2013/01/13 (Sun)

年始の宮古島で釣りしてきた

年始の宮古島に遊びに行ってきた話です。
あまり面白いことも無く、天気も悪く、釣果も悪く、書くネタも寒いんですが写真を上げてきます。


2013-01-03 060132

今回は羽田-宮古直行便です。
直行便は乗り換えが無い上、出発が早く、戻りが遅いということでむだ時間なく遊べるんですが、羽田まで車で行かないと大変なのがデメリット。早朝便じゃ無くても釣具込みの荷物をもって電車に乗るのはかなり大変なんですけどね。

基本的に宮古島に遊びに行くのはマイルの消化が主目的だったりしまして、まずはマイルチケットの入手が大前提です。長期休暇に掛かる日程はチケット入手がさらに困難になりますんで、受付開始の出発日2ヶ月前に予約を取らないとまず入手出来ません。(出発日直前の1週間くらい前に敗者復活のチャンスはありますが、宿泊とかほかの予約もあるので)
普通に購入する席は空いててもマイルチケットでは予約出来ないのですよ。

今回の正月は12/31,1/1が仕事だったので、1/2から1/8まで宮古島にいく予定でマイルチケットを予約。
宿泊やレンタカーの予約も問題無く。残りは羽田駐車場の予約なんですが、あれは1ヶ月前から予約開始なんです。

で、駐車場の予約開始日に1/2からの予約をしようとしたら満車。。。
そりゃそーだ。みんな年末から羽田出発だからねぇ。
しょうが無いので外部の駐車場業者で予約。

入庫予定: 2013/01/02
出庫予定: 2013/01/08
駐車場名: サンパーキング羽田浮島店
駐車料金: 12,100円(1台)
シーズン料金: 3,000円(1台)
------------------------------------
利用料金: 15,100円

一万五千円だと!?しかもどっかの空き地に車を回されるので帰ったときは砂まみれだったりするんだよねぇ。。。

年末になってから、そういえばJALのステータス持ってると羽田空港の駐車場の優先予約ができるんだっけ。と思い出してJALホームページのステータス画面から羽田駐車場の予約画面を出してみると、1/3から余裕で空車じゃないか!
あれ?って思ってステータス画面からじゃなく普通に羽田駐車場の予約画面を出してみると真っ赤っかに満車でした。
JALステータスはラウンジが使えるだけじゃ無かった。
ちなみに羽田P2駐車場で1/3~8で予約代込みで8000円でした。

ほんじゃってことで、宿とレンタカーに謝って1/3~1/8に旅程変更。マイルチケットも変更出来た。マイルチケットは直前だと意外と取れるのです。


で、冒頭の写真に戻って出発は、1/3 6:55羽田発
JGCカウンターチェックイン。手荷物は20kg越えてるけどステータスがあるから大丈夫。ついでに手荷物優先札をつけてくれるので手荷物返してくれる巨大回転寿司みたいなやつで早めに出してくれます。
早朝から羽田ラウンジで飛行機を撮ってみたら、まだ外が暗くて自画撮りみたくなってたわー。


行きは3時間ちょい掛かります。偏西風の影響で帰りは30分くらい早い。
ほぼ満席。正月休みに東京に来て帰るうちなーんちゅ:沖縄の人が多いんでしょう。

南西諸島に差し掛かった辺りから雲が広がって海が全然見えず寝てたら着きました。晴れてると奄美大島あたりから与論島、沖縄本島など上空からきれいな珊瑚礁がみえるんですけどね。

空港では、いつもお世話になってるサーウエストレンタカーのくらげさんが待っててくれてPLEO君を借りました。
ピカピカの車ではありませんが走ればオッケーな感じで宮古島で安くレンタカー借りたいならおすすめです。保険付きでとっても安いです。

ちなみに小雨で気温17℃。北西の風7mくらい。風が無ければ暖かいんですけどね。

雨も降っているので、そのまま宿に直行。
いつものゲストハウスゆくい宮古島北端池間島に近い狩俣集落にある宿です。
いつも年末に来る常連さんがちょうど帰ったあとでした。やっぱり1/2から来れば良かったね。

まだ11時前なのにあわてて部屋掃除してくれてありがとうございます。
前後の宿泊予約にも依りますけどチェックイン時刻もチェックアウト時刻も朝食時刻も適当です。
ゆくいにきたら、なんもしないでゆっくりするのがいいのです。


飛行機乗る前にかるくパンを食べただけなので、近所のすむばり食堂に行ってみたら正月三が日なのに営業してた。
2013-01-03 132021
チャンプルーそば おいしかったです。


その後、近所の海でかるく釣りをしてみましたが、反応無し。

2013-01-03 145822
狩俣購買組合あらため狩俣マッチャーズでオリオンビールを買って、宿に戻りました。
購買組合ってのは宮古島の各集落にあるコンビニみたいな商店です。宮古島にもコンビニはありますが購買店のほうが風情があっていいですよ。
生鮮食料品や沖縄の惣菜やサーターアンダーギーなどもあって、おすすめです。
ちなみに沖縄ではCoco!というコンビニがいっぱいあります。九州ではポプラ、北海道ではセイコーマートががんばってますね。

