする」と元に戻ります。
無効・有効はAndroid4.0からの機能です。
自分で無効にしておいて忘れてしまうと入っていることになってるけどアプリ一覧にも出てこずに行方不明状態になるので気をつけましょう。

無効ボタンがグレーアウトして押せないアプリはどうしようもないです。

その他に「Feel UXホーム画面」を使っているなら、左列のアプリ一覧に表示させない設定もできます。
ホーム画面で下にドラッグして「アプリの表示設定」で非表示に設定できます。これは単にアプリ一覧に表示させないだけでアプリ自体は生きています。
ほかのアプリの仲で使われる機能などで無効にはできないけどそれ単体で呼び出す必要の無いアプリなどはこのようにすると良いです。

いずれにしても自分で設定したことを忘れると、入ってるはずのアプリがホーム画面にないといったおかしな事になります。



■無効にしたアプリ

2012-12-29 214659

2012-12-29 214709

2012-12-29 214717

2012-12-29 214722


■アンインストールしたアプリ
docomoWiFi簡単接続
AOSS
iDアプリ
iチャンネル
声の宅配便
遠隔サポート
取扱説明書


■アプリ非表示設定(Feel UXホーム画面設定)
dマーケット
おサイフケータイ
おまかせアルバム
カレンダー
スケジュール
トーク
ドコモバックアップ
トルカ
メッセージ


これらの無効やアンインストールは各自の使う使わない、もしくはドコモとの契約有無などで異なるものですから、あくまでも参考程度にしてください。





レイ・アウト docomo AQUOS PHONE ZETA SH-02E用 フラップタイプ・レザージャケット/ネイビーRT-SH02ELC4/N
by カエレバ




KING JIM タブレット専用タッチパネルクリーナー「iCOLOCOLO」 シロ C1810シロ
by カエレバ




Transcend microSDHCカード 32GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] TS32GUSDHC10E
by カエレバ




NEC Aterm WR8750N[HPモデル] PA-WR8750N-HP
by カエレバ



[Amazon.co.jp限定] PLANEX スマートフォンで簡単設定! 高速300Mbps WiFiマルチポケットルータ FFP-PKR03 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
by カエレバ




PLANEX 急速充電(2ポート合計2000mA)USB ACアダプタ ホワイト PL-WUCHG03-W (iPod/iPad/iPhone5/4s/4/3GS/3G/Xperia/ウォークマン/Xperia/Galaxy/au/docomo/SoftBank)
by カエレバ




ELECOM Micro-USB(A-MicroB)ケーブル 巻き取り式 0.7m ブラック MPA-AMBIRL07BK
by カエレバ




Panasonic USBモバイル電源パック リチウムイオン 5,400mAh 白 QE-QL201-W
by カエレバ





ここのリンクからこの商品でも他の商品でも買ってくれるとうれしいかも。


それではまた。ノシ

ブログ内検索


テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : Android スマートフォン アクオスフォン SH-02E WiFi アプリ

2012/12/23 (Sun)

『Smart WiFi Toggler』のもうちょい詳細な話

Smart WiFi Togglerのもうちょい詳細な話

じゃあ探究心旺盛(マニアック)な人向けに『Smart WiFi Toggler』のもうちょい詳細な話を書いていきます。



まずはGoogle Playのアプリ概要に書いてある内容を訳してみる。

Google Play で「Smart WiFi Toggler」をチェック!
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sebouh00.smartwifitoggler




概要

Smart WiFi Togglerは、お使いの携帯電話の位置情報(GPSではなく携帯基地局)を基にしてWiFiを制御するために設計されたアプリケーションです。
その目的は、バッテリーを節約し、WiFi接続できないときにWiFiをオフにし既知のホットスポットに来たときにはオンにすることでデータ通信料を最小限にすることです。あなたが接続したホットスポットを常に学習します。
あなたがホットスポットを離れるときにうっかり無線LANをオフにし忘れたり、ホットスポットに戻ったときに自動的に無線LANに切り換えたい場合、非常に便利なアプリケーションです。