で、晩飯はすしと中身汁:沖縄の郷土料理、豚の内臓の吸物なんですがかつおだしが効いてて臭みもなくおいしい。

でいつものように、千代泉:狩俣集落で作られる泡盛で宿の常連さんや地元の人たちで飲んだくれ。



翌朝9時過ぎに目覚めて、
2013-01-04 103826

はい。酒が抜けるまで運転しません。
宮古島では朝に飲酒検問あるそうですよ。


おそい朝食をとって酒も抜けたところで近所の海に出てみた。
2013-01-04 113650
ちょっと青空ものぞいていますが、相変わらず北東の風10m。風裏に来ても風が巻いてて釣りづらい。


宮古島で釣れないときはトゥリバーで小物釣り。ほかで反応が無くてもここならなんとかなる。

2013-01-04 140137

しかし今年初の釣りものがこいつじゃショボ過ぎないか。。。



沖縄でソルトルアーでなんか釣りたいなら3g~5g程度のスプーンを持っていくと良いですよ。
いろんな魚がルアーにアタックしてきます。
珊瑚で根がかるリスクが高いのでシングルフックにして表層ファストリトリーブが基本。

【Rodio craft ロデオクラフト】ルアー(エリアフィッシング)ノアNOA BOSS 3.5g(a) スプーン【レビューを書いてメール便送料無料】キャンペーン期間ポイント10倍【RCP】
by カエレバ




その後、そのほかの釣り場もうろつくが追加も無く、晩飯。

2013-01-04 190920

生ビールは500円。しかし泡盛はいくら呑んでもタダ!
ということでまた泡盛呑みまくり。



翌日1/5
天気は相変わらず、曇り時々小雨。北東の強風。
池間島に渡ってみた。池間島には橋で繋がってるので手軽に渡れます。
しばらくエギングアオリイカを狙うも反応無く、またもスプーンに逃げてみると、オジサンktkr。

2013-01-05 110440
ひげが付いてるからオジサン。(たぶん)

ルアーはAPOスプーン3g。沖縄の釣具屋ならだいたい置いてると思います。


2013-01-05 121933
時折日差しも出るんですけどね。

2013-01-05 131347
すむばり食堂でそば。おまけのモズクがうまいよ。


2013-01-05 130435
池間大橋のたもとから。雲がふっとんでます。



2013-01-05 190608
きょうもウロウロするだけで終了。で、泡盛ですね。わかります(笑)。



ちょっと青空でてきたので西平安名崎の展望台から池間島の風景
2013-01-06 125145
爆風です。

反対方向みると雲だらけ。
2013-01-06 125134


あれ?この日はボウズだったのか。
晩飯はステーキカレー
2013-01-06 190815

今晩は客も一人で早く寝ようかと思いつつ、宿の若大将と話しながら呑んでたら、地元のおじさん登場。
すでに出来上がってるんですが、いきなりおじさんとさしでおとーりが始まりました。

おとーりについてはwikipedia参照。
さしでおとーりはヤバイでしょと思いつつ一回回したら、おじさん寝てしまいました(笑)。

おじさん起こして帰らせて、就寝。



1/7。今日は島の東側を回ってみます。

2013-01-07 114006

ちょうど、この時期はサトウキビの収穫時期。各地で刈り取っています。写真がなぜかピンぼけなので雰囲気だけ。

比嘉ロードパークからの珊瑚礁の眺め
2013-01-07 114839

2013-01-07 114855

2013-01-07 115107
今回のレンタカーもプレオ

北東の爆風なので東側ではやはり釣りにならず、それじゃあ南西の来間島方面へ。

2013-01-07 122812
来間島も宮古島と橋で繋がってます。これは来間島から宮古島方面を撮ったもの


2013-01-07 123829
これは宮古島から来間島方面

ここで右に向くと前浜ビーチ
2013-01-07 123608
晴れると鮮やかなエメラルドグリーンなんですけどねー。小雨です。



2013-01-07 130632
今日は平良の国仲食堂で野菜そば。間違いないうまさ。


2013-01-07 131105
国仲食堂は天ぷらも美味しいです。天ぷらと言うよりフリッター。ふわふわして最高です。


2013-01-07 131117
純と愛も来てたようです。

そういえば、宮古空港にも純と愛のパネルコーナーがあって、宮古島観光協会もがんばっているようですね。


結局狩俣に戻って釣りをしてみます。
2013-01-07 151901
まったくこんなのしか釣れない(笑)。

2013-01-07 144943
小雨だけど、ちょっと青空でてきた?

2013-01-07 153732
虹出るかと待ってたら、出ましたよ。




2013-01-07 190528
今日は七草粥
ほかの宿のお客さんは、海岸の漂着物調査の仕事の人たち
沖縄の海の漂着物はすごいんですよ。多くは中国からだと思いますが、ペットボトルや漁具のブイなどが大量に打ち上げられてます。
それを地元のバイトの人たちと回収してるんです。

そんな話をしながら今日も泡盛でー(笑)。



1/8そんなわけで最終日。相変わらずの天気でございます。
2013-01-08 121230


2013-01-08 140007
カレーそば


2013-01-08 135853
ちなみに沖縄の食堂にはかならず島とうがらしがあります。島唐辛子を泡盛に漬け込んだもの。自分はあまり好きじゃないですけどね。

島とうがらし 150g
by カエレバ



2013-01-08 124056
また、お前か。ナイスサイズで良い引きでした。


2013-01-08 131230
メッキも来た。グゥグゥ鳴きます。

スプーンをロストしたので、ワームで。
小物釣りならメバリングタックルでちょうどいいです。
ただ磯場でちょっと大きいの掛かって走られて岩に掛かったらラインブレイク確実なので、そこらへん強引なやりとりが必要な時もあります。




夕方に宿に戻りシャワー借りて荷造りして出発準備。


晩飯もそば定食。
2013-01-08 175127

あれ?外食すべて、そばじゃねーか。どんだけそば好きなんだよ(笑)。


空港の駐車場にレンタカー置いて、サーウエストレンタカーに駐車場所を連絡して返却完了。

空港で時間つぶしにスマホいじったりしてましたが、WiFiがなかった。
WiFi使えない空港初めてだわ。

宮古-羽田便は20:10発、22:35着。あれ?去年は19:45発だったのに30分近く遅い。
帰りの便はガラ空きでした。

荷物受け取って空港出たのはすでに23:00。これはやはり車じゃないと家に帰り着くのはかなり大変だ。
車だと30分ほどで帰れるのでなんとかその日のうちに帰宅。
翌日は朝から仕事でしたが、宮古島でのダレた生活が全く抜けきらず、一日リハビリで終了したのは秘密です。


ゲストハウスゆくいはネット予約とはそういうのとは無縁な宿ですが、楽天トラベルで予約するならここらへんですかねー。

リゾートホテルならここ


平良港直結の便利さなら


市街地なら


スポンサーサイト




ブログ内検索


テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

tag : 宮古島 羽田 遠征 沖縄そば 泡盛 エギング 狩俣 アオリイカ マイル JAL

2011/01/05 (Wed)

宮古島から帰ってきましたよ。

前回1/1までの分をアップしてるので、その続きです。

翌朝9時頃起床。シャワーを浴びてから食堂に降りると、カップ麺が鎮座してました。

DSC_0061.jpg

最高です。

まだ酒が残ってて全く空腹感もないので、(*゜-゜)ぼぉー・・っとテレビを見てると女将が降りてきて朝食におにぎりなどを作ってくれました。
せっかくなのでカップ麺も頂きました(笑)。

今日は真剣に釣りに行くぞ。ってことで、風裏になる島南端の方まで(宿は北端のほうなので)わざわざ遠出してみました。激安レンタカーでカーナビ無しなのでたどり着けるか不安だったんですが、もう完璧に道を覚えてた自分に驚いた(笑)。

わざわざ一番遠い方まで行ったのにエギでもスプーンでもプラグでもアタリ無し。エギを持った地元の釣り師と少々話しましたがここ最近冷え込んでからイカの姿が全く見えなくなったとぼやいてました。
確かにイカに限らず海の生き物すべての活性が低いようです。
聞いた話では、池間島のグラスボートの船頭さんいわく、元旦の宮古島の海には魚がひっくり返ってたらしいです。ものすごく寒いと魚がひっくり返り、手ですくえるという話、以前聞いたときは宮古の人は冗談も言うのかと思ってたのに、どうやら本当の話だったらしい???


結局昼頃から半日粘るも丸ボウズでした。


DSC_0066.jpg
晩飯後、以前爆釣したキントキングに救いを求め夜の海に出撃。

IMGP3030.jpg

IMGP3031.jpg
あんなのやこんなのが釣れましたが、本命キントキは不在。
風も強くて寒くてつらいだけなので早々に宿に引き上げ飲むしかありません。

1/2の晩はおっさんばかりの客3人と宿の若大将の4人で朝の4時まで飲んでた。まさかおっさんばかりで明け方まで飲むとは思いもしませんでしたが、気がついたら4時だったので、意外と楽しかったようです(笑)。
何を話していたかは当然記憶にありませんw。


DSC_0067.jpg
翌朝はまともな朝食を頂き、懲りもせずに釣りに。
今回は遠出せずに近場で勝負を掛けます。

IMGP3032.jpg

こんなサーフでスプーンを投げたら、ダツがヒット!
しかし写真を撮る前にオートリリース。ダツに触らなくて済んだのは不幸中の幸いです。

昼飯は地元のすむばり食堂で食べようかと思いましたが、三が日は休み?