Smart WiFi Togglerの提供しているクールな機能:
-自動的にWiFiホットスポットの場所を学習
-WiFiネットワークから切断されると、無線LANをオフにします
-既知のホットスポットの近くでは自動的に無線LANをオンにします
-携帯のロケーション情報を使用します。GPSを使用しないのでバッテリを消費しません
-各ホットスポットのための "自動接続"動作を制御する機能を提供します。
-禁止状態にWiFiをロックする機能
-ホットスポットがダウンしているときの警告の通知とWiFi自動ロック
-履歴とロギング、中で何が起こっているかの観点を加えて

アプリには豊富なヘルプセクションがありますので、不明点があれば確認してください。一般的な問題のトラブルシューティングに関するヒントもあります。

楽しみながらこのアプリを製作しました。あなたもSmart WiFi Togglerを使用してお楽しみください!

注1:このアプリは、"モバイルネットワークの場所"のアクセスを必要とします。(GPSではなくモバイルネットワークの位置情報)
注2:永続モードでは、通知アイコンが表示されます。このアイコンが不要の場合、設定の"persistent mode"を無効にしてください。

権限:
- ACCESS_COARSE_LOCATION:ネットワークの場所を特定する
- ACCESS_WIFI_STATE:WiFiの状態を確認する
- ACCESS_NETWORK_STATE:ネットワークの状態を確認する
- WRITE_EXTERNAL_STORAGE:ログに記録するため
- CHANGE_WIFI_STATE:無線LANを切り替える
- WAKE_LOCK:スケジュールモードでデバイスをウェイクアップする
- RECEIVE_BOOT_COMPLETED:スタートアップで実行する
- LISTEN_SIGNAL_STRENGTHS:セルの信号強度を決定するために
- INTERNET:広告を受信する。はい、このアプリは広告をしています!
- CHANGE_NETWORK_STATE:データ接続を切り替える





「携帯電話の位置情報」
この携帯電話の位置情報ってなんだ?って話なんですが、GPSは使わず携帯のアンテナ基地局の情報を使っているそうです。
このアプリは常に動いていて記憶したホットスポットの場所だと判断したらWiFiを有効にするわけですが、まあGPSの位置情報を使えば正確な場所情報を得られるけどそうなると常にGPSを生かしておく必要が出てくる。
そもそもWiFiの自動切り替えは常にWiFiを生かしておくと電池を食うので切り換えようとしてるのに、このためにそれ以上に電池を食うGPSを生かしちゃ意味が無い。
一方で携帯のアンテナ基地局の情報はスマホの基本的機能として常に把握されているものなんです。
そこらへんの目の付け所がとても良いなと。


携帯電話の通信ネットワークは、携帯と基地局を電波(3GやLTE)で繋いでるわけですがAndroidの中では、以下の基地局情報を把握しているそうです。
(:以降は適当なこと書いてます)

Operator:通信事業者コード>docomoとかAuとか
LAC:ロケーション>多分、日本とかの国の識別じゃないかと。
CID:基地局ID>基地局の識別
Signal:電波強度とその最大/最小

しかも、複数の基地局情報について認識できています。

2012-12-22 195022

これは自宅での携帯電波の状況をSmart WiFi Togglerの詳細画面で確認したところですが、『# of cells:6』ってことは6つの基地局の信号を認識していることを示します。
当然、近くの基地局や遠くの基地局もあるのでそれぞれの信号強度が異なります。

この組み合わせ情報で、今居る場所を特定しようというわけです。
電波の強さは建物の中や基地局と携帯の間の障害物の有無などの影響を受けるので、地図上でどこにいるかという観点だとこの情報を活用するのは難しいということになります。
でもWiFiホットスポットを特定する目的だと、ホットスポットは建物の中だしむしろそのほうが良かったりするわけです。
なんて書けば良いのか、WiFiホットスポットを記憶させようとするいまいまの見えている基地局とそれぞれの信号強度の組み合わせ情報は結構ユニークな情報なんじゃないか

ただ、地下とかで携帯が圏外になってしまうとダメかも知れません。こういう状況で試したことが無いのでハッキリとは言えませんけど。

ここでキモとなるのが、学習させたいWiFiホットスポットでの認識できる基地局の数です。基地局数が少ないとアバウトにしか場所が特定できません。
自宅は幸いなことに6つも認識できているのでかなり正確に動作してくれるようです。


ドコモさんどんどん基地局増やして下さい。
ちなみに基地局増えたとき、自動的に学習してくれるのか?接続の詳細ログを見ると自動でWiFi接続される度に最新の基地局情報を保存してくれているようです。うまく学習してくれないようなら、一度"Forget Network"でクリアして再度学習させれば間違いないでしょう。


携帯電話の位置情報を理解できると、Smart WiFi Togglerの設定項目の意味がわかるようになります。
設定については何もいじらずにデフォルトのままで基本的に全く問題ありません。チューニングしたいなと思ったときにここに書いてあるようなことを理解しておくと助けになるでしょう。


設定画面はメイン画面の右下の歯車アイコン。下の写真の⑥です。
2012-12-23 132230


じゃあ、設定項目を順に見ていきましょうか。
2012-12-22 135534


"WiFi disconnection"
WiFi接続が切れたときにWiFiを無効にするまでの時間。

"Trial timeout"
学習したホットスポットに来たときにWiFiを有効にしている時間。この時間を過ぎて接続出来ない場合はWiFiを無効にします。

"User manual intervention"
手動でWiFiを有効にしたとき(つまり学習していないホットスポットで新たに学習させる操作時)にWiFiが有効になっている時間。手動でWiFi接続するので、それなりに長めに設定しておいた方が良いです。

"Minimum check interval"
スマホをスリープ解除したとき、このアプリがWiFi接続チェックを開始するまでの遅延時間

"Periodic WiFi check"
スリープ時に定期的にWiFi接続をチェックするかどうか。スリープ時にもWiFi接続を維持するかどうかなんですが、機種によって動作が異なるらしいのでちょっとややこしいです。FAQの7.8.あたりを良く読んでください。SH-02Eの場合は特になにも設定せずWiFiは繋がったままのようです。
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-226.html#7

"Triggers"
曜日毎に決まった時間にWiFiをロック/アンロックにしたりデータ通信を有効/無効にしたりスケジュール出来るみたいです。使ってないのでよくわかりません。

下にまだ設定項目があります。
2012-12-22 151020

"Start on boot"
スマホが起動したときにこのアプリも自動的に起動させるかどうか。

"Run in persistent mode"
通知バーにアイコンを表示させるかどうか。

"Enable auto-connect as def・・・"
新しいホットスポットを学習するかどうかの設定のようです。

"Cell signal strength influence"
セルの電波強度のチューニング。FAQ参照
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-226.html#6
最初は"Weak"弱か"Average"あたりで。ホットスポットに入っていないのにWiFi接続するようなら"Strong"強にしてみる感じです。

"WiFi state change notification"
このアプリで自動的にWiFi有効/無効処理が行われた時に画面上に表示させるかどうか。

下にまだ設定項目があります。
2012-12-22 151032

ロック関係はFAQ 5.を読むと良いです。
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-226.html#5

"Enable manual WiFi lock"
手動でWiFiを無効にしたときに、このアプリによるWiFi自動接続を止めるかどうか。

"Connectivity attempt warning"
自動接続でWiFi接続を何回試行するか。

"Automatic WiFi lock"
FAQ 5.を見てください。

"History retention period"
ログを残す日数。

"Enable extended logging"
拡張ログを残すかどうか。残す設定の場合/mnt/sdcard/SmartWiFiTogglerフォルダに保存されます。

最後の設定項目。
2012-12-22 151043

"Backup WiFi data"
学習したホットスポット情報をSDカードに保存します。ファイル名を指定してください。
実行すると/mnt/sdcard/SmartWiFiTogglerフォルダに保存されます。