DSC_0086.jpg

のれんが出てないけど車は駐まってるので覗いてみると営業してました。

IMGP3035.jpg

たこ飯。たこ丼だったっけ?メニューは両方あるんですが、どっちかは卵とじになってますが、今回は卵無しのほうです。
つゆだくでうまいです。おまけに付いてくる味噌汁とニンニクの効いたもずくもうまいです。

すむばり食堂は、宮古島に来たら必ず池間島に行くと思いますが、そのときに是非立ち寄ることをオススメします。池間大橋手前の狩俣集落の池間寄りの端っこです。

市街地の平良方面からですと店構えが逆向きですからこの看板が目印
DSC_0087.jpg
そういや、紳助プロデュースの民宿「夢来人(むらびと)」従業員?レギュラーのサインも飾ってあった。


その後釣り再開するもまったく釣れないので、REGZA Phone T-01Cのカメラ機能パノラマ撮影とかで遊んでみる。

DSC_0071.jpg
最初、どう撮影するのかわからなかったんですが、パノラマ撮影モードにして一度シャッターを押し、カメラを横にパンしていくと緑の枠が見えてくるけど、シャッターはいじらずそのままパンし続けると勝手に繋ぎ部分でシャッターが自動的に押されていく仕組みになってます。
まぁおもしろいんだけど、撮ったものをどう使うのか、いまいちイメージが湧かない(笑)。
ちなみに一度パノラマ撮影をすると撮影サイズがWVGAとかいう変なワイドサイズに変わってしまうので、撮影サイズの再設定が必要です。



池間島に渡り、堤防を歩きつつイカを探すが、まったく姿も見えず、釣れもしない。

DSC_0075.jpg
海の色も晴れたときとは全く違う、絵にならない写真しか撮れません。


DSC_0088.jpg
ちなみに今回の愛車はプレオ君。こんな写真しか撮るものがない。
。。。_| ̄|○


一旦宿に戻りふて寝した後、夕まずめ狙いということでまた5時頃から竿を出してみる。

今回はそのまま終わりかな、と思いつつヒマなので釣りをしたいが北風10m/sくらいで釣りのできる場所がほとんど無い。墨跡のある場所で試しに横風に向けてキャストしてみたけど、真横にすっ飛んで行きました。風でラインが流され3.5号エギが完璧に真横まで流される。これはいくら何でも無理です。

漁港に行っても普段はやらない港内のディープにエギを放り込んでみた。ちょうど風下になるし、この水温低下はディープじゃないか?という読み?(笑)

かるく放っただけで港内中央あたりまで風に乗り飛んでいき、しかも立ち位置は2段堤防の高い方が良い風よけになりあまりラインが風に煽られない。着底がきっちりわかる。14カウントくらいだから5mくらい?

ちょうど大潮の満潮に向けて上げ7分。着底後しゃくってフォール、しゃくってフォール、しゃくって?ずーんと来ました。というか久々のアオリイカの乗りは根掛かりかと思った(笑)。

かるくジェット噴射はあるもののさほど生体反応を返さぬまま、抜き上げ。


DSC_0089.jpg

胴長20cmくらいでした。やっとイカスミ汁が食えるってことでキープ。


ようやく待望のイカが釣れたのでしばらく続けてみる。

すると?


DSC_0090.jpg
なまこ?ですかね?



さらに続けるとフォール中に、コンッとアタリがわかったが、触っただけ。再び2しゃくり位すると今度は乗ったーっ!けど、軽っ!!

DSC_0091.jpg


胴長10cm程度のミニアオリちゃん。すぐにリリース。


ちなみにこの間、横殴りの風&小雨でした。根性の釣りですね。

その後小雨は止みましたけど、夕方でこれなら、日暮れになったらもっとすごいんじゃないの?ってことで日暮れまで粘りました。というか沖縄の日暮れ遅すぎです。ちゃんと暗くなるのは6時半です。
完璧に暗くなってからさらに30分続けましたが、まったくあたりなく終了。

宮古島の漁港の多くは集落から離れた場所にあり(多分、台風とかで海っぺりには人が住まないためだと思う)暗くなるとまじで真っ暗になります。ほかに釣り人もなく、いま落水してもそのままだなぁとか思うと恐ろしくなります。

DSC_0092.jpg
とりあえず、晩飯。


今晩の宿はファミリー客一組と自分だけなので、今夜のゆんたくは恐ろしいことになりそうだと思ったら、いつも一緒に飲んでる女将の友人が遊びに来るということで一安心。リゾートホテルで働いているので年末年始は遊びに来るヒマがなかったらしい。

ファミリー客はその前の晩から宿泊していたが、夜飲むこともなくすぐに部屋に帰ったので会話する機会もほとんど無かったのですが、実はパパの方が釣りしにきたたそうで、晩ご飯から釣り場の紹介とかで会話が成立したので一安心。
その後、地元の人たちも集まりだして、いつも通りの飲み風景が展開。だれだれのエイサーがかっこよくて今の嫁さんが付いてきたとか、何度も来てるから見えてくるネタで結構おもしろかった。

ちなみに、女将とその友人も今晩のゆんたくには参加してましたが、二人とも正月は飲んでなかったので、はしゃぎすぎ。あっという間に酔いつぶれて別室へ。あれだけ飲んで踊れば、当然です(笑)。


そして、最終日。目が覚めたら9時半。そのまま食堂に降りると昨晩持ち帰ったイカを女将がさばいてた。イカスミ汁とイカ丼のイカ三昧の朝食でした。


DSC_0095.jpg

DSC_0093.jpg
ちなみにイカ丼のほうは綺麗に盛りつけられていたのですが、ついがっついてしまい(笑)、後から写真撮ったので、食い散らかっちゃってます。



その後シャワーを浴びて、荷造りしてたらあっという間に時間になり、慌ただしく出発。最後の最後で多少日差しもでましたが、今回はまったくほとんど天気には恵まれず、寒く小雨交じりの天気ばかりでした。この時期はこんなもんですが、5日間ずっとこんな天気も珍しい。