"Restore WiFi data"
上で保存したホットスポット情報をリストアします。ファイル選択画面が出ますが/mnt/sdcardから選ぶ形になっているのでSmartWiFiTogglerフォルダの中の保存したファイル(拡張子swt)を指定します。

"About"
このアプリについて。バージョンの確認など

"Changelog"
このアプリの更新履歴

設定画面は以上です。







"Advanced"画面
あ、あと"Advanced"画面ってのがあります。
メイン画面出している時にAndroidのメニューキーを押す。Android4.0なら画面一番下ホームボタン右の【三】マークですね。

2012-12-22 195013

ここで"Advanced"を選ぶ
2012-12-22 195022
さっき上でも紹介したこの画面が表示されます。
log->となっているあたりで左にスワイプするとこのアプリがなにかしら動作した後しばらくは詳細のログが表示されます。

と、まあこんな感じです。





関連エントリー

GPSを使わないスマホWiFi自動切り替えアプリ
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-227.html

Smart WiFi Toggler FAQ日本語版
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-226.html

ドコモWi-Fiの設定情報わかりにくすぎだろ
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-225.html




レイ・アウト docomo AQUOS PHONE ZETA SH-02E用 フラップタイプ・レザージャケット/ネイビーRT-SH02ELC4/N
by カエレバ




KING JIM タブレット専用タッチパネルクリーナー「iCOLOCOLO」 シロ C1810シロ
by カエレバ




Transcend microSDHCカード 32GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] TS32GUSDHC10E
by カエレバ




NEC Aterm WR8750N[HPモデル] PA-WR8750N-HP
by カエレバ



[Amazon.co.jp限定] PLANEX スマートフォンで簡単設定! 高速300Mbps WiFiマルチポケットルータ FFP-PKR03 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
by カエレバ




PLANEX 急速充電(2ポート合計2000mA)USB ACアダプタ ホワイト PL-WUCHG03-W (iPod/iPad/iPhone5/4s/4/3GS/3G/Xperia/ウォークマン/Xperia/Galaxy/au/docomo/SoftBank)
by カエレバ




ELECOM Micro-USB(A-MicroB)ケーブル 巻き取り式 0.7m ブラック MPA-AMBIRL07BK
by カエレバ




Panasonic USBモバイル電源パック リチウムイオン 5,400mAh 白 QE-QL201-W
by カエレバ





ここのリンクからこの商品でも他の商品でも買ってくれるとうれしいかも。


それではまた。ノシ


ブログ内検索


テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : WiFi SH-02E T-01C スマートフォン アプリ

2012/12/23 (Sun)

GPSを使わないスマホWiFi自動切り替えアプリ『Smart WiFi Toggler』

GPSを使わないWiFi自動切り替えアプリ『Smart WiFi Toggler』を見つけたので紹介しますよ。



スマホの節電の原則
WiFiオフ
・通信方式でGSMを外す
・GPSオフ
・同期対象を絞る
・画面の明るさと消灯タイマー
・操作時のバイブとか無駄
(タスクキラーとか理解せずに入れない!そもそも必要ないよ)

世間的に多分こんなことだと思いますが、冒頭のWiFiオフってのは、WiFi接続出来ないところでもWiFiを有効にしているのは電池の無駄ですよってこと。

WiFi使えるところでは、LTE通信量制限の心配がないし、サクサクだし、積極的に使った方がいいですよね。
アプリの更新のダウンロード時間とか結構差が出るので、アプリ更新はWiFiでやるようにしています。

自分の場合、自宅にWiFiルーターおいているので、帰宅したらWiFi繋いでます。


[Amazon.co.jp限定] PLANEX スマートフォンで簡単設定! 高速300Mbps WiFiマルチポケットルータ FFP-PKR03 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
by カエレバ



ただ、帰宅してもWiFiに切り替え忘れてたり、逆に家を出たのにWiFi有効にしたままだったり、WiFi切り替えが結構面倒だったりします。



そんな中で、なかなか良い感じのWiFi自動切り替えアプリを見つけたので紹介しますよ。

環境を記憶して自動でWi-Fi設定のオン/オフを切り替える『Smart WiFi Toggler』ライフハッカー[日本版]
http://www.lifehacker.jp/2012/12/121208wifi.html

このライフハッカーの記事で見つけたんですが、場所で判断して自動でWiFiを切り換えてくれるってことらしい。しかも自動的に学習していくので手間要らず。

Google Play で「Smart WiFi Toggler」をチェック!
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sebouh00.smartwifitoggler

英語なんですけど、基本的になにもいじらずに動いちゃうので大丈夫です。

PCからアプリ入れる方法はこちらを参考に。
Android機種変更時のアプリの引っ越し
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-217.html

スマホからなら、Google Playで「Smart WiFi Toggler」を検索してインストール
2012-12-22 134515


2012-12-22 134534


インストール後、アプリを起動するとこういう画面が出ます。
以下、基本設定をしていきますが、あとで変更出来るのであまり気にしなくて問題無い。

2012-12-22 134614
読める人は読んで、読めない人は右から左にスワイプすると進みます。

2012-12-22 134653
WiFi接続が切れた後、WiFi無効にするまでの時間です。デフォルトの30秒のままで問題なし。右から左にスワイプすると進みます。

2012-12-22 134741
以前記憶したホットスポットの場所だと思われるときにWiFi接続をトライアルする時間です。これもいじる必要なし。下にも設定があるので下にスクロール。

2012-12-22 134748
新たにホットスポットを接続する際に何秒間WiFiを有効にさせておくかです。ここはまごつくと60秒じゃあ足りないかも知れません。右から左にスワイプすると進みます。

2012-12-22 134814
上:スマホ起動時にこのアプリも起動させるかどうか。Yes
下:通知バーにアイコンを表示させるかどうか。Yes
右から左にスワイプすると進みます。

2012-12-22 134831
最後に注意書き。ふいんきで訳してみるか。
設定が終わったぜ。設定は後から変えられっからな。あー、それから、ホットスポット毎の設定は"Networks"メニュー(メイン画面下のWiFiアイコン)で出来るよ。"Auto-connect enabled"は自動切り替え有効。"Auto-connect disabled"はWiFiに切り替えない。

2012-12-22 134908
"Unknown"はまだ場所を把握してない。そこのホットスポットをタップすると出てくる"Forget Network"を選ぶと学習したホットスポットを消去するよ。
それからスリープポリシーとかあるけど詳しくは後でな。
「Finish」でインストール完了だよ。

2012-12-22 134918
バージョン履歴は出す必要ないと思うけど。「Close」押す。

2012-12-22 134939
メイン画面の説明してるんだけど、これも必要ないと思う。「Close」押す。

2012-12-22 135119
ようやくメイン画面出てきました。「Start」ボタンを押しましょう。
基本的にこのアプリは常に起動させておきます。



で、実際にWiFi接続出来る場所に来たら、Androidの普通の操作でWiFiを有効にしてやりWiFi接続するだけです。するとこのアプリがいまの場所の情報を”自動的に”学習するわけです。

それでその場所を離れる際、普通ならWiFiを無効にしますよね。この操作は不要です。いやWiFi無効操作不要じゃなくてWiFi無効の手動操作をしちゃダメです。WiFiの電波が届かなくなったらWiFi接続切れますよね?そうすると自動的にこのアプリがWiFiを無効にしてくれますので手動でWiFi無効にはしないでほっとく。