最終日にちらりと見えた青空
DSC_0098.jpg

帰りの便も那覇乗り継ぎ。2時間空いてるので、ラウンジでビールを少々。サファイアステータス良いなぁ。

DSC_0101.jpg
オリオンビール!(というかアサヒとかキリンの選択肢がありません)


那覇-羽田便も満席かと思いきや、意外と空いてて中央の3列シートがまるまる空いてるとか、自分は窓寄りの通路側だったんだけど窓のない窓側の席:そういう席があるんです(笑)も空席だったので、ゆったり帰ってこれました。
酔って寝てただけなので大差ないんですけどね。行きは3時間掛かったけど帰りは2時間弱だし。

そういや、羽田空港のP2駐車場は予約金含めて4泊5日で7000円でした。これなら外部の業者に預けるのとほとんど変わらないです。今後の宮古島行きの時も使っちゃいます。



楽天トラベル株式会社
いつもありがとうございます。


以下のアイコンから人気ブログランキングがチェックできますよ。
にほんブログ村 釣りブログ メバリング GyoNetBlog ランキング 人気ブログランキング

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview




< 今回の成績 >

5キャッチ
アオリイカ×2
エビス×1
イシモチ×1
なまこ?×1

< 今年の成績 >

アオリイカ×2
沖縄の魚たち×3

合計 5匹

合計匹数/釣行回数 2.50


ブログ内検索


テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

tag : 宮古島 遠征 エギング アオリイカ キントキ

2010/10/30 (Sat)

またアオリイカの燻製を作ってみた

IMGP2894.jpg




台風接近中です。
いまのところ、ちょっと風が強い雨の日という感じであまり大したことありません。
このまま通り過ぎてもらいたいものです。
うねりは数日多少残るかも。

さすがに今日は釣りに行くのは止めて、アオリイカ燻製2回目のチャレンジについて書こうかな。

前回のブログはこちらです。「アオリイカの燻製を作ってみた」


前回の燻製は、ちょっと乾きすぎて固くなったので、今回はソフトイカ燻を目指します。

前回の固くなった反省点と対策のポイント
・丸一日風乾すると乾きすぎる。でも干して会社に行ってる間に手出しは出来ない。そういうときはオイルを塗ると乾燥の進み方を遅らせることが出来ます。
・温薫だと燻煙中に乾燥が進むので、それを見越した乾き具合で燻煙に入る。
燻煙温度も上げすぎず燻煙時間も短めにする。

前回も燻製のやり方をブログに書いてるので、今回は前回あまり書いていなかった部分を補足する内容で書きます。



まずは材料のアオリイカを仕入れる。ここが一番難しいwそれはいつも書いてるので省略。。。





次に釣ってきたイカを捌く。アオリイカの捌き方はGoogle先生に聞いてみると画像付きでいろいろ教えてくれます。

胴に指を突っ込んでワタと胴を外すパターンと胴に包丁を入れて開いてからワタを取るパターンがありますが、包丁を入れてしまう方が簡単だと思います。
包丁を入れるのは骨のある方です。逆だと墨袋直撃の恐れアリ!うまく骨の手前まで包丁が入るようにして下さい。

ちなみに、特に刺身で頂く時の注意事項は捌き始めたら水で洗わないこと。味がかなり落ちちゃうらしいです。

胴を開いたら、骨を抜き、ゲソ・ワタ部分と胴が繋がってるところを指で外します。胴が開いてるので簡単。

胴の部分にある二つほにゃっとしたもの(イカのエラ)を指で取り除きます。

ゲソ・ワタ部分は、目の下に包丁を入れて、ゲソ部分とワタを切り離します。
ワタをよく見ると何を食べているかわかるかも知れません。食べた魚のエラがよく残ってます。エラのサイズからベイトの大きさが推測できますね。
ゲソのカラストンビ部分も美味しいですが、この周辺はヌルヌルしてるので下拵えとしてここは水洗いしちゃいます。

ここからは包丁使わず手だけです。
胴とエンペラは指でグッでギューとやると外れます。なんだか全然わからないですね。(笑)ま、やればわかるかと。
エンペラは左右の繋ぎ部分を切らないでおくと干すときに楽。
後は皮をはがすだけ。指で簡単に剥がれるはずです。胴の内側にも薄皮があります。こっちはあまり綺麗に剥がせませんが、適当に剥がします。

これで捌くのは完了。

キッチンペーパーに並べて軽く水気を取っておきます。私は新聞紙使っちゃいますけど、衛生面で気をつけるならキッチンペーパーが良いでしょう。




次に塩漬けの準備。
秤があれば、捌いた材料の重量を量って下さい。その重さの5%の塩で塩漬けします。
今回は1200gあるので、ボールに塩60gを量ります。
秤がなければ目分量でやるしかありませんが、後の塩抜き工程で味見すれば大丈夫。

今回は宮古島特産の雪塩を使っちゃいます。豪華だ。
雪塩は粉みたいな塩で天ぷらなどに付けるには良いけど、普通の塩代わりには目分量で使うのが難しい。
ミネラルが豊富で美味しい塩です。