メイン画面を呼び出し方(設定の"persistent mode"を有効にしている場合)
画面上部のAndroid通知バーを下にスワイプしていつもの画面を呼び出す

2012-12-23 132215
通知/実行中にある「Smart WiFi Toggler」をタップ

2012-12-23 132230
(画像クリックで拡大)
①:Stopこのアプリの機能を止める<->Start開始する
②:アプリの動作履歴が表示されます。ちなみに履歴の下の方青い線のちょい上の辺りを上にスワイプすると今のWiFi接続時間が確認できます。
③:ロック。下で画面と説明アリ
④:履歴表示の更新
⑤:学習したホットスポット一覧。下で画面と説明アリ
⑥:設定

2012-12-23 132348
③:ロック自動切り替えをロックしWiFiを無効にします。
ロック状態だと通知バーの表示もこの鍵マークになります。ロック解除するには赤い文字「WiFi locked.Click to unlock」をタップ


2012-12-23 132430
⑤:学習したホットスポット一覧
ap-pc-xxxxxが自宅のアクセスポイントです。(6 cells)はその場所で見えてる携帯基地局の数で、この数字が多いほど場所特定の精度が高いことを示します。1~2だとかなりアバウトだと思います。

このホットスポットをタップすると、ホットスポット毎の操作ができます。

2012-12-23 132446
Forget Network:学習したホットスポットを消去。せっかく学習したものを消去しちゃいますので操作注意!(このホットスポットを無効にするならなら↓オプションがオススメ)
Disable Auto-connect:このホットスポットでは自動接続しない

⑥:設定 については動作原理を理解しないと設定も出来ないので次回のエントリーで解説します。


探究心旺盛(あまのじゃく)な自分には、まだまだ情報足りないよ?
場所の情報をつかむのにGPS使ったらむしろ電池消費しちゃうんじゃね。ってことで興味が湧いてまいりました。
このアプリはGPSは使っていません。どうやって場所を特定するんでしょうね。

続きは次回に。


Google Play で「Smart WiFi Toggler」をチェック!
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sebouh00.smartwifitoggler






関連エントリー

『Smart WiFi Toggler』のもうちょい詳細な話
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-228.html

Smart WiFi Toggler FAQ日本語版
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-226.html

ドコモWi-Fiの設定情報わかりにくすぎだろ
http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-225.html


レイ・アウト docomo AQUOS PHONE ZETA SH-02E用 フラップタイプ・レザージャケット/ネイビーRT-SH02ELC4/N
by カエレバ




KING JIM タブレット専用タッチパネルクリーナー「iCOLOCOLO」 シロ C1810シロ
by カエレバ




Transcend microSDHCカード 32GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] TS32GUSDHC10E
by カエレバ




NEC Aterm WR8750N[HPモデル] PA-WR8750N-HP
by カエレバ



[Amazon.co.jp限定] PLANEX スマートフォンで簡単設定! 高速300Mbps WiFiマルチポケットルータ FFP-PKR03 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
by カエレバ




PLANEX 急速充電(2ポート合計2000mA)USB ACアダプタ ホワイト PL-WUCHG03-W (iPod/iPad/iPhone5/4s/4/3GS/3G/Xperia/ウォークマン/Xperia/Galaxy/au/docomo/SoftBank)
by カエレバ




ELECOM Micro-USB(A-MicroB)ケーブル 巻き取り式 0.7m ブラック MPA-AMBIRL07BK
by カエレバ




Panasonic USBモバイル電源パック リチウムイオン 5,400mAh 白 QE-QL201-W
by カエレバ





ここのリンクからこの商品でも他の商品でも買ってくれるとうれしいかも。


それではまた。ノシ


ブログ内検索


テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : WiFi SH-02E T-01C スマートフォン アプリ

プロフィール

skierbasser

Author:skierbasser
神奈川県横浜市
FITに乗ってます。
最近は近所でメバリングばかりです
AQUOS PhoneSH-02Eユーザーになりました

メバリング行ってみる?は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

最新記事
全記事
最新コメント
counter
Calender
カテゴリ
tag cloud
Pictlayer
Google+
つぶやいてみる?
amazonレビュー
ブログでレビューしたアマゾン商品 マウスを合わせるとその商品を紹介してるブログのURLが表示されますよ。