かなり余談ですが、宮古島に行ったらおみやげは雪塩ちんすこうがオススメです。ちんすこうは食べた人多いと思いますが、塩が効いててあれほど甘ったるい重い感じがなく、美味しいですよ。






さて、話を戻して、塩の入ったボールに他の調味料を入れていきます。
・ザラメ糖
・鷹の爪
・乾燥バジル
・乾燥タイム
・セロリの葉っぱ部分を刻んだもの


IMGP2871.jpg





塩以外の調味料は目分量。乾燥ハーブ系は結構香りがきついんで少なめ。もしくはイカの場合臭みはほとんどないので無くても構いません。私の場合はもともと燻製やってたので乾燥ハーブが余ってるので使ってるだけです。
ザラメ糖は入れた方が美味しくなると思います。

豆知識:ザラメは、燻煙時にスモークウッドの上にパラパラ蒔いておくと燻製の仕上がりの茶色が濃く出すことにも使えます。スモークウッドの皿に焦げたザラメが残り片付けが面倒な私はやりませんけどね。



調味料をボールの中で軽く混ぜ合わせたら、水気をとったアオリイカを投入してかき混ぜます。

IMGP2874.jpg





適当にネタと調味料が混ざったら、ビニール袋に入れて空気を出した状態で輪ゴムで止めます。

IMGP2875.jpg


この時点ですでに結構水気が出てきてると思います。すでに塩による浸透圧で脱水効果が始まってるってことです。


この状態で一晩冷蔵庫に安置。



翌朝出勤前に、ちょっと揉んで、上下ひっくり返して、冷蔵庫に安置。



丸一日経過。

IMGP2880.jpg


これで塩漬けは終了です。



ボールにあけてみると、だいぶ水気が出てますね。

IMGP2882.jpg



次は塩抜きですが、イカは身が薄いので長時間水に漬けておく必要はないです。

イカの身に香辛料が付いているのを水洗いします。

水洗い中に水を垂れ流しておくと塩抜きが加速します。
逆にさっと流したあとは貯めた水のみに漬けておくとさほど塩抜きが進みません。
ここは感ですが、心配なら味見しつつ塩抜きして下さい。ここでの味見はこの先の工程での乾燥具合を加味して少し塩味足りない程度にします。

塩気が決まったら、再びキッチンペーパーで水気を取り除きます。




今回はソフトイカ燻なので、ここでオイル投入。
オリーブオイルやサラダオイルなど何でも良いですが食べられるオイルを準備します。
やったこと無いけどごま油とかもおもしろいかも?

ボールに、水気を取ったイカを入れて、オイルを少々入れて全体にまぶします。
イカの表面全体に薄くオイルの層が出来る程度で、出来るだけ少なめです。
オイルをまぶしてるとカラストンビの歯がスルッと取れるので、歯はこの段階で取っちゃいましょう。


次に吊すために紐を付けます。
胴部分は上の方に包丁で穴を空けて、そこに紐を通して結びます。
ゲソはカラストンビの脇あたりに包丁を軽く入れて薄膜を破りそこに紐を通して結びます。
ゲソ・エンペラ部分は乾燥が進みやすいので、エンペラもその紐にぶら下げちゃいます。


IMGP2886.jpg


これで風乾の準備が完了です。




風乾専用のブルーハンガーに吊します。


IMGP2889.jpg

吊した後、イカから水分が出てきて下に垂れる恐れがありますから、新聞紙などを敷いて床が汚れないように気をつけて下さい。


丸一日干します。
今回はオイルを使ったこともあり、狙い通り乾いた感じはあまりないです。


あとはクライマックスの燻煙ですが、前回のブログ「アオリイカの燻製を作ってみた」でモクモクの様子は書いてるので委細省略。

お腹壊すことになりかねないので温度管理だけはしっかりやって下さい。


ああ、そうそう。スモークウッドってのはコレです。


アウトドア系のお店で手に入ると思います。
桜のチップがあまりにも有名ですが、高級なのはヒッコリー。ほかにもリンゴやナラなどの種類があります。
今回は以前から買い置いてたナラを使いました。
燻製の香り・強さ・色づきなどに違いがあります。といっても大差ないのでお好きなモノを選べば良いかと。







4時間ほどの燻煙でできあがりです。
燻煙後しばらく(1時間くらい)はブルーハンガーに戻し、風にさらして、余分な燻臭さを飛ばします。


IMGP2892.jpg


今回は食べやすいように、紐を外してハサミでカットしてタッパーに入れてみました。
冷蔵庫に保管してください。10日~2週間くらいは持つかと思いますが、今回はソフトイカ燻ということで乾燥少なめなのでもう少しアシが早いかもしれません。
やばそうなら炙って食べると良いでしょう。


で、味の方ですが、前回の半分スルメのような固さはなく、柔らかく仕上がりましたよ。

しばらくはスモークチーズとともに燻製三昧で酒が楽しめます。




以下のアイコンから人気ブログランキングがチェックできますよ。
にほんブログ村 釣りブログ メバリング GyoNetBlog ランキング 人気ブログランキング
いつもありがとうございます。

ブログ内検索


テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

tag : エギング ブルーハンガー アオリイカ 燻製

2010/10/25 (Mon)

一ヶ月ぶりのアオリイカ爆釣ですよ

IMGP2853.jpg


昨日のブログで宣言したとおり、日曜の晩にエギングリベンジに行ってきました。

大潮の金・土曜日の晩の混み方がハンパじゃないので、釣りに行くのを我慢してたので、結構な雨降りの上、寒かったんですけど、なにか予感めいたものを胸に秘めて。
ま、だいたい釣りに行くときは釣れる予感めいたものをいつも胸に秘めているとも言えます。(笑)

10/24 大潮23:42干潮 北東3m/s
普段より晩飯が遅くなり20時過ぎに海に到着。結構な勢いで雨が降ってるので、カッパ+長靴の完全装備。
周囲に釣り人は二人だけ。ほぼ貸し切り状態。
さすがに雨の日曜の晩に釣りするバカは少ないらしいです。(笑)
風はほぼ無く、海面も凪。雨さえ気にしなければこれは釣りやすそうです。

いつものようにメバリングタックルに2.2号エギのライトエギングです。
メバリングタックルを問い合わせる方もいたので、一応紹介しておきます。

ロッド:メジャークラフト Zaltz(ザルツ) ZAT-T762M
チューブラータイプ。これはオススメ!




リール:シマノ(SHIMANO) 07 ソアレ 1000PGS
ローギア54.0cm/ハンドル1回転。デッドスローに巻くメバリングには最適。
エギングでは素早く糸ふけを取りたいのでローギアは少々不向きではありますが、ま使えますよ。




ライン:ダイワ(Daiwa) 月下美人ライン月ノ響(遠投) 0.3号
ダイワのHPでみると#0.15、#0.2=2010.09 DEBUTと書かれてますからさらに細いPEが出たみたい。
150m巻き


75m巻きのほうが手軽で良いかも。



リーダー:ダイワ 月下美人リーダー 30m
月ノ響 0.3号にベストマッチ。信頼できるリーダーです。




エギ:ヤマリア(YAMARIA) ナオリー レンジハンター 2.2S
やはりスローなフォールのほうが食いつきが良いので最後にSがつくシャロータイプがオススメ





わたくし的には文句の付け所がない最強の組み合わせです。
特にメジャクラ Zaltzはコスパ最高です。
エギ以外はそのままメバリングの一軍選手です。




雨の中、一投目のフォール直後から違和感ありまくりなんですが、なかなか乗らない。
絶対にアオリは居るみたいです。

数投したところ、やっと乗りました。

IMGP2848.jpg


微妙なサイズ。リリース。

まだまだ居そうなのであわててキャスト。

かなり手前までしゃくってきたところで当たったのですかさず合わせるが、ん?乗らない?

いや軽いけど乗ってました。多分「ひいか」っていうイカだと思います。
これで成長した大人らしい。

IMGP2849.jpg



即リリース。まだまだ居るはず。



IMGP2850.jpg


ワンキャストワンキャッチまでいかないまでも数投に一回は釣れる感じ。
金アジエギが良い仕事をしてくれます。てか夜だと蛍光以外何色でも変わらないという話もあります。



試しに赤エビカラーに変更してみる。



IMGP2852.jpg


ほら、何色でも釣れる。

とはいうものの、徐々にエギにスレる感じがするので、数匹釣る毎に場所を移動する。
この頃にはいつの間にか二人ほどいた釣り人の姿も無く、完全貸し切り状態。
パラダイスなのに貸し切りって、なんてラッキー。

雨様様です。


IMGP2856.jpg


ここら辺からデジカメのレンズも雨まみれでどれもぼかしが入ったみたいな写真です。
防水デジカメなので濡れても平気なんですが、レンズの雨粒は拭いておかないとダメですね。




またエギのカラーチェンジしてみる。
ちょっとアタリが遠のいたら、ちょっと場所を変えるかエギを変えるかすると、またアタリが出る。

ん?さっき自分で夜にエギカラー関係ないとか言ってたような?

夜でも色が関係するのか、もしくはエギを変える時間ポイントを休めることができるからか、どっちかだと思います。

IMGP2863.jpg


サイズが小さい奴ほど、アタリが明確で乗り方もいい(食いつきっぷりが良い)ってのは、魚もイカも同じなんでしょうか。
乗った後の引きも小さい方が小気味よく引く。さすがにずっしり感というか底力みたいなものは大きい方がありますけど。



IMGP2865.jpg

コレ、エギの抱き方がハンパじゃないですね。コレならバレる心配は無い。

大きい奴だと触手2本だけ掛かってるのが多いような気がします。
やはり小さい奴のほうが警戒心がないってことかと。



干潮潮止まりに近づくとちょっとアタリが遠のき、そろそろ潮時かなと思いつつ、せっかくの貸し切りなのでもう少し場所をスライドして粘ってみると、久々の違和感を感じ合わせたら、ご~んと来ました。
今までにない手応え。ZALTZが満月状にしなってます。

ドラグを締め直して上がってきたのは、


IMGP2866.jpg


今シーズン最大かも。タモなしのメバリングタックルではコレくらいが限度っぽい。


その後、数匹追加して潮止まり前に撤収しました。



いやぁ、久しぶりにようけ釣れました。




以下のアイコンから人気ブログランキングがチェックできますよ。
にほんブログ村 釣りブログ メバリング GyoNetBlog ランキング 人気ブログランキング
いつもありがとうございます。




< 今回の成績 >
20キャッチ
アオリイカ×18
ひいか×2

< 今年の成績 >

メバル×205
カサゴ ×53
アイナメ×4
ムラソイ×4
アオリイカ×50
沖縄の魚たち×33
シーバス×1
ネンブツダイ×12
イナダ×1
アカハタ×1
アカササノハベラ×2
タチウオ×1
スモールマウスバス×10
北海道の魚たち×8
ひいか×3
イイダコ?×1

合計 389匹

合計匹数/釣行回数 5.72


ブログ内検索


テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

tag : エギング 横浜 大潮 アオリイカ

2010/10/24 (Sun)

挨拶は大事ですね。

今日は天気が悪くて肌寒いですね。






大潮の週末、釣りに行きたいところですが、実は金曜日の晩に行ってきました。

10/22(金)大潮22:41干潮 北東5m/s
ちょっと風が気になるけど、とりあえずいつもの場所に行ってみた。
やけに路駐している車が多いな。

やな予感を抱えつつ海に出てみると、
電気ウキ祭り開催中
10m間隔もない感じで電気ウキが並んでる。

うーむむ?と唸りつつちょっと間隔の空いてるところに歩こうとしたら、その空きにもちょっと下がって仕掛けをいじってただけの人が岸壁に戻るとこでした。
歩きかけでこけそうになりつつ、一度も竿を振ることなく、大潮の週末はダメだな。。。
その場をあとにするが、せっかく海まで出たのでどこかで竿を振ろうと近所で新規開拓してみる。


以前にメバリングで行ったことがあるとこに移動してみた。
ちょうど、バイクと車で帰りかけの釣り人2名とすれ違うが、海には誰もいない。
なんだ空いてるとこは空いてるじゃん。

ただ、ここにアオリイカが居るのかどうか、わからない。

やってみればわかること?

いるかどうか疑心暗鬼で釣り続けるのはかなりの精神力が要求されるよね。
新規開拓ってそういうことだし、こういうトライアルからマイポイントが産まれるのだ。

まぁちょっとしゃくってダメだったら帰ることにします。

ここの海底の雰囲気は以前にメバリングで底を取ってるのでなんとなくわかる。
沖の方はかなり水深があるが、手前5m位から固い岩盤のかけあがりになってる。手前の根掛かりだけ気をつければ大丈夫。

なんだかんだでアタリもない中、1時間以上しゃくり続ける。
途中、3人組の釣り師が下見に来たのか、海面にライトを照らしつつうろうろしてる。
おいおい人が釣ってるとこに来て挨拶もなく海面にライト照らすかよ
と思いつつ我慢。しばらくしたら立ち去りました。
もう少し周りに配慮しようよ。とか思うのは俺だけですかね。


フォール中になんか違和感を感じて合わせてみるが、気のせいだったか。。。

エギを確認してみると、

IMGP2847.jpg


あう、ゲソがぁ~


隊長!アオリイカ居ました!

疑心暗鬼から、確信に変化し、しゃくりに力が入ります。


また、釣り人登場。
今度はちゃんと挨拶されてきたので、こちらも挨拶。
気持ちいいですね。こうありたいものです。


それはさておき、アオリイカの反応は続かず、撤収。
イカが居たことだけで良しとしましょう。

今晩リベンジだ!


以下のアイコンから人気ブログランキングがチェックできますよ。
にほんブログ村 釣りブログ メバリング GyoNetBlog ランキング 人気ブログランキング
いつもありがとうございます。


< 今回の成績 >
0キャッチ
さすがにゲソのみじゃカウントできないね(笑)

< 今年の成績 >

メバル×205
カサゴ ×53
アイナメ×4
ムラソイ×4
アオリイカ×32
沖縄の魚たち×33
シーバス×1
ネンブツダイ×12
イナダ×1
アカハタ×1
アカササノハベラ×2
タチウオ×1
スモールマウスバス×10
北海道の魚たち×8
謎のイカ×1
イイダコ?×1

合計 369匹

合計匹数/釣行回数 5.51



ちょっとブログのテンプレートいじってみました。
つぶやくボタンとかブログ内検索とかTwitterの検索ウィジェットとか。
Twitterの検索ウィジェットの件は別にアップします。

ブログ内検索


テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

tag : エギング 横浜 大潮 アオリイカ 新規開拓

プロフィール

skierbasser

Author:skierbasser
神奈川県横浜市
FITに乗ってます。
最近は近所でメバリングばかりです
AQUOS PhoneSH-02Eユーザーになりました

メバリング行ってみる?は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

最新記事
全記事
最新コメント
counter
Calender
カテゴリ
tag cloud
Pictlayer
Google+
つぶやいてみる?
amazonレビュー
ブログでレビューしたアマゾン商品 マウスを合わせるとその商品を紹介してるブログのURLが表示されますよ。